トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(2/2) 〜2004上半期ワースト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□         ◇ クロストーク(後編)……『シネマ番付--'04上半期(ワースト)』      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全22本)』   ◇ 海外発!シネマ情報……『マレーシア映画史上最大の意欲作』   ◇ トレキャ!・ブログ……『最新シネレビューはこちらをチェック!』      ◇ 各種有料サービスのご案内…… 現在3種類のサービスを提供しています!    ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆            この「シネマ番付」は前後編で1セットです。           今回は先日配信しました前編(No.1)「上半期ベスト」に続き、         後編(No.2)「上半期ワースト」のお届けです!             ※この後編(NO.2)からご購読をスタートされた方は         下記のバックナンバーで前編(NO.1)をご覧下さい。    http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200410042210000000117241000      (8位『スイミングプール』のコメント内にある         『結婚適齢期』(誤)→『恋愛適齢期』(正)です。m(_ _)m)                   ◆◇◆  ↑IN!(は、 前編でご紹介)                           -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT!                   ■『上半期番付!』■                   (18点満点)           1位『ドーン・オブ・ザ・デッド』(東宝東和)…………▼▼▼▼▼▼▼▼-8 2位『マスター・アンド・コマンダー』(ブエナビスタ)▼▼▼▼▼▼-6 3位『ゴシカ』(ワーナー)…………………………………▼▼▼▼▼▼☆-5 3位『ホーンテッド・マンション』(ブエナビスタ)……▼▼▼▼▼-5 3位『デスペラード/レジェンド・オブ・メキシコ』(SPE)▼▼▼▼▼-5 4位『ペイ・チェック 消された記憶』(UIP)……………▼▼▼▼▼☆-4 4位『着信アリ』(東宝)……………………………………▼▼▼▼-4 4位『CASSHERN』(松竹)……………………………………▼▼▼▼-4 4位『キューティー・ハニー』(ワーナー)………………▼▼▼▼-4 5位『ディボース・ショウ』(UIP)…………………………▼▼▼▼☆-3 5位『レディ・キラーズ』(ブエナビスタ)………………▼▼▼-3 6位『白いカラス』(ギャガ)………………………………▼▼▼▼☆☆-2 6位『イン・ザ・カット』(ギャガ)………………………▼▼▼☆-2 6位『パッション』(日本ヘラルド)………………………▼▼-2 6位『ハッピー・フライト』(ギャガ)……………………▼▼-2 7位『タイムライン』(ギャガ)……………………………▼▼▼☆☆-1 7位『スキャンダル』(シネカノン=松竹)………………▼▼☆-1 8位『クイール』(松竹)……………………………………▼▼☆☆0 8位『ビッグフィッシュ』(SPE)……………………………▼☆0 8位『デイ・アフター・トゥモロー』(FOX)………………▼☆0 8位『コールドマウンテン』(東宝東和)…………………▼☆0 8位『アップタウンガールズ』(FOX)………………………±0 8位『カレンダーガールズ』(ブエナビスタ)……………±0 ↑ └注)プラマイゼロのワースト番付8位の作品はベスト番付では11位に相当します。                     ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆      ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS               雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん       ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。                    ◆◇◆  ----------------------------------------------------------------------    ●1位『ドーン・オブ・ザ・デッド』(東宝東和)…………▼▼▼▼▼▼▼▼-8  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002N2IM8/inandout08-22 A:▼▼/ご存知『ゾンビ』のリメイク版ってことで、苦手分野を克服すべく行っ   てまいりました。で、ワタシでも何気に観れる程度のゾンビ映画って、やっぱ   り今ひとつなんだよね?