トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

  ◇『セカンドオピニオンとかかりつけ医制度』


                              TEXT from トレキャ!☆マーケ
   前号の本誌で「医療ネタ」の特集を組んだばかりですが、    読者メールを拝見しても、この手のテーマへの関心はとても高いようです。    そこで今回は先日配信した姉妹誌『トレキャ!☆マーケ』の記事    「セカンドオピニオンとかかりつけ医制度」をPickupいたしました!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html       (「ホントのトコロ!」クリック!→6/23号をクリック!)
             <編集長からもヒトコト>          最初にかかった医師の診断に納得しきれない場合に、別のお医者さんの     見解もあおぎたいと思っても、そのことを医師に告げて別の病院の紹介     状をお願いできる患者さんて、どのくらいいるんでしょうか。そんな面     倒なこと頼んで(医者ってなんかプライド高そう?なイメージあるし)イ     ヤな顔でもされたらもっと具合が悪くなってしまいそうですよね(苦笑)。        今回のスタッフのコメントを見ても、みんな仕方なく違う医者を自分で     探し出して、最初から診察しなおしに行っているケースが多いようです。     余命宣告されるくらい深刻な場合だけでなく、もっと身近な制度として     セカンドオピニオンが受けやすくなればと思いますね。     現場発のセカンドオピニオンがまだ受けにくい代わりに、患者の助けに     なっているのが患者同士の「クチコミ」というのも納得できます。          患者側も最初から医師を疑ってかかるようではだめでしょうが、何らか     の不安を感じて診察に行っているという患者の心理を思いやれない病院     があまりに多いようです。患者が病院にかかろうとしているときは、心     も体も不安をかかえて健全ではない状態(不安な状態)。元気なときな     ら、思ったり、やったりしないような言動もするかもしれません。          ところが当の医師自体が、日々の激務にストレスを抱えこみ、精神的に     安定しておらず、患者の不満に“逆ギレ”しかねないほど心の余裕を失     くしていることを実感させるような現場の声(医師を選んでいる余裕の     ない急患の時に、ただでさえ具合が悪いなかそんな医師にあたってしま     ったら、他にどんなよい医師が世の中にいたとしても、一生医者不信に     陥りそうで、双方にとって気の毒ですね)や、     今回の患者さん(スタッフ)の不満は氷山の一角、それを患者のワガママ     として受けとらず少しでも医療不信を失くすべく努力をしているので、     また機会を作ってこうした患者の生の声をたくさん聞かせてほしいなど     医師や医療関係者からのお声もいただき、現場でも問題意識をお持ちの     方はけして少なくないようだなと、ちょっと安心?いたしました。