トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『「ダーツ」&「MYSTERIOUS」』 

トレキャ勤続1年半超中堅スタッフ研修オフ会レポだよ!  ┏ ★昼の部/【「ダーツ」研修!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃                                  ┃   “大人の社交場”“新たな出会いスポット”として、トレキャのWeekly版    でも、去年の5月頃から再三ご紹介してきた『ダーツ・バー』。    トレキャにも、いつ「フレンドパーク」からお呼びがかかるかわからな    いので(来ないって)、編集スタッフには一応ダーツを極めておいても    らおうと、渋谷区道玄坂にある「Bee SHIBUYA」へ。暗めの照明と洗練    された空間の大型のダーツバーで、複雑な得点計算を自動でやってくれ    るエレクトリックダーツを9台設置している。カクテルを飲みながら、    さっそくみんなでダーツにチャレンジ!これが意外と頭脳ゲームであり、    肉体もそれなりに使うスポーツでもあるんだわ。  ┃                                  ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   どうやら、私、スコア係の報告によると3回はド真ん中に命中させてたみたい   なんだが、本人全然、覚えてない(笑)。命中するたび、あまりの快感に、直前   までの記憶がすっかり無くなってしまうらしい(笑)。おまけに翌日は、右腕   筋肉痛してるし(情けな〜)。矢の先を折ってしまうほど力投するスタッフも。   景品担当スタッフがしっかり「タワシ」を準備してきたのには笑いました(ゴ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   おいおいっ、昼の部は初心者集めた「ダーツ」研修だったのね。しかも、かの   『フレンドパーク』に備えての(笑)。なら、ワタシの研修の出来はタワシ10   個って感じか。始めは戸惑ったものの、投げれば当るし、得点は全て自動で出   てくるから案外簡単で面白かったっす。でもダブルやトリプル、ましてやブル   (中心)を狙って当てるにはまだまだ修行が足りんかも。メンバー何気にバン   バン当ててたけどね、まぐれで(笑)。気がつくと顔が皆テカってて、イイ運   動したんだなあと。またすぐに行きたいから、はよオフしましょ♪(ABBY)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   最初は的にかすりもしないのが、的に当たりだすとみんなの目付きが変わって   ましたよ〜。片手を振り下ろすだけの動作なのに、気が付いたら汗で顔がテカ   テカ。単純なルールだが知性と体力が必要な奥が深いゲームだ。矢が刺さると   日頃のストレスが吹っ飛ぶ爽快感がいい。カクテルのほろ酔いも手伝って、歓   声をあげて大はしゃぎすれば連帯感も深まる。人気あるのも頷ける。(うさぎ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――    《ダーツ研修決定》初心者の私は、矢を的に当てられるかすごく不安でいても   たってもいられず。《ダーツ前夜》不安は解消されぬまま眠れぬ夜を過ごす。   (というのは嘘で、本当は仕事で疲れ果てて爆睡・笑)《ダーツ当日》点数は   気にせず、ただひたすら矢を放つことしばし。で、投げ出したら止まらないく   らい楽しいことが判明。【結論】ダーツ、それは為せば成るもの。(pooh76)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――    はっきりいって昔からコントロールのなさには自身アリ。なのでダーツも「間   違えてスタッフの頭に刺したらどうしよう?」とビクビクものでした。しかし、   案ずるよりうむがやすし。コントロールゼロの私でもあたるじゃないですか。   となると俄然おもしろくなりいつのまにか熱中。これで1ゲーム100円は安い。   店員さんが丁寧に説明してくれるので、初心者でも安心。次回からは狙った所   にあたるように、目標はやはり「フレンドパーク出演」でしょう。(笑)(よ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   ┏ ★夜の部/【飲食店研修!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃                                  ┃    昭和30年代とか江戸時代などレトロテイストが流行っている中にあって    あえて20X0年の近未来の宇宙空間をイメージしているダイニングバーが    新宿歌舞伎町にある『MYSTERIOUS(ミステリアス)』。    昨年4月のOPEN直後からトレキャのWeekly版でも何度かご紹介してきた    わけだが、そもそもこの店は、民事再生法下で再建中の「北の家族」が    豆腐料理店「おとと」から転換したもので、以前約600万円だった月商が    4倍強の2700万円に激増したらしい。完全個室で、ブラックライト、サ    ウンド、宇宙服ユニフォームと、確かに演出は異次元空間なのだが、    その“異次元加減”というか、お客の立場からすると“ハテナ?”の    連続の「サービス」に、我々は唖然とすることになる・・・。  ┃                                  ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   うちのスタッフには、毎回その時の体験の中で、消費者として一番印象に残っ   たことをストレートに表現してもらうようにしています。   ですので、かなり厳しい評価も、そのまま紹介させてもらいます。   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   この店の裏コンセプトは「ストレスをサービスする店」なんじゃないだろうか?   ●吹き抜けの上層部にこもった熱気で上層階の個室客は真冬に汗をかかされる   ストレス●照明が暗すぎて料理どころかメニューすら読めないストレス●あれ   だけの規模の店で女子トイレが“1コ?”しかないストレス●清算にカードが   使えないストレス●靴の着脱場に客を平気でウ○コ座りで待たせているストレ   ス…などなど、この日はいろんな「ストレス」をサービスしてもらいました!   きっと癒しを求める現代と違って、20X0年の近未来は「金を払ってストレスを   体験する時代」って狙いなんですネ(←我ながら超イヤミなフォローです・笑)。   今、「癒し」よりも「ストレス」がほしいアナタに、オススメのお店です(ゴ)。   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   入ってすぐの階段で、いきなり“クツを脱いで”にはびっくり!が、階下の店   内を歩いて納得。あんなに暗くちゃ、高いヒールはムリ!コケちゃうし。で、   案内された団体用個室もほぼ真っ暗!豆電つけてるより暗いと言えばわかるか   な?暗闇の中、饗された料理は全て中身不明の闇ナベ状態。ダーツ頑張ってハ   ラペコだったんだけど食欲も半減。団体よりアベックが大半だったところを見   るとあんなに暗いのも、テクノがやかましくかかってるのも納得いくねえ。フ   ーディングとは名ばかり、その実、同伴喫茶なんでない?(ABBY)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   手探り状態で案内された個室に入ると、蛍のお尻程度の電球が1個。メニュー   の文字が見えないぞ!遠くにあるブラックライトのおかげでテーブルの向かい   側に白い歯が浮かんで見えたのは不気味〜・笑。しかし何を食べているのかと   ライターの火で確認する時、場に侘しさが漂い。室温の暑さと店員のやる気の   なさに怒りと後悔が身を包む。トイレが水浸しで汚くて、これが近未来の宇宙   空間なのかい!?外で空席を待つ体を密着させたカップルを見た時やっと納得。   まるで同伴喫茶型ダイニングバーの印象を受けた。▼5つ進呈!(うさぎ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――    地下にある店内に入るとほどなく靴を脱ぎ、真っ暗な奥地へ。個室に案内され   たものの“く、暗い”としか言いようのない僅かな灯り。去年オフ会をやった   『だいぶつころころ』よりも格段に暗い!!上には上があるものなんですね。隣   の人の表情も読めないくらいなんですよ。よくあんなに暗いところで食べたり   飲んだりできたな、と我ながら関心しちゃいました。今話題の“フーディング”   を掲げてるお店だけれども、フーディングって他もこんな感じなのかなぁ。そ   れとも店名そのままにミステリアスなだけ?(pooh76)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――    ここは、80年代かい!?黒服系の態度の悪いお兄ちゃん!カウンターに肘つい   て立っちょるんやない!!愛想のない未来形な衣装のウェイトレス。そして、   こだわりの無い料理に、こだわりの無い音楽。あのテクノでフーディングは無   いんじゃない?落ち着いて話をしてられない雰囲気を全て満たしておりました。   ガワだけ作った80年代のバブルの雰囲気。昔名を上げた落ち目のプロデューサ   ーを起用しているんじゃないかしら?こんなに時代に合わない、こだわりの足   りない店久しぶりだわ〜。ついでにトイレのスリッパもイケテない。(おっと)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――   地下に続く階段を降りて行くといきなり踊り場でもなんでもない所で靴を脱ぐ   よう命じられる。ほんとにココで脱ぐの?ってぐらい普通の階段の途中。ブー   ツを履いてる身としてはツライ。店内は暗く、メニューはもちろん、出される   料理を判別するのも難しい。味はそこそこ良いのだから、やはり料理は目でも   楽しませてくれなきゃね。そしてヒーリングミュージックのはずが、テクノば   りの激しい音楽は何故?若者はあれで落ちつくのだろうか、謎である。(よ)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――    何といっても飲み屋の女性トイレが1個!1個しかないってのは絶対おかしい   でしょ!?ひょっとすると別の場所にもう1個くらいあるのかもしれないけれ   ど、そういう問題じゃない!長蛇の列に並んでいると男性トイレがドアの隙間   から見えるんだけど、個室が2個に小用も2、3個あって明らかにひどい差!   気持ち悪くなった客がいたらどうするんだろう??それともキャバクラのつも   りで、店員のおねえちゃん用にしか用意していないのか!?床も濡れててます   ます不快ー!あと入り口の階段で靴の着脱するのは危険だし邪魔!(みりん)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――