逃げてる人間よか、全編ゾンビをもっとクローズアッ   プしてよなんて思いました。ゾンビ的に物足りない、そんな感じ。   雲:▼▼/ホラー感もパニック感も、もひとつやった。女の子が早朝に、お前どれ   だけトマト食うてんいうほど、口のはた真っ赤にして寝室のドアの前に立って   けつかる。喉にかぶりつかれて成仏したおっさん、すぐ生き返って、ヨメはん   をユッケと間違ぉて箸持って追いかけるんや。町中では大食い競争が始まって   るわけだす。生き残りが集まってどないしょう?あんた噛まれてまへんか?の   展開。一気に映画はつまらん光線、退屈ビームを客に浴びせかけよる。わしゃ、   横に座ってるヤツを噛んだろかと思たで。     ゴ:▼▼/冒頭の10分間でお仕舞いにすればよかったんだよね(笑)。一番おもしろ   いところだけプロモーションで観て、期待度MAXで劇場に行った人たちは、きっ   と誰かを噛みたいくらい悔しかったでしょうなあ。      ----------------------------------------------------------------------    ●2位『マスター・アンド・コマンダー』(ブエナビスタ)▼▼▼▼▼▼-6  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000YTR8C/inandout08-22   雲:▼▼/期待はずれで、みごとに沈没してしもたなぁこれは。グラディエーター   の闘士、R・クロウ旦那が主演さかい、敬意を表して骨太ド根性映画にひたれ   ると思たんやけどなぁ。ナポレオン軍の船と英国軍の船がサシで勝負する話自   体は勇壮でええけど、嵐のシーンもそれなりやし、帆を張ったり降ろしたりも   パッとせんなぁ。宿敵のフランス船に奇襲をかけるアイデアはナナフシっちゅ   う虫の擬態がヒントでした…は、なんちゅうスケールの小ささやねん。酔っ払   いを見て、酔拳をあみ出したっちゅうのとええ勝負やがな。    よ:▼/もっと感動させてくれると思った分、ほんと期待はずれ。でも主演のR・   クロウ自身もこの作品でアカデミー賞をほとんど取り逃がして期待ハズレだっ   たことでしょう。   A:±0/R・クロウったら、賞レースでフライング!『グラディエーター』の後、   どの出演作品も賞狙いがミエミエでしょ。この作品にしてもスケールはデカイ   がハートにグッと来ないのよ。だから一晩寝たら忘れちゃう、そんな作品。    ----------------------------------------------------------------------    ●3位『ゴシカ』(ワーナー)…………………………………▼▼▼▼▼▼☆-5  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVC0/inandout08-22   A:▼▼/結構期待してたんですが、STORYが今ひとつ浅くて、ゴーストよりスッ   ピンのH・ベリーの方が何倍も怖かったってオチに少々不満が残りましたね。   プロパーの日に行っちゃったのも点が辛くなった遠因です。H・ベリーはショ   ートヘアが似合うよね、絶対。   ゴ:☆/こんな映画でもH・ベリーの演技は上等だったと思うんですよ(その演技   に☆ひとつ献上!)。あと、演出だって決してそんなにヒドくはない。じゃあ、   何がこの作品の致命的な欠点かというと、やっぱり「ストーリー」そのものが   あまりにチープというか薄っぺらいために、他のすべてのプロフェッショナル   な頑張りが大ナシなんです。そういう意味じゃコレ、非常にもったいない作品。     雲:▼▼▼/見たことを後悔させてあげる……ホラー映画のキャッチフレーズやけ   ど、ゴシカも見たことを激しく後悔したわい。ホラーかスリラーかサスペンス   かも軸が定まっとらん。ホラー映画作るんやったら、もっと怪談を勉強せえっ   ちゅうねん。「逢魔が時物語」っちゅう気色悪いメルマガがあるから、監督や   スタッフは読者になって読んでみんかい。本やCDも買わんかい。たとえ変態   ホラー映画でも、ストーリーがきちっと組み立てられとったら時代性はあるの   で、おお、イケとるやんけと評価するけど、このゴシカはハシカ以下やなぁ。   熱も出んわい。     ●3位『ホーンテッド・マンション』(ブエナビスタ)……▼▼▼▼▼-5  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7D04/inandout08-22   P:▼▼▼/TDLのアトラクションのほうは大好きなんやけど、イマイチ映画にのり   きれなかった。何だかどうも子供だましっぽさを感じちゃって…。 A:▼/物凄く期待して行ったんだけど、映像ばかりで物語はどこまでも浅く超眠   たかった。一方同伴した息子は身を乗り出して鑑賞。要するに子供向けディズ   ニー映画だったのねん。未見の方はアトラクション感覚で観てね。所要時間ち   と長いけど。    ゴ:±0/私もつい居眠りしちゃったクチだけど、一緒に見ていた小学生の姪っこ   は「前半はちょっとコワかったけど、途中からすご〜く面白くなったヨ」と、   けっこう楽しかった模様。私しゃ、コワくも面白くもなかったんだけどね(笑)。      