トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『ギョギョッ!USJそばに誕生する新名所』TEXT by MARS

  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオープンも3月31日に決定して、
  「早く大阪に行きたいな!」と今からワクワクしてる人もきっと多いことでし
  ょう。とはいえ人気の過熱ぶりは相当なもので、おそらくどのアトラクション
  も相当な行列を覚悟しないといけません。遠方からはるばる来ても、人、人、
  人で1日じゅう並んでばかり…てなことになるやもしれませんね。そこで!そ
  んなフラストレーションを解消してくれそうなユニークな新名所がUSJの近く
  に4月下旬に誕生するので、ひと足お先に紹介しちゃいましょう。その名も、
  「舞洲(まいしま)工場」。大阪市環境事業局が現在建設中のごみ焼却工場な
  んですが、コレ、見たら、100人が100人「へ?」と口をあんぐりあけてビック
  リすると思います。USJと同じ此花区(このはなく)にできるので、きっとた
  くさんの人がUSJと思い込んで、間違って入ってくるんじゃないでしょうか。
  それほど奇抜で遠くからでも目立つデザインなんです。
                   ▼
  白、黒、赤、黄を施した壁、形が全部違う窓、屋根部分にはいくつも光る金色
  の玉…。まるでおとぎの国の城のような、メルヘンチックな外観です。大きさ
  は3.3へクタール、大阪ドームよりやや小さめ。建物横に空に向かってそびえ
  立つ120メートルの煙突は、赤と水色の奇っ怪なデザインで、夜になれば煙突
  のてっぺんの丸い部分がくらげのごとく光ファイバーで妖艶な光を闇に放ちま
  す。ああ、写真で紹介できないのが残念!中は大規模なごみ処理を行う施設で、
  洞窟風の見学コースが設けられ、誰でも参加できるようになるそう(完成前ま
  での問い合わせは建設課06-6630-3393)。さて、こんなけったいなごみ処理工
  場をデザインしたのは、オーストリア、ウィーン出身のフリーデンスライヒ・
  フンデルトバッサー氏。窓が全部違うことや床、壁などに曲線を多く用いるの
  は、「自然界にはひとつとして同じものはない。直線もない」という主張から。
  芸術家なので、設計図は描かず、いきなり精巧な縮小模型で送られてきたそう
  で、その模型も中に展示されています。
                   ▼
  氏はオーストリア・ウィーン市の市営住宅やごみ焼却工場「シュピッテラウ工
  場」をデザインしたことでも有名。ウィーン市にこれができた当初は賛否両論
  で、かなりの物議を呼んだそう。今では絵葉書やマグカップにもなるほどの観
  光名所ですが、大阪のはそれよりさらに大きく、大阪人はこれをどう受け止め
  るんでしょうか?そこは商売上手の大阪人、おそらくもう、「バッサーまんじ
  ゅう」なんか作っちゃってるんじゃ?(大阪の関係者はなぜか、「バッサーさ
  ん」と呼んでるそう)。なぜかというと、大阪にはすでに北区にキッズプラザ
  という子どもの施設を彼のデザインで建ててるし、舞洲工場の横にも、彼デザ
  インの下水道施設が建設中で、将来的には大阪市は彼の建築物が3つもある市
  になるというわけ。おまけに残念なことにバッサーさんは昨年2月に亡くなら
  れ、おそらくもうこんな建物は増えないのです。そんなわけで、もしUSJがいっ
  ぱいで疲れたら、ぜひこちらへ。とにかくひと目見れば、その存在感の大きさ
  に圧倒されるはず!