トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > トレキャ!☆トレンド語学力
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
★症例15/【「白い巨塔(医療不信)」シンドローム(2)】

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃                                   ┃  ┃・「診断の難しい病気10」→患者の訴える症状中37%の原因がつかめない!?┃  ┃・「うつ病ホットライン」→一人で悩まずまずはフリーダイヤルで相談を! ┃  ┃・「医療ランキング本」→医療機関やドクターに関する番付本が続々登場! ┃  ┃・「からだ情報館」→自分の病気は自分で調べる患者や家族向け医療情報室 ┃  ┃・「クリティカルパス」→医療事故防止からも注目される診療日程表。   ┃  ┃・「セカンドオピニオン」→専門外来も登場し、いよいよ浸透の兆し!   ┃  ┃・「生ライブ中継手術」→手術治療内容を公開して、医師も緊張感を維持! ┃  ┃・「手術映像配信」→内視鏡映像や手術室の様子をインターネットで配信! ┃  ┃・「品川メディカルモール」→ショッピング同様、医療サービスも選ぶ時代 ┃  ┃・「ドクターズオブドクターズネットワーク」→名医を探したい時お役立ち ┃  ┃・「バーチャル・ハルシネーション」→精神疾患患者周囲の理解のために! ┃  ┃                                   ┃  ┃ などなど…。                            ┃  ┃                                   ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    それではトレキャ!被取材者ネットからの「生声」もご紹介いたしましょう。            「あなたが医療不信を感じたその瞬間は?」   □「ケース6:○○○○大学総合医療センター」--------- 男/29歳/??    今から4年前かかりつけ医院にて「虫垂炎」の診断を受け、○○医大を紹    介され即手術でした。自分は、かなりの激痛でしたので、すぐにでも手術    をしてほしかったのですが、盲腸はたいした病気ではないと少し待たされ、    ようやくの手術でした。手術前に    「体が大きいので脇から切るより腹腔鏡だと傷口も目立たなくていいですよ」    といわれ、痛かったので早くやってもらいたく同意しました。    手術に入る前の全身麻酔の注射は、慣れない研修医みたいな人がやったの    ですが、針が上手く入らず「あれ?あれ?」なんて言ってるんです!    そばでは教授らしき人物が「ここだよ!ここ!」なんて指示を出していて    本当に医者なのか?と思いました。    麻酔で意識がなかったのですが、気が付いた時に寒気ですごく震えたのを    覚えてます。    自分はその後の経過が非常に悪く、盲腸で一ヶ月半入院生活を送りました。   ふつうに手術を受けていたら、このような事にはならなかったはずです。    今でも腹の中心に4つの穴の痕が残ってますが、銭湯なんかに行くと    下を隠さないで腹を隠してます。完全に騙された気分です。    ここは性転換手術で有名になりましたが、    もっと基本をしっかりやりましょうよ、と言いたいです。    お金があったら訴えたいくらいに今でも怒ってます。   □「ケース7:○○○○病院」---------------------- 女/37歳/自営業    不正出血があったので数年ぶりに子宮ガン検診に行って、ついでにみても    らったんです。出血は元々あるポリープが原因でどうって事はなかったの    ですが、その後の問診で先生が問診表を眺めながら    「腰が痛いとか、肩が凝るとかありませんか?」って聞くので    「まあそれくらいありますが」と言うと    「ちょっとねえ、自律神経失調症気味なんだよね。     それで子宮の入り口がただれて変色しちゃったりしているんだけど、     まあ子供産んだ人はみんな大体なるんだ。     夫婦生活である程度改善するんだけど、あんまりしてませんねえ夫婦生活」    「(そこに別居して3年て書いてあんだろ!)はあー、してませんねえ」    「やっぱり適度にした方がいいですよお」。    専門家は見ただけでわかると噂に聞いたことはあったが、まさか自分が言わ    れるとは!!あまりのショックに自虐的になり、以後人に言いふらして適度    な夫婦生活を勧めている私でした。    もうこれ「おたくのあそこには蜘蛛の巣はってますよ」    と言われたも同然でしたからね。    まあ医者に悪気はなかっただろうが、    周囲の人に聞こえているんじゃないかと気が気じゃなかった。   □「ケース8:市立○西病院」------------------------- 女/28歳/??    この病院の医療不信体験談はいっぱいありすぎて、    本当に訴えてもいいとまで思っています。    1)私の父方の祖母が近所の病院で「パーキンソン病」と診断され、      薬を飲んでいましたが、様子がおかしくなったので市立○西病院に      行ったところ      「こんないい薬を出してもらっててここにくるなんて非常識にも程       がある。帰れ。ほかにもっと重病人がいるのだ。」      と当時内科部長の医師に言われました。      腹が立ったまま帰りましたが、やはりおかしいので      つてで阪大病院に行ったところ「パーキンソン病」ではなく      「高血圧」と診断されました。      そのまま飲んでいたらどうなっていたことかと思います。    2)高校3年のときにひざの靱帯損傷でここに入院し手術しました。      ○西病院での手術の際、下半身麻酔するのに何度も針を刺され、      上の先生が「そこじゃなくてここだ」とか「取り敢えずやってみろ」      とか言われながらの手術でした。      下半身麻酔だったのにもかかわらず、尿道確保もしてくれず、      尿がたまって大変なことに。      