トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > 生活 > 2002年
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 7)『キーワードは“立ち飲み”“スペイン”“隠れ家”』

 おしゃれな空間でコーヒーを気軽に楽しめる「カフェ」が人気だが、この傾向  がアルコールを楽しむ店にも見られ始めた。「NOS」(南青山)、「CASABLANCA  Vin Vino」(恵比寿)、「MOIZ BAR」(東心斎橋)は、店内の一部がスタンディン  グバー。おしゃれな空間で気軽に楽しめると人気だ。さらに「MOIZ BAR」では  スペインのバル(カフェ・飲食店・バーを兼ねる形態)をイメージ。料理界では  スペイン・バルがブームなのでますます人気が出るに違いない。また、お気に  入りの飲食店を自分だけの隠れ家にしたい人は多い。そんな心理を反映して、  東京では“だまし飲食店”が相次いで登場。機械工場など異業態の外観になり  すました「村上製作所」、ビルの屋上の物置を改装した「クワランカカフェ」  (渋谷)や老朽化したマンションの一室にある「カフェラクダホテル」(恵比寿)  などいずれも“いちげんさん”ではなかなか見つけられない店で、クチコミ紹  介だけが頼りという感じだ。「立ち飲み」「スペイン」「隠れ家」が、イマド  キの飲食店の流行キーワードかも。


 8)『和のファストフード「おにぎり&すし」』
 忙しい現代人。でもコーヒーにパンというのも飽きてきたし健康も気になると  ころ。やっぱり日本人の主食はコメでしょ!実際、今コメを使った食品が人気。  ファーストキッチンではおにぎりを中心とした和風ファストフード店「おにぎ  りキッチンOm's(オムズ)」を5月から展開予定。約15種のおにぎりは作りお  きナシの注文制。他に和風素材の甘味などを提供する。焼肉専門店「牛角」も  おにぎり専門店「ONY(オニー)」を南青山に開店。東京駅構内には会津産のコシ  ヒカリを使用したおにぎりと惣菜等を販売、テイクアウトも出来る専門店「ほ  んのり屋」もオープン。出張前のビジネスマンにも好評とか。併設の「お米ギャ  ラリー」では 米ぬかを使った化粧品なども販売している。もう一つの米商品、  お寿司も人気で、渋谷の鮨花では「旬野菜の握りずし」(各200円)が登場。名前  の通り菜の花、春キャベツなどの鮮やか色取りで食べるのがもったいない。今  までいろんな食の流行があったけど、やっぱり日本人は「原点」に戻った?


 10)『シンプルさが心地良い欧州デザイン』
 海外でウケている日本の無印良品“MUJI”&ユニクロ。共に共通するのはシン  プルで無駄がないという点。海外同様、日本においても海外からきたシンプル  なものが流行っている。主たるもとしては文具。それもヨーロッパのものが機  能の面でもデザインの面でも良いと評判。中でもオススメなのがオランダの  「HEMA(ヘマ)」とドイツの「LYRA(リラ)」というメーカー。2社ともロゴ  やフォルムが秀逸で机の上に置くだけでもさまになる。生活用品でチェックす  べきなのはデンマークの「ボダム」。シンプルだけれどどこか愛らしいキッチ  ンウェアが揃っている。キャラクターでいうなら、ベルギー生まれの「タンタ  ン」。元新聞記者のジョルジュ・レミ氏が週刊子供新聞に連載していた漫画  の主人公だ。日本のキャラクターにはない、淡々とした表情が何とも言えない  魅力になっている。ただ今、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて『タンタ  ンの冒険展』が5/6まで開催中。とにもかくにも、欧州デザインの最大の魅力  は洗練されたシンプルさ、これに尽きる。
→ランキングへ戻る