トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『異空間で異体験!「NINJA AKASAKA」』TEXT by Gochy! 

  ユニクロだの、100円ショップだの、激安外食(牛丼やハンバーガー、食べ放題)   など「安い」ことがウケている昨今。でもその一方で、USJとかTDRなどの盛況   ぶりからわかるように「いい体験には出費を惜しまず」という行動パターンも   歴然としてある。「メリハリ消費」というやつだ。いや、出費惜しまずという   のは正しくない。最初はやはり出費が惜しいのだ。でも結果として、体験して   みたら惜しくなかったと思えるほどの満足度を得られた、と言う方がより正し   い。このへんの消費者マインドはマーケのヒントになるのではないかと思う。                    ▼   100円ショップ御用達スタッフも多い当編集部オフ会(一次会)の予算が、コース   料理+飲み代で一人8600円(四捨五入したら9000円!通常の倍である)という   のは、やっぱり「高い」。ところが、会計を済ませて「NINJA AKASAKA」(デー   タ下記参照)を出るときには、皆それでも「また来たい」と思っているのであ   る。その理由は下記各メンバーのひとことレポの中にある。料理屋なのだから   当然料理が美味しくなければ、まず話にならない。料理も含めてその「空間」   が発する「気」のようなものが、おおいに我々を楽しませた、ということだ。                    ▼   実はマスコミにオープンにされてないのだが、この「NINJA AKASAKA」、期間   限定で「ONMYOUJI AKASAKA」に変身するスペシャルナイトがあるのだ。忍者の   代わりに「式神」たちが客をもてなし、「伊賀富丸のマジックショー」の代わ   りにイケメン陰陽師(金スマにも出演中の石田ちゃんかも?)が、グループ内   で「これは祓わねば!」と思われる代表者1名を占い、そのものに憑いている   悪しきものをその場で落としてくれるというパフォーマンス付き。単なるショー   ではなく実際に効力を発揮する本物なので「もうスゴイよ〜!」と、口コミだ   けで女性グループを中心に、特別日の予約は数ヶ月先までいっぱいだ。恐るべ   し「ONMYOUJI AKASAKA」…って、これ本当だったらいいと思わん?(あ、一瞬   信じた?)。1年365日、忍者だけでは飽きられるだろうと、この場を借りて   「NINJA AKASAKA」さんにご提案してみた次第である(笑)。採用の暁には、   アイデア料はいらないので、オープン中ずっとタダで飲み食いさせて下さい!   ──────────────────────────────────   ■『NINJA AKASAKA』(赤坂東急プラザ1F)     http://www.akasakaplaza.com/shop/r_c/index.htm   ──────────────────────────────────   ●「忍者の隠れ里に作られた迎賓館」がコンセプト。隠し扉や迷路風の通路、    滝など日本古来の建築様式でこだわりの空間を再現した店内は個室中心。    お料理は創作和食。忍者マジシャン「伊賀富丸」のマジックもイケている。   ●今回編集部が試した5000円(これでも一番安い)コースのメニュー一覧    ・おとおし(まいたけの天ぷらやマグロなどミニ握り)    ・肉団子と金時豆のスープ    ・秘伝マグロ玉野菜包み    ・不知火鳥の串焼き(激辛)    ・灼熱投石鍋葉隠之術    (ほうれん草、小松、春菊などを入れた鍋に焼いた石を入れてその場で瞬時      に熱々の鍋に)    ・裏巻き(カニとアボガド、うなぎとアボガド、海苔を内側に巻いて)    ・デザート(大人数だったので5種類出ました)     「朧」イチゴ大福まんじゅうのクリームのせ     「白鷺」大きなガラス皿の中央に、まるで湖で羽を休める鷺の姿。         胴体はりんごキャラメルコンポート、翼は砂糖菓子。     「陽炎」ブランデーに火をつけて、チョコケーキに上からかける。     「風魔」きのこの形のマシュマロ     「氷菓盆栽」レモン&マンゴーシャーベットが土台(土の役割)           ガトーショコラ(土の表面)           木はパイの枝とチョコの葉   ●上記コース料金に「富丸のマジックショー」付(チップとして1000円札を    用意しておくとベター。我々は渡しそびれちゃったけどネ・笑)   ──────────────────────────────────   ■『代表メンバーによる生声レポート!』   