大学を卒業後、○大のスポーツ整形の先生にみてもらったところ、      靱帯が切れたままになっていて再手術です。    3)私の叔父。5年ほど前に肝臓の検査に引っかかり○西病院にかかった      ところ「何も悪いところはない」と数週間ただ入院しただけでした。      その2年後の検査でまた病院に行く必要ありで、他の病院に行ったら      もう手遅れ。これは本当に憤りを感じています!!      現在、いつまで持つかどうか…といった状態の叔父を見てると      悔しくてたまりません!何であんな病院がまだあるのか不思議です!!   □「ケース9:○○○歯科」------------------------- 女/37歳/会社員    以前私が通院していた歯医者でのこと。    1年くらい何もなくて、久々に詰め物がとれ、その歯医者に行ったら    なんと、3人いた先生も助手の人も全部替わっていて    しかも先生はたったひとりに。    (病院の名前はそのまま。別に本院がある病院の別院だったので。)    ちなみに、予約の時には先生が変わることは、全く説明なし!    その前まで通ってた時は、3年くらい同じ先生だったんだけど。    一瞬「だいじょぶか!?」とは思ったものの、まぁいいかと受診したら    治療の間中、歯科助手の若い女性とずーっとおしゃべり。しかも、昔のドラ    マのこととか、ほんとどうでもいいようなくだらない話ばっか。    だいたい、治療器具使いながら、あんなくだらない話をずっとしていられる    神経が、もう医者として信じられん!!    思わず帰り際に「治療中のおしゃべりをちょっとやめて欲しいんですけど」    と言っちまいました(^-^; だってめちゃめちゃムカついたんだもん。    そうしたら、その医者は    「え?心配?大丈夫だよ、ちゃんとやってるから」(←セリフ、そのまま)    だと。ふざけるなー!!    だいたい、その医者からみたら初診の人間にその言葉遣いはなんだー!?    どう見ても、私より年下って感じの人だったけど。    しかも私は患者(客)だぞ〜。    3回ほどガマンして通いましたが、その後も結局態度は改まらず、頭にきて    通院先を変えましたとも。ええ。   □「ケース10:○○町立総合病院」--------------------- 女/24歳/??    一昨年冬の夜、86歳の祖母を母が車で病院に連れて行きました。    祖母の体もまだ良くならないし、もう夜もずいぶん遅く、雪の晩で母の    軽自動車では、うちのような山奥にとても帰れません。    「一晩でも泊めてくれ」とどんなに頼んでもおいてくれません。    看護婦もしらんぷりをします。    こんな時間にタクシーもなかなかつかまりません。    奇跡的にタクシーが一台つかまって、その運転手は雪の中、    トンネルの前でチェーンを巻いて走ってくれました。    あの方がいらっしゃらなかったら母と祖母は帰れませんでした。    病院は待合室でさえも寝かせてくれないのですから。    年寄りにひどい仕打ちです。ひどい病院です。    あの病院はあまり評判がよくありません。    しかしうちは田舎ですし、まだ一番近くの病院なので仕方ないです。   □「ケース11:○○町クリニック」-------------------- 女/20代/会社員    私も医療ミスというわけでもないですが、    健康診断の採血では何度か痛い目にあってます。    どうも血管が細い&弱いらしく、採血の後は必ず腫れ&内出血します。    でも1番ひどかったのは、採血後の内出血が腕一面に広がったんです。    夏場だったから半袖やノースリーブ着るので、目立つ、目立つ。    家庭内暴力にでもあったのか?とまで聞かれました。    まぁ1週間弱で戻ったからいいんですけどね。    なのでそれからさらに採血が嫌いになっちゃいました。    しかしアレってベテランっぽい人だからウマイというわけでも    ないんですよね。やっぱりウマイ人に当たりたいもんです。  ◆◆◆◆◆◆……………… 読者&スタッフ 通信 …………………◆◆◆◆◆◆         前回「Part1」への感想メールをご紹介いたします。                   ◆◇◆  ・匿名(40歳女性):毎回興味深く拝見させていただいてます。           Part1で私が書いた体験談が載っていました。           掲載されるなんて思ってもいなかったので           なんだか恥ずかしいです。           乳がんの誤診は日本で最近話題になっているようですが、           発見が遅いと死に至る危ない癌です。           実際、私が海外でお世話になった方が今年2月に乳がんが           転移して亡くなられました。           2年前に東京の病院で入院中に同室だった同病の2人も           亡くなられたそうです。           リンパ腺が近いので転移すると全身に回ってしまうのだそう。           なんの症状がない女性も、           是非定期検診を実行していただきたいです。           それとS先生の情報がわかり次第お知らせいただければ           たいへんうれしいです。           これからもご活躍楽しみに拝見しております。        再掲(編:上記ご投稿者が、Part1でご紹介したS先生の山形の             開業医院についてお知りになりたいそうです。             もし読者でご存知の方いらっしゃいましたら、             ご一報下さい。誌面上ではイニシャル表記してますが             先生のお名前の確認はできてます)  ・Reiko: Part1読みました。本当に意義ある企画ですよ、これは!       どの方のケースも「ひどい!」と憤慨しました。       でもケース5の方(上記の匿名さん)、       大変なご苦労をされたとは思いますが       本当にS先生に出会えて、よかったですよね。       香港では昨年暮れ、大物歌手・女優のアニタ・ムイが       子宮がんで亡くなりました。       その早過ぎる死は多くの人を驚かせましたが、       その後、シンガポールでは婦人科検診を受ける人が急増している       ということです。