トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 体験レポ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『サルホプレゼンツ「サルサデイ」イベント潜入レポ』TEXT by おっと 

  “踊るための音楽、サルサ”のイベントが3/1と3/2にかけて開催された。3/3の   サン・マル・サンはサルサの日!という語呂合わせにちなみ、サルサにより親   しんでもらうためのイベントに、サルサ歴トータル10回未満の私が潜入。本当   に親しみやすいか!?事細かにチェックしてみた。   サルサは、社交ダンスと同じ「ペアダンス」という種類のダンスで、基本的に   は男女ペアで踊る。4拍子のリズムを基本ステップとして踊り、細かく言うと、   ニューヨーク、ロサンゼルス、キューバの3スタイルがある。日本では、複数   が混じり合っているとの事。発祥は、いろいろな説があるが、南米の移民がNY   で我が郷里を懐かしんで踊ったラテンダンスという説が濃厚。なので、南の国   の明るいテンポと、郷里を思う切ないメロディーが融合されている。そう、名   作『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』でも、その時代背景と音楽の関係が濃   厚に打ち出されていたな〜、と思い出した。どことなく切ないメロディー。   そして、踊るための音楽。それが、サルサなのだ!                    ▽   いち早く会場入りした私は、なんか場違いと思う。ヘソは出すのが当たり前!   やはり「ラテンダンス」なので、女性はいかにセクシーに、いかに露出するか?   がポイント。そして、ほとんどの人はキラリと光るダンスシューズ。様々な場   所で顔見知りらしき人たちが、再会のポーズをつくり笑顔で挨拶。どうも、サ   ルサスクールでの知り合いらしい。男女が再会して直ぐに腕をとり、サルサを   踊り始める瞬間を何度もみた。サルサに魅せられた人たちはサルサを踊るため   にこの場に集まってきている。そんなイメージ。しかし、ド素人の私は、映画    『Shall We ダンス?』で、渡辺えり子がパートナーとの再会で見せた、あい   さつダンスの瞬間を思い出さずにはいられなかった…。何回か、サルサバーに   は行った事があった。そこに来ている常連さんの姿もチラホラ見られる。先々   週、そのサルサバーで目立っていたサルサ上手なスーツを着ていた男の人(通   称「スーツ君」)も発見。そうこうしている内に、「サルサ・ホットライン・   ジャパン(通称サルホ)の主催者、ジョージ・ワタナベ氏がマイクを持ってしゃ   べり始めた。さあ、「日本サルサダンス・ペア・コンペティション」が始まる。   このコンペティションの上位3チームは、「LAサルサコングレス」という、世   界最大級のサルサイベントへの出場権利が与えられる。                    ▽   そして、このイベントのメイン、アメリカ西海岸のトップサルサバンド「ジョ   ニー・ポランコ」とNYサルサシーンを代表するシンガー「レイ・デ・ラ・パス」   によるライブスタート!生バンドで聴くはじめてのサルサは、超感動!踊れな   くても、体が動くのだ。自然と!まさに、踊るための音楽サルサ!管楽器に打   楽器にピアノが入り交じり、そして、なんとなく切ない歌声。映画『サルサ!』   の1シーンを思い出した。主人公モンゴが友人のキューバ人に「なんでキュー   バ人はいつでも明るくいられるんだい?」と聞くと友人が「悲しくてもそれを   見せない、それがキューバ人なんだよ」うっ。なんだか泣けてきた。そんなシ   ーン。踊りたい!踊りたい衝動に駆られ、ステージの間近で体を揺らしていた   ら、何人かの男性がダンスに誘ってくれる。やぶれかぶれやってみた。誘って   くれた方が楽しかったかは謎だが、私は楽しかった。でも、でも、やっぱ、サ   ルサレッスンに通おうかな?と真剣に考え始めた私は、このイベントの趣旨に   まんまとひっかかり、サルサに親しんだ一人となってしまったようだ。   (※誌面の都合によりレポの一部を掲載しております。週末までに、コンペテ    ィションに出場した注目ペアに関するレポも含めた全文を、HPの「体験レポ」    コーナーにUPいたしますので、そちらで全文をお楽しみくださいませ)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                <編集長からもヒトコト>    いま、サルサは邦画の世界でも注目されているんだよね。ロマン・ポルノ    の名手、小沼勝監督の『女はバス停で服を着替えた』(3/15〜吉祥寺バウ    スシアター、渋谷ユーロスペース、4/23〜名古屋シネマテーク、5/24〜大    阪・第七藝術劇場ほか全国順次公開予定)のヒロイン(戸田菜穂)がサル    サ・ダンサー。かつてサルサのダンス・パートナーだった男(遠藤憲一)    を追って・・・といった大人のラブストーリーなんだけど、ダンス・シー    ンのために主演の2人は毎日ダンスの練習に励んだとか。そういえば去年、    スペイン3姉妹ラス・ケチャップの「アセレヘ〜魔法のケチャップ・ソン    グ〜」が幼稚園児に(笑)爆発的ブームを巻き起こしたりと、どうやら、    “6年に一度”のラテンブームらしいですな(ゴ)。