トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『静音電化製品で“ヨルカジ”』

         TEXT by 1999/5/13配信「トレキャ!」(VOL.5)
  長引く不況の中でも、個人消費の盛り上げに貢献しているのが、買い替え期に   当たっている家電製品。そこに期待をかけた大手メーカーが、付加価値で差別   化を目指した製品を昨年から次々とラインナップ、夏のボーナス需要に向け、   市場はさらに活発化しそうな気配。   その新製品のキーワードが「静音」。これは、女性の生活形態の変化が生んだ   機能といっていい。昼間働いている有職主婦はもちろん、今どきの専業主婦は   真っ昼間から大忙し。カルチャースクール、ショッピング、友人とのランチ、   観劇、カラオケ等々…。こんな何かと忙しい主婦の間で、今、増えているのが、   「ヨルカジ」。つまり「夜家事」をするライフスタイル。   ここを狙って登場したのが「低騒音」家電製品で、従来の製品に比べて使用時   の音が断然静かで、これならご近所に気がねなく深夜の家事にもいそしめると   いうわけだ。                    ▽   家事による騒音の2大元凶といえば、やはり掃除と洗濯なわけで。   例えばナショナルでは、「業界最高レベルの吸引力」にもかかわらず、「業界   最小の運転音」を実現、なおかつ軽くて扱いやすい「マジ軽キャニスター・う   るさカット」を発売。運転時でも、オフィス並みの静けさだという。洗濯機で   は「インバーター」制御搭載のものが続々登場。   ところでCMでよく耳にする、この「インバーター」って一体何さ?要はモー   ターの回転数を変化させ、効率よく運転制御する技術。つまり、ギア(歯車)   がかみ合う音やうなり音をなくしてくれる技術のこと。騒音の問題だけでなく、   振動の低減、洗浄力の向上、省エネルギーにも貢献するすぐれものなのだ。   静音技術で「大河内記念技術賞」を受けたという東芝の製品名は、ズバリ「う   るさくしま洗 からみま洗」(まんまやないけ!)。   このように、生活形態の変化に応じた新製品の開発競争は、今後もますますヒー   トアップしていきそうだ。   (※ちなみにもうひとつのボーナス商戦の目玉は薄型TV・掛けるTVヨ)