トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

  ◇『スタッフが選ぶ 2005年度 MYベストBOOK』(スタッフ pooh76 編)


                              TEXT by pooh76

  とりあえず気になった新刊本はすべて図書館にリクエスト、というのがここ数   年の読書スタイルになってます。本当、図書館様様です。で、読んで感銘を受   けた本はあとで自腹購入。二度手間なんて言わないで下さいね(笑)。ちなみに   そんな自分の(唯一の)愛読雑誌は『ダ・ヴィンチ』です。                  ◆◇◆◇◆    ●『魔王』(伊坂幸太郎著、講談社刊)    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062131463/inandout08-22   ☆☆☆/2005年、いちばん感銘を受けた本はこれです。読んでいる最中から肌   が粟立って作品にのめり込んでいる自分を感じられましたから。政治がテーマ   になっていてこれほど夢中になった作品は珍しいかも。こういう読みきり短篇   を載せている「エソラ」(季刊誌)もすごいと思いました。伊坂さんでいうと、   上半期に刊行された『死神の精度』のほうもオススメです。読んでしばらく「消   灯ですよー」が口癖になっていたのは秘密です(照)。伊坂さんでいうと、上半   期に刊行された『死神の精度』のほうもオススメです。     ●『東京タワー』(リリー・フランキー著、扶桑刊)    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594049664/inandout08-22   ☆☆☆/今でもまだ口コミ、本屋のPOP、新聞雑誌の書評その他各所で大絶賛さ   れている本作。読んだ人は絶対、リリーさんのおかんに惚れると思います。飾   らない自分を書いたリリーさんにも拍手。幸い私には“この世でいちばんこわ   いこと”がまだ訪れてませんが、いずれそういうときが来るんだなぁ…と考え   させられました。読み終わってから改めて装丁と題字を見ると泣けます。それ   と、久しぶりに東京タワーに登りたく(あるいは、眺めたく)なりました。   ●『東京奇譚集』(村上春樹著、新潮社刊)    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103534184/inandout08-22   ☆☆/『アフターダーク』以来1年ぶりとなる刊行なので買うときからわくわ   くしてました。『スプートニクの恋人』で毛色が変わって、『アフターダーク』   でまた毛色が変わって今度はどんな毛色になっているんだろうと思っていたら、   初期作品の匂いが。昔からの春樹ファンにとっては懐かしさを感じる作品でし   た。                    ▽     3冊まで、ということなのでここまで。以下↓は次点ラインな本です。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/03/_2005_mybook_po_2219.html
                                  <編集長からもヒトコト>          スタッフがどんな本を読んでいるかは、私も興味津々!       未読のものは、ぜひ読んでみたいと思っていますが       選出にも各自それなりに個性が反映されているのでおもしろいです!       次回はスタッフ ABBYのセレクトをご紹介いたします!       どんな本が飛び出すか!?お楽しみに!