よ:▼/去年の『パイレーツ・オブ・カリビアン』が大人の目にも耐えうる出来に   仕上がっていたのとは反対に、これはかなり子供向け。私も前半眠っちゃった。     ●3位『デスペラード/レジェンド・オブ・メキシコ』(SPE)▼▼▼▼▼-5  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000TBATQ/inandout08-22   M:▼▼▼/どーしたのロバート・ロドリゲス監督。金入って駄目になっちゃった   あ?それに、A・バンデラスもJ・デップも幸せすぎるのか、危険な香りがさ   っぱりしましぇん。   ゴ:▼/ポニーテール姿のバンデラスは、まるで山本寛斉みたいだしな(笑)。マ   リアッチの世界って、もっと渋くなかったっけ?なんかコレ、ボケとツッコミ   のボケがやたら多い感じで、そんなに無理して笑いをとらなくても…って感じ。   脇役の濃ゆいキャスティングはなかなかイケてましたが、特に整形で顔を別人   に変える役のウィレム・デフォーと、実生活で整形しすぎて、もはや昔の顔の   原型をとどめていないミッキー・ロークとのからみは、ある意味「お宝感」?   がございました(笑)。     ----------------------------------------------------------------------    ●4位『ペイ・チェック 消された記憶』(UIP)……………▼▼▼▼▼☆-4  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001851BE/inandout08-22    雲:▼▼/なんやっちゅうねん、このアホらしい福袋映画は。近未来SFやから、   脳から記憶を削除→ゴミ箱っちゅうのは許す。あかんのは記憶を求めてのドタ   バタや。ワケの分からんもんが、ゴチャッと入ってる福袋のアイテムのひとつ   ひとつが、とっさに危機を救ってくれるという死ぬほど都合のええストーリー   ですがな。アイテムの謎解きの楽しみがあると宣伝ではぬかしとったけど、あ   るかいそんなもん。監督のジョン・ウー、あい変わらず白鳩飛ばしてるけど、   鳥インフルエンザの昨今、もうあきとるんじゃ、鳩は。   M:▼▼▼/シネ番では定評ですが、B・アフレックはやっぱし下手クソ。なんで   いつも大作で主役張れるんだろーか?ジョン・ウー監督お約束の鳩もあったっ   け?すんまそん、観た記憶がさっぱり消えてる。   P:±0/うんうん。ジョン・ウー監督といえば鳩ですよね。何の脈略もなく羽ば   たく鳩…。   よ:☆/予想はしてたけど、やはり酷評の嵐(笑)でも私は結構好きかも。B・ア   フレック作品の中では唯一許せるかな。それでもやっぱり彼の長い顔には慣れ   ないけどね。ジョン・ウー監督の鳩はご愛嬌てことで。            ●4位『着信アリ』(東宝)……………………………………▼▼▼▼-4  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000223MUG/inandout08-22   雲:±0/ネエちゃんに数日後の自分から電話や。聞くと「ギャー!」と叫んどる。   で、数日後にその通りになるさー(なんで沖縄弁やねん)。自分への予告死が   ドミノ倒しみたいになって、恐怖がジワジワと滲みてくる積み上げ方が上手い。   テレビ局での心霊番組大騒動のシーンは、やり過ぎてマンガになってしもとる   なぁ。エンディングは大ドンデン返し大会やねん。ひっくり返ったと思たら、   またひっくり返った…で吉本の舞台みたいや。わし分からんのは、恨み電話を   誰が誰に、何の因果でかけ倒してるねんちゅうとこや。   ゴ:▼▼/秋元康の名前が出た時点ですでにコワさ半減って感じなんですが(笑)、   さらに恨みの連鎖の背景がイマイチよくわからなくて、また半減。パート2で   でも説明するつもりなんですかね?女の子が携帯を手に白目むいて叫び、悪霊   に憑依されてスゴい形相で悪態をつく『ボイス』の方が、恨みや因縁もわかり   やすかった分、コワさもストレートに伝わってきたもの。   (※『ボイス』↓     http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002LHQXQ/inandout08-22    A:▼/そうケータイ・オカルトっていうと、韓国映画『ボイス』を思い出すね。   あの少女怖かったな〜。設定は全く違うにしろ、死者からのケータイで次々と   恐怖が伝染していくとこは、この『着信アリ』も同じ。一番震えあがったのは   やっぱり吹石一恵のシーン。あ〜思い出したくもない。苦手なら行くなよって   話だね(笑)。      ●4位『CASSHERN』(松竹)……………………………………▼▼▼▼-4  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7D0O/inandout08-22   A:▼▼▼/UTADAの旦那・紀里谷氏渾身の処女作品。奥さんがテーマ曲提供した   りとかなりバックアップしたけど、話題ばかりが先行しちゃったかもね。観た   ら中味がとッ散らかっちゃって、わけわかんねえ。