トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『サーカスから、新しい波』TEXT by MARS 
日本人にとってサーカスというと、どうしても暗くてマイナーな旅芸人の集団
をイメージに描きがち。でも昨秋から東京で2カ月半行われたアート系のサー
カス「サルティンバンコ2000」は、初めて見た人なら誰もが驚く、移動式ブロ
ードウェイとでもいいたいほど大掛かりであでやかな舞台だった。「2000」と
タイトルについてはいるが、日本公演は今年も続行中で、福岡、名古屋を経て、
今月21日から大阪、9月20日から横浜。ちなみに大阪公演の7月末までの公演
のチケットは、95%売れているとか。これをプロデュースしているのが、「シ
ルク・ドゥ・ソレイユ」という、カナダのモントリオールにあるサーカス会社
っていうのは、かなり有名な話。世界中で今、7つのショーを同時に公演中で、
特に98年からラスベガスで公演中のショー「O(オー)」のチケットは、あま
りの人気ぶりに先頃値上げされたらしく、今やプラチナチケットばりに手に入
りにくいシロモノなんだそうだ。それで、現地モントリオールでの直撃レポー
トを少し。 
                ▼
まず、人間技とは思えない出演者のヒミツ。彼らは、世界のサーカス出身者だ
けでなく、水泳、器械体操、飛び込み、シンクロといったスポーツの世界選手
権やオリンピック大会でスカウトされた面々。毎月スカウト数十名が世界各地
に出向いて、オーディションを受けるよう声をかけるんだとか。で、難関のオー
ディションに通ってカナダで基礎トレーニングを4カ月受けても、ショーに空
きがないと出られない。それだけふるいにかけてるんだから、そりゃあ技がス
ゴイはずだわ。世界のトップクラスのスポーツ選手も、こうしたアート系サー
カスで第2の人生を考える時代なんだ、という点にもビックリ。そして!8月
には日本にもスカウトがやってくる。「将来的には日本でもオーディションを
して、マーシャルアーツからもスカウトしたい」って。来年は新しいショーの
ために出演者がより必要となるので、ひょっとして日本人にもチャンス到来?!
挑戦したい人は、自分の演目をビデオなどに収めてモントリオールの本社に送っ
てみてはいかが。
                 ▼
ところでなぜ、モントリオールにこうしたアート系サーカスが育ったかという
と、大道芸人たちが集まって「自分たちの文化をつくろう」と、20年前に国立
サーカス学校を創ったからなのだ。現地の学校には、10代で自分の意志でサー
カスアーティストを目指し、相当の難関をくぐり抜けて入学した子どもたちが
毎日汗を流している。サーカスの技だけでなく、演劇の要素やサーカスの歴史
も勉強して、フランス語や英語、数学といった授業もある。卒業後は舞台の出
演、ショーの演出といった多くの場面で活躍する。芸能界でタレントになりた
いって言ってる程度の日本の子たちとは基本的に違うなあ、としみじみ。ちな
みに日本でも、9月にNPO法人「国際サーカス村協会」が群馬にサーカス学
校を開校する方向で動いている。これからは日本でも、サーカスへの見方が少
し変わってくるかもしれない。