トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『裏方は裏方なのじゃあ!美のカリスマ伝道師・藤原美智子ってどうよ?』
                (読者投稿コラム) Text by ゴメス

  裏方的職業がスポットライトを浴びる時代だ。本来、表に立つのはあくまでも
  女優でありモデルさんであったのが、今やヘアスタイリスト(なぜに美容師じ
  ゃいけない? お店も、サロン。昔は平気でパーマ屋とか言ってたものだが。)、
  メイクアップアーティスト、スタイリスト…たちが、カリスマという冠をつけ
  てメディアを賑わす。音楽にしたって、歌手よりも誰のプロデュースかが話題
  にのぼる時代。そんな時代に、メイク界の2大カリスマとして君臨する、嶋田
  ちあきと藤原美智子。私はどっちかってゆーと藤原派だ。嶋田ちあきの作る顔
  は、カメラ映えするが、やや濃ゆい感じ。藤原美智子は、モード感も取り入れ
  つつ〜の、気品漂いつつ〜の、なんともふんわり女っぽい顔作りがとってもう
  まい。モデルさんを一目見て、最大限にその人の美を引き出せるポイントを一
  瞬のうちに見抜き、しかもそれを寸分の狂いもなく実現してしまう技術。どん
  な顔でも、たちまちノーブルで端正な美女に変身!まさに美の天才!
                   ▼
  ここ1〜2年、いろんなメディアで彼女を見かける。雑誌はもちろんのこと、
  CMにもメインで出演してるし、主婦向け番組の美容コーナーでもお馴染みだ。
  また様々な媒体でその優雅で華麗なライフスタイルがクローズアップもされて
  いる。アンティークミラー、天使の羽根モチーフのヘッドレスト、アロマキャ
  ンドル、フィットネスマシン、etc…。審美眼は日常目にするものから養われる
  というが、さすがに美の天才は、生活のすべてが美に始まり美に終わるほどの
  こだわりを持っている。本当に素敵で魅力的な女性なのである。それは確かだ。
  しかし、しか〜し……!“ツッコミのゴメス”の異名を取るこの私、藤原美智
  子を見るたびにムズムズして仕方がない。彼女が美について語れば語るほど、
  自分の美容ライフを公開すればするほど、メイクテクを披露すればするほど、
  喉もとまでせり上がる言ってはならない一言がある。『その審美眼と技術を自
  分の顔にも駆使してるんだろーなー、おい?…最大限に発揮してこれかい!』
  (ちなみにそれって、泣く子も黙るビューティージャーナリスト、斎藤薫女史
  にもそっくりそのまま当てはまる。) あ〜〜っ! とうとう口に出してしまっ
  た! 関係者各位、誠に申し訳ございません。でも、これほど表に出なければ、
  私にこんなこと思われずに済んだのに。そう思うと今の彼女の過剰露出は非常
  にもったいない。私にどう思われようがまったくもって余計なお世話だろうが。
                  ▼
  藤原美智子にしろ、件のビューティージャーナリストにしろ、スポットライト
  を浴びようとせずに裏方としてやっているぶんには良い。それが、表に出てき
  て、「美容は、美は」と語られ、「私は美のためにこんなことも、あんなこと
  もしている」とあからさまに言われては、「それだけやっててこれかい!」と
  つっこまずにはいられない。私は彼女のメイクセンスが本当に好きだ。あれだ
  け人を美しくすることができる人は、それだけで素晴らしい。だからこそ、で
  きれば彼女には、こんな感じであってほしかった。
        “人を美しくすることにかけては天才。
         でも自分のことはそれほど構わない。
         シンプルで、清潔であればいい。
         なぜなら私は真の美がどんなものであるかを知っているから”
  どんなに時代のスポットを浴びようとも、裏方は裏方なのだ。裏方は裏方に徹
  してこその美がある。審美の天才・藤原美智子の目には、その真実は映ってい
  ないらしい。

             〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

       メイクセンスって、使用前・使用後の相対的評価による
       ものじゃないですか。私は藤原氏が自分でメイクを施し
       てない顔(例えばスッピンとか、他の人の手によるメイ
       ク顔とか)を知らないので「そこまでやってこれかい?」
       なのか、「さすがそれだけやったことはある!」なのか、
       微妙に判断つきかねるところなのですが、まあ、どっち
       を言われても、本人としては複雑な心境でしょうなあ(ゴ)。