映像に走りすぎて、STORY   が浅い(もしくは深過ぎて意味不明)。観た後、頭痛がしてきたしね。今年上   半期のがっかり大賞を贈呈します。   ゴ:▼/PVみたいな瞬発力で勝負の映像で素晴らしい才能を発揮する人が、映画   のような長編ストーリーでも多くの人を感動させることができるかといえば、   そうでもないんだよね。なんか使う筋肉が違う…みたいな。       ●4位『キューティー・ハニー』(ワーナー)…………………▼▼▼▼-4  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7D0Y/inandout08-22   よ:▼▼▼/ハニーメーションというのが売りだったみたいだけど、だからといっ   て内容があれじゃあねー。サトエリのコスプレ以外みる価値はないですな。 P:±0/観終わったとき「にゃー」とか「にゅー」とかいう言葉がやけに頭に残っ   てました(笑)。サトエリファンにとっては垂涎ものの映画になるのでしょうね。   私の中ではB級映画というよりも何というか、チープシックといったほうがピ   ンとくるような作品。(ちなみに、自分の中のB級映画の基準は『KILL BILL』   です)   M:±0/映画は観てないんですが、予告編やプロモーションで見たサトエリの体   の柔らかさにはびっくらこいた。この人、映画よりサーカスに出たほうが絶対   にいい!って思ったもん。マジで。    ----------------------------------------------------------------------    ●5位『ディボース・ショウ』(UIP)…………………………▼▼▼▼☆-3  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9BKQ/inandout08-22   A:☆/ジョージ・クルーニー+キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、あざといほどの   男女の恋の駆け引きを好演してます。特にジョージはノリノリで最高。コメデ   ィの素質もあったのね。すっかり痩せたキャサリンの美しかったこと。あれじ   ゃどんな男も騙されちゃう。ライトに観れる正統ラブコメ、お試しあれ!    M:▼/この映画、まあまあおもしろかった。なのに点が辛いのは、もっとドでか   いドンデン返しを期待してたから。キャサリンはもっと、根性ババな性格で男   をギャフンと言わせてほしい。あ、もしかして根性ババって関西弁?根性がめ   っちゃ悪いってことよ。 P:▼▼▼/最初から最後までベタでした。展開がいとも簡単に読めちゃうし、自   分自身、高慢ちきな女は嫌いなのでこういう評価に。ま、観たのは機内上映だっ   たからコスト面では問題なし(笑) ●5位『レディ・キラーズ』(ブエナビスタ)………………▼▼▼-3  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00063IX2I/inandout08-22 よ:▼▼/ハズレがないという噂のトム・ハンクスの映画だし「映画史上最高頭脳   の博士」の役を演じるというから期待していったんだけど、だまされたー。地   下に穴を掘って銀行強盗に入るのが史上最高頭脳の持ち主がやる犯罪ですか?   全然スマートじゃないし。トム・ハンクスの役作りは完璧だったかもだけど、   なんせ脚本がダメ。ラストも笑えないオチだし。    ----------------------------------------------------------------------    ●6位『白いカラス』(ギャガ)………………………………▼▼▼▼☆☆-2  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9D54/inandout08-22    A:▼/アメリカのベストセラー『ヒューマン・ステイン』(F・ロス著)の映画   化作品。観た後、邦題の『白いカラス』の意味が判明。なるほどな〜のネーミ   ング。そんなことあるのかね。A・ホプキンス、N・キッドマン、E・ハリス   にG・シニーズと芸達者な役者の豪華共演、楽しみに観始めたのに半分居眠り   しちゃったのは何故なんだろう? M:▼/A・ホプキンスが出てくると、どうしても残虐な殺人事件が起きそうな気   がするのは、私だけ?それに、N・キッドマンにこんなホワイト・トラッシュ   (白人の貧民層)役は似合わない。つーか、現在公開中の『モンスター』のシ   ャーリーズ・セロンを見習って、もっとちゃんと役になりきらなきゃあ、って、   求めすぎ? よ:▼/ていうか、見た後ですら「白いカラス」の意味がよくわからなかったんで   すけど。内容もほとんど思い出せないし・・・。頭悪すぎ?!     ●6位『イン・ザ・カット』(ギャガ)………………………▼▼▼☆-2  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002MV51E/inandout08-22   A:▼/M・ライアンの裸体見たさに来たって感じの男に左右を挟まれ観賞(汗)。   メグったら、あんなにベロ〜ンとバスト出しちゃうなんて唖然。それもかなりな   完熟ボディでびっくりだったわ。