トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『バスト・フリー』 

   ※これは2004年5月19日に速報レポとして掲載したものです。    17日(月)から本日19日(水)までの3日間、東京ビッグサイトでは    日本最大のビューティーイベント「ビューティーワールドジャパン」    を開催中です。→   http://www.mesago-messefrankfurt.com/    つまり本日が最終日なので、水曜はメルマガ配信日ではないのですが、    急遽、臨時配信することにいたしました。    私自身はスタッフと初日に出かけてきたのですが、その日、    来場者と思しき若い女性二人組が、とあるヌーブラ系の商材ブースで、    (ヌーブラもどきが実にたくさん出展されていました)    肌に密着する側の粘着素材に触れながら、    「やっぱこれって体に悪そうだよね」    とつぶやいていたのを聞き逃しませんでした(笑)。    (私はああいう場所に行くと、商品そのものよりも、商品を見ている人々の    反応の方が気になって、つい聞き耳を立ててしまうクセが…苦笑)。    その女性のつぶやきを実感するかのごとく、私自身、ヌーブラが“蒸れる・    重い・かぶれる”の3重苦で肌に合わなかったこともあり(個人差があると    思いますので快適にご使用されている方ももちろんおられると思います)、    それでも「あれはとても体によい!」と思って、使用されている人は、    やはり少ないのではないでしょうか。    3重苦のうち「重い」部分が改善された新商品「ヌーブラ・エアーライト」    も出展されていましたが、肌に密着する部分の粘着素材は一緒なので、    私のような敏感肌にとっては、相変わらずツラそうな感じがしました。    とにかく最近は、美しいボディラインを作るために    むりやりお肉を寄せてあげて“矯正”したり、    “肌見せ”など流行ファッションを楽しむためなら多少の肉体への負担には    目をつぶりましょう…といった商品が多いような気がします。    そんな中、そうしたトレンドとはまったく違う切り口、    つまり、肉体への負担軽減を最優先に考えたブラが日本に初上陸しました。    もし乳がん発生を抑える効果があるかもしれないブラがあったら?    もし肌にベタベタしない“ヌーブラ型”ブラがあったら?    実はその商品について、トレキャ!では3月度のWeeklyデータ版で    ポスト・ヌーブラ的注目アイテムとして一足早くご紹介をしていました。   ----------------------------------------------------------------   ○『バスト・フリー』   ↑オーストラリア生まれの服に貼りつく新型ブラ:トレキャW版2004-03-29号    オーストラリア製の新型ブラ「バスト・フリー」はパット型の新素材を使用。    大ヒットした「ヌーブラ」の長所「肩ひもがなく、肩や背中を露出した服、    タイトなTシャツ類をきれいに着こなせる」に、肌側ではなく服の側に貼り    つくことによる快適さが加わった。しかも重力に逆らい、バストを持ち上げ、    より美しく見せる効果があり様々な動きにもずれないとか。サイズは70Aか    ら85Dまでに対応可能なS、M、L。   ----------------------------------------------------------------   この時点では、まだ日本に商品は入ってきていなかったので、   海外での人気商品として海外スタッフからレポされたものだったのですが、   日本でもついに先月、名古屋の(株)ダナセオリー社が、このバスト・フリー社   と日本での独占輸入、販売権を締結。   今回のビジネスショーに商品を出展すると聞き、取材に出かけたわけです。   そこで改めて、女性のバストの健康を第一に考えたものであることを知りました。   興味を持たれた方はぜひ、本日、ビッグサイトに足を運んでみてはどうでしょう。   肩紐もなく、肌に粘着素材で貼りつけるわけでもないのに、   キレイに胸に“とまっている”不思議感覚!   これは実際に見てみないことには想像できないと思いますよ(笑)。   まるでマジック!でも天然素材!   そのあたりの“感動体験”を伝えるには、やはり映像が最適だと思います。   取材ネタを探されているTV関係者も必見の商品だと思いますよ!   トレキャ!でもこの商品については、後日、改めてレポートをする予定です。