トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『Wカップ観戦レポートVol.1 <カメルーンVSアイルランド(6月1日)>』
                              TEXT by tomom

  6月1日の日本での開幕戦、行ってきましたよお!   新潟スタジアム、ビッグスワンでのカメルーンVSアイルランド戦。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その1【チケット入手】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   日本国内分は早々と売りきれ。でもあきらめきれないtomom家は海外枠の売れ残り   チケット発売の情報を入手し、インターネットのFIFAチケットサイトにアタック。   しかし、このサイトにもアクセスが殺到し、なかなかつながらない。パソコンの   前に座ること何時間か…。何度かアクセスに成功するも、申し込み画面で突如切   断されたりとチケット入手までにはいたらず。この状態を何日か続け(ほんとに   毎日やっていたのよ)、やっとやっと家族4人分のチケットが手に入った。売れ   残り席のため、同じブロックではあったが、席はバラバラ。でも、取れただけで   Lucky。今回のチケット発券用のチケットビューローが有楽町に開設される事に   なっていたため、5/10日に有楽町まで出向いたところ、開設は1週間先とのこと。   そして1週間後の5/17日(開催2週間前ですね)再び有楽町まで出向いて、やっ   と名前の入ったチケットを手にすることができた。チケットビューローは担当が   日本語のつたない外人ばかりで、混乱を極めていた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その2【パーク&バスライド】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   子供連れのため、自家用車で新潟まで行くことに決めたが、問題は駐車場が確保   できるかだ。さっそく新潟県のワールドカップ公式サイトにアクセスし、パーク   &バスライドの情報を入手。これは、スタジアムから離れたところに自家用車を   停め、そこからの送迎バスでスタジアムに入るものである。予約期間ぎりぎりだっ   たが、幸い新潟競馬場の駐車場に予約を入れることができ、開催3日前に予約券   が手元に届いた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その3【会場へのアクセス】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   6月1日、朝7時に東京を出発(しかも子供は寝巻きのまま!!)。関越道を××   km/hで突っ走り、新潟スタジアムへ。駐車場の新潟競馬場は、高速から直接つな   がったバイパスのインターチェンジを降りてすぐ、とアクセスが非常によく、渋   滞に巻き込まれずにすぐ駐車することができた。バスもそれほど待つこともなく   座席が一杯になるとすぐに発車し、約30分でスタジアム、ビッグスワンへ。市内   は厳しい交通規制がとられており、一般車はほとんど見かけなかった。このため、   専用バスは渋滞もなくスムーズに会場に到着。降車場も整然としていて、人の流   れがぶつからないように工夫されていた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その4【スタジアム周辺】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   スタジアムの周辺は店がなく、広々としていた。会場に入るまでに何度もチケッ   トを確認され、チケットを持っていないとスタジアム周辺の広場にも入れない。   駐車場側の広場は、新潟県の物産即売会やステージでの踊りなどで盛り上がり、   新潟の味噌を使った味噌汁が無料で配られていた。スタジアム周辺の広場では、   Official ShopでのGoodsの販売や、協賛各社のブースでは、ゲーム大会なども。   日清カップヌードルのブースでは、やかん型ボールのヘディングシュートを決め   た人に、カップヌードル型リュックをプレゼントしていた。広場には各国サポー   ターが続々到着し、アイルランドの国旗に顔を塗ったおじさんや、帽子をかぶっ   た若者が大声で合唱していた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その5【スタジアム内】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   スタジアムはサッカーが観戦しやすいように座席の立ち上がりが急にできており、   小さい子供が転んだら下まで転がっていってしまいそうで怖かった。N(北)ゲート   側の1/4は、アイルランドの黄緑色のTシャツ応援団でほぼ埋めつくされ、巨大な   国旗が座席の上を行ったり来たりしていた。カメルーン側はサポーターが少なく、   日本人の観客がほとんどだった。しかしその中で、派手な衣装を身にまとったカ   メルーンサポーターの鳴らすタイコが盛り上がりを見せていた。所々にまとまっ   た空席が目立っていて、チケット販売の手際の悪さが感じられた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その6【試合】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   さすがワールドカップ。力、技術がJリーグとは大違い。日本もまだまだがんば   らねば…。日本人審判がアイルランドのペナルティを取るとアイルランド側の応   援席からBoo-------!!と、ものすごいブーイング。組織の応援って、大事だ…。   試合後の人の流れも整然とまとめられ、誘導も完璧。ほとんど待ちの時間もなく   送迎バスに乗り込み、自家用車に乗り換え、その後も渋滞もなく帰ることができ   ました。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その7【腹が立ったこと&感心したこと】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   座席が家族でバラバラだったので、リュックサックを座席の下に置いて子供の席   の横の階段に座り観戦した後、自分の席に戻ったら、上の席に座っていたネエち   ゃんが飲み物を丸々一杯こぼしたらしく、リュックサックがびしょぬれになって   いた!!!!タオルで一生懸命にふいていても知らん振りして謝りもしない。むかつ   くうううう。濡らしちゃったのはしょうがないけど、せめてゴメンの一言が欲し   かった。このような光景はいろいろなところで見られた。荷物を座席の下に置く   のはやめましょう。   一方。感心したことといえば…。海外からのサポーターにたくさんの車椅子の人   達が参加しており、周りの人達も当たり前のようにサポートしていた。日本人は   海外の(しかも、ものすごく遠い国での)サッカー観戦に障害のある人がどれほ   ど参加できる体制があるだろうか。もっともっと本当の意味でのバリアフリーを   実現していかねば…。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   この夜は、新潟県の柏崎の宿に泊まって海で遊んで帰ってきました。で、帰って   きてから旦那はさいたまスタジアムのイングランド-スウェーデン戦を見に行った   のでした。なんて元気なんだろ…。運転も全部したってのに。   このあと、7日のスウェーデン-ナイジェリア戦(神戸)と、12日のスウェーデン-   アルゼンチン戦(宮城)、それから、21、22日の韓国での準々決勝を見に行く予定   でいますので、そちらも追ってご報告したいと思いま〜す!