あそこまで露出しても、メグの芸域が広がった   かどうかはアヤシイ。ワタシはやはりラブコメ女優として買ってるもん。内容   は“ブリジット・ジョーンズの日記サイコバージョン”って感じ。エロくてグロ   くてなんかムッシュムラムラ〜っとしました。   よ:▼▼/どうしちゃったの、メグ・ライアン?これを見た観客の大半がそう思っ   たに違いない。サスペンスという触れ込みだったけど、私には大人の女性の欲   求不満にしか見えなかったなあ。メグはやはりラブコメが一番だと思うよ、う   ん。 ゴ:☆/メグじゃなくて、当初予定されていたニコール・キッドマンがやっていた   らさらに官能的でスリリングな作品になったような気もするんだけど、コメディ   以外の顔も見たいと常々思ってたんで、そこそこ評価。全然関係ないけど、な   んでメグは、あんなヘンな顔に整形したりしたんですか?もしかして失敗?     ●6位『パッション』(日本ヘラルド)………………………▼▼-2  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9D86/inandout08-22   よ:▼/メル・ギブってば絶対S!映画の中のキリストも痛そうだったけど、見て   るこっちも貧血になりそうだった。とにかく最初から最後まで血しぶきは飛ぶ   わ、肉片は飛ぶわでもうダメっす。早く終わってくれないかな〜と久しぶりに   思った映画だった。 雲:±0/わしはこの映画、史上最大の虐待映画やと思たでホンマ。キリスト教国   でも賛否両論で、イエスとかノーとか言うてるらしいわ。なんちゅうても圧巻   は、鞭打ちの刑でしばきまくられるシーンや。バシバシと過激SMクラブのノリ   やがな。ローマ軍の責任者が判決出すのを逃げまくるところなど、サラリーマ   ン管理職様とうりふたつや。しかし、イエスはどえらいスタミナでっせー。全   身傷だらけ血だらけやのに、大木の十字架を背負って歩きますねん。救われん   のは、イエス怒りの反撃がないこっちゃなぁ。汝の敵を愛せと言うてはるんや   さかい、こらしゃーないわい。 P:▼/ということはM向けの映画ってことですね(笑 ●6位『ハッピー・フライト』(ギャガ)……………………▼▼-2  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9BL0/inandout08-22   M:▼/G・パルトロウ主演のアメリカ版『スチュワーデス物語』。今ごろスチュ   ワーデスですか?って感じ。パルトロウは歌が抜群にうまい人だから、いっそ   ミュージカルにしちゃえばおもしろかったかもね。    ---------------------------------------------------------------------- ●7位『タイムライン』(ギャガ)……………………………▼▼▼☆☆-1  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVBG/inandout08-22   雲:☆/舞台は14世紀の英仏の百年戦争真っ只中ですがな。現代の遺跡発掘チー   ムがタイムマシンみたいなもんで、ビョ〜〜ンと飛んでいきよるんや。発掘現   場がそのまま百年戦争の現場になって、当時の衣服に身を包んで悲劇の村と、   陥落する城に出没しよるんや。このB級映画がけっこうイケてたのは、しっか   りと百年戦争を描いてたことや。妙に色気出して、SF仕立てにせんかったの   が良かった。現代で発見された謎のカップルの石像の真実には泣かされたなぁ。    A:±0/ワタシもラストにはチョイほろっときましたが、全編通してケーブルで   よく観るB級TV映画みたいなチープ感がプンプンにおってたな。自腹きって劇   場行くほどでもない、そんな感じ。『日曜洋画劇場』あたりで放映されるのを   待っててもいいみたいな。   M:▼▼▼/え〜?「しっかりと百年戦争を描いてた」と雲谷斎さんが誉めてるっ   てことは、私、大事なミソのとこを理解してなかったのかなあ。学生の時から   世界史がヨワかったしなあ。実は2002年に、モントリオールでこの映画の撮影   現場を観にいくかもしれなかったんだけど、正直、行かなくてよかったと観て   実感。だって、無名の人しか出てない上に、中世へのタイムトラベルという陳   腐な素材。今どき時空転送装置を出すんなら、もうちょっと工夫してくれえ!   って思った。     ●7位『スキャンダル』(シネカノン=松竹)………………▼▼☆-1  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9BM4/inandout08-22   よ:☆/冬ソナの紳士的なミニョンさんやチュンサンが大好きな日本女性はビック   リしたであろう。なんせメガネなし、髭、ヅラの3重苦。しかしそれをあえて   演じたペ・ヨンジュンに1票。やはり俳優というのは色々な役を演じるべき!   キムタクあたりには見習ってほしいものです。ラブシーンも思ったより濃厚じ   ゃなくて、綺麗だったですよ。    A:▼/いや、ワタシは野次馬的にどうせ観るなら濃厚なラブシーンを!と期待し   て行ったのでガクっときました。不完全燃焼です(笑)。