トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『アジアントレンド「ベトナム」を往く(その2)』TEXT by あまり 

  長く続いたベトナムの戦記を詳しく知っている人は多くないだろうが、せっか   くよその国を訪れる時には少しでもその国の歴史や文化を学んで帰って欲しい、   と、日本人ガイドのタナカヒロコさんは語った。インドシナ戦争や第二次世界   大戦時の日本軍による統治、そしてベトナム戦争。一般に知られてはいないが、   ベトナム戦争時に日本では“ベトナム特需”が確かにあったということ。また   広く知られる枯葉剤の影響など…。ワンデイ・トリップで訪れたキャンディ工   場で働く女の子たちは、旧正月の5日間以外一年360日働き続けだということ   も教えられた。それでも働く場所があることを幸せだと感じている、と。   ベトナムは今、何十年も続いた戦渦を抜け出し、日本人観光客が買物や食事を   目的に比較的安全に訪れることができる国となった。しかし、今、訪れる若い   旅行客の中には、長く苦しい時代を越えて現在のベトナムがある、ということ   を知っている人が、どれだけいるのだろうか。                    ▽   折角訪れたのであれば、そういった歴史を知り、現在のベトナムの(日本など   に比べて)いまだ貧しい現状をぜひどこかで感じ取って帰国して欲しい。タナ   カさんの言葉は表情豊かで、決して押し付けがましくなく冷静なものだった。   それでも、ふと考えさせてくれるものがあった。毎日自分の仕事や生活に文句   を言っているニホンジン。そのくせベトナムの人が一年で稼ぐくらいのお金を   使って、その国の上澄みを楽しんで帰ってゆくことができる私たち。日本に比   べ安くて、買物天国・ご馳走天国なのは、実はその国の人々の生活水準がその   金額でこそ成り立っているということだ。ベトナムの人が目を丸くするような   お金を持って、買物を楽しむのも悪いことではないだろう(それをうまくカモ   にするパワーも現地の人は持っている。ご用心!)。日本に入ってくれば5000   円以上もする茶器のセットが市場では500円で買える。これは確かに魅力なの   だから。                    ▽   ただ、タナカさんが言っていらしたように、せめて少しでもあの苦しい歴史が   今のベトナムの裏に横たわっていることを、私たちも忘れないでいたいものだ。   それを踏まえて、現地のはしっこい人にカモられないように心しながら、今の   ベトナムを楽しみたい。この国はこれからもどんどん変わっていくだろうから。   私も、次回、もっとゆっくり訪れたいと切に感じた。   最後にもうひとつだけ私からのオススメ。私の愛読書。   故)近藤紘一氏 著  『サイゴンからきた妻と娘』(文春文庫)   読んでから行くと、もっとベトナムが身近に感じられると思う。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 <編集長からもヒトコト>    前回と今回の2回に分けてお届けするスタッフのベトナム・レポート!    前回は“ジャスト自分サイズのオーダーアオザイ”“わずか7USドルの    昼ゴハン付メコン川ワンデイ・トリップ”など、現地を満喫できる買物    &レジャー情報をレポ。下記の「体験レポバックナンバーサイト」にて    閲覧できますので、今回から新規ご購読された方はぜひ前号もお読み下    さいネ(ゴ)