トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

  ◇『スタッフが選ぶ 2005年度 MYベストBOOK』(スタッフ ABBY 編)


                              TEXT by ABBY
  毎日、大好きな本に囲まれて仕事をしているワタシは幸せ者です♪が、図書館   で働くようになってから、超ベストセラー本は借りるより買う方がなぜか多く   なりました。毎週入荷する新刊は既に予約のかかったものばかり。実際手にす   ると読みたくて読みたくて、自分の順番など待てずに書店に直行。おかげで我   が家の本棚はパンク寸前。新たに超大型書架を新設しました〜(笑)。                  ◆◇◆◇◆    ●『きょうの猫村さん1』(ほし よりこ著、マガジンハウス刊)    http://tinyurl.com/r59be   ☆☆☆/猫好きにはたまらない!脱力系猫マンガ。「@NetHome」のサイトで   現在も連載中(1日ひとコマ)の作品の単行本化。猫の家政婦・猫村ねこの日   常がヘタウマなペンシルタッチで書かれてるんですが、とにかく猫村さん、カ   ワユイんです。奉公先の犬神家で、2足歩行で、エプロンして(紐はかた結び   ・笑)、台所で茶碗洗ったり、掃除機かけたり、たまにダンボールで爪とぎし   たり、座布団の上でゴロゴロしたり、やることなすことカワユイの!近頃ワタ   シは煮詰まると必ずコレ読み返してます。確実に癒されるからにゃあ。読むた   びにネコムライス食べたくなるんだにゃあ、これが。超オススメ!   ●『東京タワー』(リリー・フランキー著、扶桑刊)    http://tinyurl.com/qyqol   ☆☆/数年前、ワタシ自身“この世でいちばんこわいこと”に直面した経験が   あって・・・。幸いワタシの母は九死に一生を得て、今は福岡で元気に暮らし   てますが、リリーさんとオカンの物語を読みながらあの頃のことが思い出され   て、泣きに泣きました。いてくれてあたりまえだと思っている存在が永遠にい   なくなってしまうという恐怖感や喪失感。それをある日突然現実として付きつ   けられると、足元がぐらついてちゃんと立っていられなくなるのです。いつか   訪れる別れの時のためにもっと強くならないとイカン、読後そう思いました。   ●『死神の精度』(伊坂幸太郎著、文藝春秋刊)    http://tinyurl.com/qjklc   ☆/Poohさんがセレクトしていた『魔王』も秀逸だったけれど、その読みやす   さから何回も繰り返し読んだこちらにワタシは一票。淡々として、どこか人間   臭い“死神”はきっと自分の周囲にも実在していて、そうとは知らずに関わり   合いながら、ワタシは生きてるんじゃないか?読後そんな感想を持ちました。   ワタシは寿命まで生きられるのか?はたして!?
  ☆スタッフPooh76の本棚↓   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/03/_2005_mybook_po_2219.html                                   <編集長からもヒトコト>       偶然にもリリー・フランキー&伊坂幸太郎の著書がpooh&ABBYの両名とも    ベストブック入りしましたね。特に伊坂氏はトレキャ!的にも注目株です。    彼のもうひとつの著書である    『陽気なギャングが地球を回す』( http://tinyurl.com/erstx )は、    映画化されて5月13日から公開予定です。    キャストの豪華さ(なかでも佐藤浩市のハジケッぷりに驚愕・笑)、テン    ポのよさ、クールな音楽…の三拍子揃った楽しい作品に仕上がってます。    キャスト&スタッフによる会見取材記事↓(鼻の頭どうしたんでしょ?)    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_3046.html      小説の映画化といえば、現在公開中の映画『タイフーン』のクァク・    キョンテク監督↓(こちらの取材写真の一番左の男性)    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_4159.html    が、村上龍の小説『半島を出よ』( http://tinyurl.com/qpane )を、    現在撮影中と聞き、遅ればせながら、    小説を読んでいるところなのですが、数日来の日韓の緊迫した報道に、    物語がよりリアルなものに感じられます。韓国のキョンテク監督による    映画化は果たしてどう転ぶか?ちなみに村上龍の小説の映画化で、個人    的に一番好きなのは『昭和歌謡大全集』( http://tinyurl.com/ndqw4 )。    この小説の登場人物と『半島〜』の登場人物は一部リンクしています(ゴ)       ───────────────────────────────────    ▼【当コーナーで掲載したコラムバックナンバー】      ・『スタッフが選ぶ 2005年度 MYベストBOOK』(スタッフ pooh76 編)    ・『侃々諤々!「霊視カウンセリング」体験レポ』    ・『名監察医が教えてくれる“死なないために知っておく「死の雑学」”』    ・『モーツァルト・マジック!』    └→ http://homepage2.nifty.com/kuru/kuru1.html#enta    ●そのほか、過去の全バックナンバーはこちらから    └→ http://homepage2.nifty.com/kuru/kuru1.html