トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『Wカップ観戦レポートVol.2 <イングランドVSスウェーデン戦(6月2日)>』
                              TEXT by tomom

  先日の日本戦は、盛りあがっちゃいましたよお。   旦那は5時半にうちに帰ってくるし、私も食事の支度を早めに終わらせて、   6時には完璧に観戦準備完了でした。   (それにしても、あのコスタリカ人の審判、許せねーーー。)   というわけで、日本戦の興奮覚めやらぬ状態でありますが、今回は観戦チケット   獲得奮闘記を中心に、イングランドVSスウェーデン戦のレポートをお届けします。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その1【チケット入手】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   一般にはあまり知られていないかもしれないが、FIFAのチケットビューローで、   海外向けに一ヶ国の予選を3試合分をまとめて買えるというシリーズチケットが   あった。インターネットでこのチケットをゲットすべく、粘りに粘ってやっとス   ウェーデン戦のTST−3(Sweden)の申し込みができた。支払いはクレジット   カード、でも申し込みができても当選するかどうかは分からない。また、座席の   種類が希望通りにならない可能性もある、というなんとも不確かな状態で、とり   あえず結果待ち。     しかし、いつまでたっても連絡がなく、もうはずれたとあきらめていた開幕1週   間前の土曜、大判の封書がFIFAチケットビューローから届いた。もちろんすべて   英語で記載されており、つたない英語力で、辞書を片手に読み進むと、どうやら   チケットが取れている(らしい)。チケットは取れているが、住所がわからない   ので至急知らせてくれという内容のようである(じゃあ、この封書はどうやって   届いたの?)。よくよく見ると、住所国の記載がITALYになっているではないか!!   どうやら、サイト上で送付先を指定する際、国名リストからJAPANではなくITALY   の方を私は選択してしまったらしい(JとIで続いていたため)。私のチケットは   ITALYに送られ、該当する住所がなかったのでFIFAに戻ってしまったようである。   住所を書くときに最後にJapanと書いておいたため、確認の手紙が日本に来たよう   だ。しかし、この封書が投函されたのが5/18、着いたのが5/25。またイタリアに   行ったりしていたのか?     月曜に部下の帰国子女に住所訂正の英文を作ってもらい、Faxを入れた。すると   e-mailが届き、チケットは既に埼玉に郵送したので、埼玉のチケットビューロー   で受け取って欲しいとのこと。水曜にチケットビューローに電話したところ、ま   だチケットは届いていなかった。ちょうど第3次販売のチケットが届くか届かな   いかでもめていた頃だったので、これは当日受け取りか…と不安になった。木曜   にも届かず、結局金曜になって届いたとの連絡があり、大宮まで受け取りに行っ   た。試合2日前に受け取ることができたのは、運がいいのか悪いのか…。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その2【会場へのアクセス】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   どの路線で行っても乗りかえが不便で時間がかかるため、自転車で30分の王子駅   に出た。ここから南北線に乗り浦和美園駅へ。駅からスタジアムまでは線路沿い   の一本道。周辺には何もなく、スタジアムのために作られた駅という印象。都心   での開催のためか、いたるところに警官が配備されていた。王子駅や電車の中で   も警官を見かけ、ものものしい雰囲気だった。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その3【埼玉スタジアム】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   スタジアム周辺には、チケットを持たずに来日したらしい何人ものイングランド   サポーターがチケットを求める姿が見られた。スタジアム内の方は、所々にまと   まって空席があり、チケット販売の失敗が感じられた。会場で当日整理券を配る   などして販売対応できなかったものだろうか?(韓国戦では当日売りが出たよう   である)。とても納得できるものではない。   埼玉スタジアムはサッカー専用であり、どの席からでも観戦しやすくできていた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■その4【試合】   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   会場の1/3ほどを占めるイングランドサポーターの唸り声が響く。応援もさすがに   伝統の技というべきか。組織力を感じた。前半はずっと騒いでいたが、後半は試   合の流れの影響か、比較的おとなしく観戦していた。ベッカムの人気はすごく、   観客席のフラッシュがまぶしかった。   スウェーデンのサポーターはイングランドの半数程度だったが、熱狂的な応援ぶ   りは同じで、手すりに登ったりしていた。   目の前で見る世界の強豪のサッカーは迫力があり、日本代表の今後の戦い振りに   一抹の不安を感じた。試合後も両国のサポーターが会場に残ってエールを送って   いたため、日本人は比較的スムーズに帰途につくことができた。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━