ただヨン様、意外に   しっかりカラダ造ってるな〜と、それには目を見張りました。それに毛深い!   ハイ、完全な野次馬です(笑)。   ゴ:▼/まったく不完全燃焼だったわ(笑)。どこがR指定ですか?もしかしてヨン   様の“毛深さ”がR指定?(笑)それにしてもヨン様の肉体はどんどんマッチョ   に〜!先日配信した姉妹誌「ドラマ番付」でも書きましたが、今度発売される   ヨン様の写真集から公開された超マッチョなヌード写真見ました!?もはや   「愛してます」ってセリフより「ハッスル、ハッスル!」の方が似合いそうな   按配の肩甲骨!(驚)“ヨン様”というより“アニキッ”と呼ばせて〜♪ヨン様   あらため“ペ兄貴”の写真集&メイキングDVDに早くもプチ萌えの私です(笑)。    M:±0/未見ですが、韓国の男優って、顔に似合わず意外とカラダ鍛えてるんよ   ね。それも、韓流人気のかなり大きな要因では…(笑)と。「たいしてハンサ   ムでもないのに、何でみんなキャーキャー言うとんねん?」と思ってる日本人   男性には、一度、参考に見てほしいっすね。     ---------------------------------------------------------------------- ●8位『クイール』(松竹)……………………………………▼▼☆☆0  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7D1S/inandout08-22   A:☆/冒頭の仔犬のアップからもう胸がいっぱいに。原作ファンには待望の映画   化ね。昨年オンエアされたTV版もヨカッタけど、大スクリーンいっぱいのクイ   ールが早く観たかったの。一匹の盲導犬の生涯にあんなに沢山の人々とその愛   情が注がれていたとは!?クイールに関わった人々の中で、ワタシが一番惹か   れたのは育ての親・訓練士の多和田氏。映画では椎名桔平が好演してたね。か   なりの訓練を重ねて撮影にのぞんだんだろうけど、どう見てもプロの訓練士。   あの落ち着いた犬のエスコートぶりにはすごく感心したなあ。ワタシもいつか   機会に恵まれればパピーウォーカーになりたい。原作を読んでからずっとそう   思ってます。 雲:▼▼/盲導犬クイールの一生を感動的に描く…はずやったんやろぅ。本で大儲   けして、映画で二匹目のドジョウ、いやイヌを狙ったけど、これはあかんやろ。   初めから終わりまで、なんの感動もないんや。単なる盲導犬の一生ですという   ドラマになってしもとる。せっかく、クイールというええ素材がありながら、   味付けが出来とらんからマズイ料理になったんや。老犬になって引退してから   も「もう、頑張らんでもええんやでぇ」感が決定的に不足。クイールを観たこ   とを悔いーる映画やった。 ゴ:☆/確かに、映画版はあまりに淡々と描きすぎてメリハリっちゅーもんが無かっ   たが気がしますね。クイールの映像化ではNHKの連ドラ版が非常にエモーショナ   ルで出来がよかったので、つい比較しちゃうから余計に。でもクイール役のラ   フィーと主人公役の小林薫の演技がよかったので☆1コ献上!   こんな感動的な物語の原作者・石黒謙吾さんは、実はこんなにオモシロイ人!   → http://homepage2.nifty.com/ishiguro-s/ishiguro-s.html      ●8位『ビッグフィッシュ』(SPE)……………………………▼☆0  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001GY9Q4/inandout08-22   A:☆/今ひとつだった前作『PLANET OF THE APES 猿の惑星』から早3年。これ   ぞT・バートン!といえる会心作が登場。おすぎがあんまり誉めるから観てみ   たらほんとに傑作。おもちゃ箱をひっくり返したようなメルヘンと現実が交差   しながら物語は進み・・・、湖でのラストシーンはきっと夢ではないんだろう   なと思えてジーン。父親役のA・フィニー、ハートフルでほんとに素晴らしい   役者さんです。 P:±0/エドワードがウィルにあの話をしてくれ、と言う終盤はぐっときちゃい   ましたね。話を聞くエドワードも、話をするウィルも楽しそうで…。「人生な   んて、まるでお伽話さ。」観終わったあとには、このキャッチがすごく胸に染   みます。ロバート・ブシェミのちょっと抜けた演技も良い味出してます。 ●8位『デイ・アフター・トゥモロー』(FOX)………………▼☆0  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002UA3MS/inandout08-22   雲:▼/一口で言うたら、大自然のしっぺ返しっちゅう映画や。映画のテーマはバ   ツグンにええんや。地球温暖化の気象大変動で氷河期が来るっちゅう、なんや   よう分からんけど、すごそうでっしゃろ?地球にムチャばっかりする人間ども   の身勝手さに、怒りの猪木ビンタ炸裂と思てたらあんた、後半は見るのも恥ず   かしいベタベタ父子愛の物語に、地球は変貌を遂げておりました。CGで何でも   出来るんやさかい、もっともっと自然の猛威をみせてくれや。深海魚がでかい   口開けて、おねえちゃんのおいどに噛みつくとか、越前クラゲに埋め尽くされ   るとか…。