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   行ってきたよん♪『NINJA AKASAKA』。入るなり真っ暗。いきなり心臓バっク   バク!忍者に先導されてオズオズ暗がりを行くと、途中仕掛け橋があったり、   くの一にびっくりさせられたり、予約の個室に着くまでにもう興奮度MAXよ。   古びた和室には風流な鈴虫の音が。気がつくと、くの一が料理を運んできたぞ。   ココの料理は噂に違わず創意工夫がスバラシイ。特に“灼熱投石鍋〜葉隠れの   術”は絶品。ソレって雑草?って代物が見る間にドロンとタイ風スープに。お   食事後のオチャメな富丸のマジックショーにゃ一同目が点。飲食代はちと張る   が、同行スタッフの1/2はリピーターになる!と私はにらんでおる。(ABBY)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   まず、入り口に忍者。入って忍者。一筋のスポットライトの下に立たされ待つ   こと30秒。天井は黒い梁が四方に張り巡らされて、「もしや、上から?」と   思っていたら、小さな窓から「お呼びでございましょうか?」跪くもう一人の   忍者(いくら忍者でもそこまではねー(笑))。暗くて狭い廊下を忍者に導か   れて歩いていくと川が。「おっ!これは渡れませぬ。ちょいとお待ちを!」と   いって呪文を唱える忍者。正面から橋が降りてきて、「さあ!」と私を前へ導   き、「封印!!」という後ろからの声にびっくりして振り向くと、橋がその廊   下をふさぐ。この間のドキドキ感はたまりません。(おっと)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   大当たりのごちそうさま!ですわ。薄暗い店内を保護色に黒いいでたちの忍者   がたくさん。みなさん礼儀正しく、マジで忍者になりきっての演出には感心。   よっく見るとこれがまたいい男ぞろいなんですわ。いやぁ眼福〜。料理の方も   味にうるさいトレキャ軍団を唸らせるほど秀逸。記念にとメニュー表を請求し   たら、ないと言われ“くの一”を拉致しメモを片手に突撃取材。トレキャ軍団   8人からの矢継ぎばやの質問に、節回しを付けて答えるくの一。う〜む、われ   われの攻撃に怯まないとは、あっぱれ!また行きたいなぁ編集長〜(うさぎ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   店内の仕掛けもさることながら、私が「感動したっ!」のはそのオリジナリティ   溢れる料理の数々。肉団子入りの甘くない白玉が入った金時豆のスープなど、   今まで食べたことないメニューがずらり。最後のデザートもパティシェの気合   い十分な盛りつけで、本当においしゅうございました。残念だったのは店内が   あまりに暗すぎて、私の写メールじゃ忍者が写らなかったこと。子供に送って   自慢したろうと思っていたのにな。次はフラッシュ持っていくぜ!ブッシュさ   んも西麻布の居酒屋じゃなくてこっちに来れば良かったのにね。会社に来る外   人ゲストの接待に超オススメです。(休業中だけど特別参加・のりた)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   『NINJA AKASAKA』☆☆☆(満点):予約の段階から丁重な受け答えで、店内で   は道案内ひとつをとってみても忍者達は至極礼儀正しく、忍者教育が隅々まで   行き届いているよう(笑)。店長さんは忍者達からいったい何と呼よばれている   のか、聞いておけば良かったなぁ。料理も手の込んだものばかりで、見た目も   味も◎、デザートまでたっぷり堪能させていただきました。トイレの鹿おどし   も風流だったな。コースは5000円〜と少々高め設定だけれども、充分納得でき   る料金です。行きたくなってきたみなさん、まずは予約からどうぞ。(pooh76)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   ノリにうるさい関西人でも十分に楽しめました!忍者の修行?もこなされてる   だけでなく食事も通好み。途中のマジックショーにも感動させられました。赤   坂という場所柄、業界人が文字通り「忍んで」デートしそうな雰囲気に○。忍   者さんは「拙者」とか忍者言葉を使うんだけど、わざと「うわっ!」とコケて   みたりするとあせって「大丈夫っすか。」と素に戻るところがおもろい。でも   一番びっくりしたのがこの「トレキャ・スタッフ」、男性が(私を含めて)2   名だけ。個性豊かなよきお姉さ達に囲まれウットリ。(子供わっち)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――