トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『99年、日本の夏はこんなでした』Text by Gochy!
  流行は繰り返す。過去の流行を紐解けば、これから来るトレンドが見えてく
  るかも。そこで今回は、トレキャの創刊年、1999年の7月度のトレキャのコ
  ラムから、2年前の日本の夏を振り返ってみましょうか。
                  ▼
 |『「ウラBTTB」他の大ヒットに見る、日本のお疲れ』【トレキャ99年7/23号】
 |
 |不景気やリストラで、ストレスを感じるとした人が6割以上いる(労働白書)
 |というこの暗い時代、「癒し」や「安らぎ」が一層求められているようだ。
 |疲労回復剤「リゲインEB錠」(三共)のCMで流れる静かな旋律のピアノ曲
 |「Energy flow」(坂本龍一「ウラBTTB」収録)が大ヒット。インストルメン
 |タル曲では初のオリコン1位を記録した。「癒しCD」といえば、雅楽師・東儀
 |秀樹の音楽をバックにした、森繁久弥の朗読童話「葉っぱのフレディ」も話題
 |となっている。また、じわじわと人気を集めているのが、癒し系キャラクター
 |「たれぱんだ」。だらーんと脱力した愛くるしさと、鉛筆描きにこだわった温
 |かみが特徴で、5月に池袋にオープンした専門店には毎日平均1000人来客があり、
 |サラリーマンも多いという。6月発売の絵本(1300円)は、2週間で25万部の
 |売れ行き、現在ではライセンス契約80社、関連グッズ総売り上げ約300億円と
 |いう人気ぶりだ。 「癒し」が、大きなトレンドキーワードになっているのは
 |確かなようだ。
                  ▼
  2年経った2001年の夏も、日本は相変わらず疲れっぱなしで、「癒し」は不
  動のキーワードです。「癒し系CD」は「ヒーリングCD」なんて呼び名を変え
  て、変わらず根強い人気をキープ。さすがに「たれぱんだ」は懐かし感が漂
  いますね。なんたって2001年今夏の人気者は、パンダじゃなくてハムスター。
  現在「とっとこハム太郎」は、億単位の経済効果をあげて、大活躍中です!