言葉も凍りそうなパッとせん映画やった。   P:☆/『ドニー・ダーコ』で気に入ったジェイク・ギレンホール見たさで観た映   画(笑)。冒頭、スクリーンを直視していたら目が廻っちゃいました。『ID4(イ   ンディペンデンスディ)』の監督というだけあって、今回も迫力あるシーンが   続々。ストーリー的には何でこんなことが起こる?という感じだけど、まぁ割   り切ってみれば良いものですしね。ダメだしポイントはそれなりあるのですが、   日本人としてひとこと。「日本の描写、中国とかぶってへん?」 A:±0/地球温暖化が進むと、なんで氷河期がきちゃうのか?その謎は大いに解   けたけど、問題のSTORYはというと・・・。あれだけの大災害でジェイク・ギレ   ンホール他、メインキャストがほとんどセーフになるなんて有り得ないでしょ。   なんかヌルイ話。そこんとこ真実味に欠けて減点。   ●8位『コールドマウンテン』(東宝東和)…………………▼☆0  http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001GY9QE/inandout08-22   P:▼/印象に残っているのは、冒頭の無残にも多くの人が命を落とす場面。戦争   の怖さを象徴しているな、と。でもね、映画全体を通して淡々と話が展開して   いくところ、正直あまり得意じゃないです。この監督の『イングリッシュ・ペ   イシェント』は未だに未見なのですが、これも苦手なのかなぁ…。   (※『イングリッシュ・ペイシェント』↓     http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V1CI/inandout08-22 A:±0/『イングリッシュ〜』は素晴らしかったよ。でもこれはな〜。たった一   回のキスで、たった一晩共に過ごしただけで相手を想ってずっと生きていける   のか?あまりにオールドな気がして気持ちが入っていかなかった。この作品で   アカデミー助演女優賞に輝いたR・ゼルウィガー、たくましい田舎女を大熱演   してたけど、ワタシ的には『シカゴ』の彼女の方がずっと素晴らしかったと思   うんだよなあ。                      ◆◇◆       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!               ↓メール投稿はこちらまで↓               < gotown@a2.mbn.or.jp >    ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので     匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編     集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ゴ:さて、今回の言いたい放題のシネマ番付<上半期>、いかがでしたか?   映画の楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!   では次回、下半期の番付にて、またお会いいたしましょう。   See You!         ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは多彩なトレンド・トピックスを7つのジャンル別に、┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に500〜800本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!          ◆………………………………………………………………………………【全24本】        シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(22本)    ↓【新作】  ○『マンガの映画化』→「下弦の月」「デビルマン」「マインド・ゲーム」etc.  ○『ジャパニーズリメーク旋風』→今度は黒澤の名作をトム・ハンクス主役で!  ○『おたく映画』→日本「おたく」を題材にした映画に欧州が注目!  ○『超ベストセラーを映画化』→ラッセル・クロウ主演!舞台地へファンが殺到。  ○『戦争問うドキュメンタリー映画続々』→「華氏911」だけじゃない!  ○『モンゴル映画』→映画制作の条件はバッチリ、韓国資本の新しい映画館も!  ○『BSデジタル映画祭2004』→ひと月に国内外の映画を集中的に500本放送!  ↓【潮流】  ○『吹き替え版優位』→字幕だけでは複雑な物語を説明しきれない映画の増加で。  ○『名画リバイバルプチブーム』→映画復元技術の進歩やアーカイブ活動背景に。  ○『ブルース復活』→関連映画のヒットを背景におじさん音楽に若者も注目!  ↓【コラボビジネス】  ○『映画で観光振興』→東京テアトルが映画で自治体を支援  ○『「007」誘致』→湯煙の地・登別でのボンドの大活躍を期待して署名活動!  ○『食玩シネマ』→「水野晴郎シネマ館(カバヤ315円)」は2時間映画DVD付ガム。  ○『映画コラボバッグ』→仏映画のキーとなる「缶」をモチーフにしたバッグ!  ○『アウディー「RSQ」』→「アイロボット」主人公の愛車、2035年発売予定!?  ○『クイントエッセンシャリー』→カンヌ映画祭でVIP並み待遇も"手配"します。  ○『シネマテックルーレット』→ハリウッド映画の世界をゲームでも!  ○『フォックス スタジオ マーケット』→映画スタジオで野菜を買おう!  ↓【劇場革命】  ○『カラオケボックス・シアター』→カラオケボックスで仲間と映画鑑賞!  ○『フォグスクリーン』→通り抜けOK!映画予告に霧を使った映像が登場!  ○『UPLINK X』→日本で一番小さい映画館はラウンジスタイル  ↓【その他】  ○『骨髄バンク登録急増』→映画「半落ち」「セカチュウ」人気が人命を救う?      ※各トピックの詳細はWeeklyデータ版(有料サービス)でご紹介済みデス。  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai   └→『リボン&フリル』『ヒョウ柄』『パープル』『ラウンドトウ』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『ツル』『ヌード・キャスター』『トレンド☆フラッシュ!(14本)』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『生ライブ中継手術』『クリティカルパス』『品川メディカルモール』等  └───────────────────────────────────┘      ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃ ◇『マレーシア映画史上最大の意欲作』   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                <マレーシア編>                  ◆◇◆◇◆    マレーシアで現在公開中の『レダン山の姫君』(注:邦題は別の可能性あり。   原題は『Puteri Gunung Ledang』、以下PGLと略)は、制作費1600万リンギ   (約4億6400万円)、広告宣伝費450万リンギをかけた同国映画史上最大の意欲   作。「低予算のB級映画しか作られなかった韓国で『シュリ』の成功が映画界   の起爆剤となり、制作される映画の質が向上したように、『PGL』をマレー   シア映画界の転換点にしたい」という制作側の意気込みは確かに感じます。で   も、「はっきり言って(この映画の制作に使われた)いわゆるテクニックって   ヤツが、これ見よがしでウザイ」(あるブログにあったコメントをかなり意訳)   に私も同感なんだな。この映画は、15世紀後半のマラッカとジャワを舞台に、   いくつかの伝説や史実を組み合わせた一種のファンタジー。勇敢にして忠臣の   誉れ高いマラッカの英雄ハン・トゥアと、その美貌と立場ゆえ政略結婚に利用   されるジャワのマジャパヒト王国の姫君の悲恋は、細切れの回想シーンではな   く、その出会いから順を追って、文字通り直球勝負で描いてほしかった。   しかも2時間25分は長過ぎ。後半、ハン・トゥアとマジャパヒトの王様の対決   シーンがモロ香港映画なのには唖然。カンフーとか武侠物が大好きなウチの息   子達でさえ「あれ、シラット(マレー伝統武術)じゃないじゃん」「火柱立て   んなよ。まだ目がチカチカする」と指摘。                    ▽   一方、役者は皆、好演。しかし主演の2人の年齢(男性40代後半、女性30代後   半)を考えると、「この映画があと10年早く実現してたら…」と思わずにはい   られない。ハン・トゥアを演じたMナシール(この映画の音楽も担当)につい   ては、「まさに適役」「主君への忠誠と、愛との板ばさみで苦悩する内面を見   事に演じた」など軒並み好評価。でも昔から大ファンの私は「若い頃の、あの   心臓も止まるかと思えた男っぷりを皆さんにも見せたかった」と思うのです。   一方、相手役のティアラ・ジャクリーナの演技については評価が分かれてるみ   たいですが、私はそんなに悪くないと思う。何より3人の子持ちにはとても見   えない若さは立派。特筆すべきは、サルタンの正室、宰相、マジャパヒトの王   様、姫付きの侍女を演じたマレーシア、インドネシアを代表する名優達。もう   誰が助演男優・女優賞を取ってもおかしくない卓越した演技はさすが。一方、   サルタン役は「バカ殿」振りはよく出てるんですが、高貴な血が感じられない。   暴君だろうが、バカ殿だろうが、下克上で成り上がった君主じゃないんだから、   やっぱり、ある種の気品は感じさせないと。私は彼の歯並びが気になって仕方   がなかったっす。(了)      ☆PS.さらに、当コラムについての“濃ゆい”追記をブログにUP。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2004/10/post_5.html  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>   ・『新星“ニコラス・サプトラ”は要チェック』<インドネシア編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