トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 「編集長インタビュー」Vol1
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
       
     
もどる
最近は「社長」ブームといいますか、企業のトップが注目されているように思います。
リストラや就職難という時代の中で、職に対する不安を抱える若者から中高年まで、
幅広い世代で優れた経営者のメッセージを求めているという背景もあると思います。
そこで、経営者として必要な「指標性」についてお聞きしたいと思います。

辻社長:

人が指標性を持つことが重要なのと同じく、会社もまた指標性を持たねばなりません。
サンリオの場合、重要な点は3つです。

第一に、会社の中に派閥を作らせないよう、統制を取るということ。
社員同士に一致感がなくなると、仕事以外のことで動き始める。
そうなると、会社の中がめちゃめちゃになってしまうんです。
 
第二に、類似企業について、社長自身が厳然とした態度を取ること。
例えば、サンリオは著作権で製品を守っています。
オンリーワンでなければいけないのです。
 
第三に、今後、会社がどうなっていくのかを、社長自身が把握できていること。
5年、10年先のことまで知っている必要はありません。
しかし、少なくとも3年ですね。
「3年先まではこうしていこう」くらいは把握し、その未来を模索していく必要が あります。


そのあたりの経営理論や社長論などは、ご著書『社長大学』(日本経済新聞社刊)なども参考になりますね。
3つ目の「3年先を見ていく」という部分では
東京・多摩市の『サンリオピューロランド』がすでに子供だけのためのテーマパークではなくなってきている点や、
キティちゃん切手の登場など、様々なチャレンジにも現れていますね。

辻社長: サンリオピューロランドでは、3月20日から人気キャラクター「ウサハナ」のショーが始まります。
ストーリーはシンプルです。
ただ、ダンサーの衣装をとてもセクシーなものに仕上げています。
例えば、スカートはすべてオールスリット。
立っているときは普通のミニスカートに見えますが、ひとたび踊ると上まで全部切れているデザインです。
ほか、ワンショルダーの衣装も採用しました。
これらは、大人っぽくして大人が楽しめるショーにしたいという狙いがあったのですが、
物議をかもさなかったわけではありません。
むしろ、随分といろいろ言われましたよ。
でも、ピューロランドができて今年でもう14年です。
やはり今の時代はそのくらいやらなければ…と思うんですよね。


 


私も数年ぶりに「ピューロランド」を訪れて、本当にビックリしました。
子供向けのテーマパークというイメージが強かったのですが、
大人が楽しめる(むしろ大人だから堪能できる)ような
クオリティの高いショーや、大人の男性をも意識した演出など…。
最近のピューロランドを知らない皆さんには、ぜひ一度体験してみてほしいです。

サンリオピューロランドで。

辻社長:

他にも新しい試みといえば、今年2月6日、キティちゃん切手が発売されました。
切手を出したいという希望は10年くらい前からあったものです。
今回発行した初回発行分はすぐに完売。
次回発売分も予約でいっぱいになってしまったんです。
ただ、いずれ新しいデザインのものをご覧いただくことができると思います。
 
というのは、もう一度出したいという依頼が来たときに僕がこだわったのが
「文化を伝えたい」という点でした。
その文化とは、たとえば歌舞伎、が挙げられます。
キティちゃんと一緒に、日本の文化を伝えていけたらいいと思っています。
  
日本は「技術の日本」です。半導体や液晶テレビが、世界で注目を集めています。
技術刷新を重ねて、よいものを生み出していくのを強みとしている。
お隣の中国に目をやってみましょう。
今のところはさしずめ、人件費の安さと模倣力が強みと言えます。
ただ、もう3年もすれば、中国も日本と同じように、技術刷新をするようになります。
いつまでも技術刷新だけでは、日本はもたないんですね。
では何を輸出していくか。
それが、いま申し上げた「日本の文化」なんです。


 
もどる