トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
  ◇『第59回東京インターナショナルギフトショー春2005(前編)』                 


                            TEXT by あまり

  東京ビッグサイトで行われた。今回はぬかったことに!スケジュールの都合で   半分しか見られなかった。何しろあの巨大なビッグサイトをフルに使う雑貨展   示会だ。丸1日あったって、相当駆け足でないと全部なんて回れないのに(ど   うしてもあちこちで、足止まるしね・笑)今回は半日の強行軍だったもんで、   残念ながら計算通り?半分でタイムアップとなってしまったというワケ。なの   で“全体から見た今年の春夏雑貨トレンド傾向”とは、言い切れないところが   あるのだが、一応、半分とは言えその中でも見えたかも?という傾向を少々と、   それから個人的に“引っかかったポイント”を幾つかご紹介しようと思う。      まず傾向?と思えるような流れが感じられたのは『アメリカン・カントリー復   活!?』ということ。一時アジアン・エスニックモノや和モノに押され、すっ   かり影が薄くなってたアメリカン雑貨だが、それでもそれなりに普遍的人気の   あったポップな60〜70年代テイストの雑貨に加え、「大草原の小さな家」的世   界のアメリカン・カントリー雑貨が、じわりと増えていた。とりわけ、アント   ステラ(クッキーで有名だけど、家具・雑貨もあるのよ)が扱っているような、   ギンガムチェックの生地を敷いた籠や、あのテイストのグッズを扱っていると   ころが結構あったなぁ、と。あの世界観も実はコアなファンがいて、決して無   くならない一群だとは思うんだけど、ここんとこほんとにギフトショーでは目   立たない存在だったような気がするだけに、今回のボリュームアップは、あの   素朴でちょいと乙女チックなテイストの人気復活を感じさせた。居場所は異な   るけど流行の「ロリータ・ファンの世界」に通じるところもありそうだし(笑)   次に『続く、ビーズ全盛!』ってとこだろうか。相変わらずビーズ関連ものは   健在で、アクセサリーやアクセサリー材料としてのビーズ本体だけでなく、の   れん(って言うとなんかとてももっさりしてるけど、実際はポップやゴージャ   スですごくファッショナブル!)や、ランプシェード、小物入れ等々、様々な   雑貨への広がりもまたパワーアップ! 中でもワタシ的に、ぜひぜひもっとキ   テ欲しいのが“とんぼ玉”。見え方は全く異なるが、あれは“日本のスワロフ   スキー”って言ってもいいでしょ(笑) 今回は結構見かけることができたので、   あの和と洋の融合したような独特の大玉ビーズ?を、もっと色んな雑貨なんか   に取り入れていって欲しいなぁと思った(高そうだけど)。   それから、今回のギフトショーで気になったのが…(続きは次号で!)
  ◆ギフトショー2005春夏    http://www.bsitv.com/giftshow_tv/giftshow_live_tokyo05.html                                   <編集長からヒトコト>     ファッションの分野でも、カントリーブームが火付け役になって人     気となったアイテムがありました。「ウェリー」の愛称でイギリスっ     娘の間でブームとなったウェリントン・ブーツ(長靴)がそれ。泥に     まみれるだけの運命だったウェリーが、英国の最先端ファッション     として注目されたきっかけがカントリーブーム。マドンナやケイト・     モスなど、多くのセレブが田舎回帰現象を牽引し、それを真似たお     しゃれピープルが田舎に住むようになって、カントリーライフ必需     品のウェリーの人気も急上昇したのだとか。特にデザイナーズが人     気とのこと。