トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2004上半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『ご挨拶』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'04上半期(ベスト)』      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全24本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『(予告)』   ◇ トレキャ!・ブログ……『最新シネレビューはこちらをチェック!』   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!                        ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'04上半期(ワースト)番付』                  『最新シネ・ビズ情報(後編14本)』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!   ┌─┐   |こ|の時期は 「トレキャ!ドラマ番付」   └─┘ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    の「前クール総括&新クール期待度」の発行タイミングとも重なるために、    トレキャ!編集部内は、もうおおわらわ(苦笑)。    そんなわけで、予定よりもだいぶ配信が遅くなってしまいましたが、    DVDで鑑賞予定の皆様には、かえってちょうどよい頃合かと思います。    ぜひトレキャ!のスタッフレビューを参考に、秋シネマをご堪能くださいね。        ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2004年度上半期公開シネマ(本年正月〜6月末までに封切られた作品)を                シビアにランキング。          該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期を狙ってのお届けです。    秋のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        ↓ちなみに2003年度までのシネマ番付の結果はこちら↓           http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              ■『上半期番付!』■               (18点満点)         ※・LOR=ロード・オブ・ザ・リング          ・ハリポタ=ハリー・ポッター         ・MS&CW=メディアスーツ&クロックワークス  1位『LOR 王の帰還』(ヘラルド=松竹)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11 2位『シルミド』(東映)…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10 3位『ブラザーフッド』(UIP)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 3位『スクール・オブ・ロック』(UIP)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 4位『オアシス』(シネカノン)…………………………☆☆☆☆☆☆☆7 5位『ハリポタ アズカバンの囚人』(ワーナー)………☆☆☆☆☆☆6 5位『KILL BILL Vol.2』(ギャガ)…………………☆☆☆☆☆☆6 5位『殺人の追憶』(シネカノン)………………………☆☆☆☆☆☆6 6位『ラブストーリー』(MS&CW)………………………☆☆☆☆☆5 6位『世界の中心で愛をさけぶ』(東宝)………………☆☆☆☆☆5 6位『下妻物語』(東宝)…………………………………☆☆☆☆☆5 7位『21グラム』(ギャガ)………………………………☆☆☆☆4 7位『ラブ・アクチュアリー』(UIP)……………………☆☆☆☆4 7位『グッバイ、レーニン!』(ギャガ)………………☆☆☆☆4 7位『恋愛適齢期』(ワーナー)…………………………☆☆☆☆4 8位『コンフィデンス』(ギャガ)………………………☆☆☆3 8位『スイミングプール』(ギャガ)……………………☆☆☆3 9位『イノセンス』(東宝)………………………………☆☆☆☆▼▼2 9位『ロスト・イン・トランスレーション』(東北新社)☆☆☆▼2 9位『トロイ』(ワーナー)………………………………☆☆☆▼2 9位『ミスティック・リバー』(ワーナー)……………☆☆☆▼2 9位『フォーチュン・クッキー』(ブエナビスタ)………☆☆2 9位『ゼブラーマン』(東映)……………………………☆☆2 9位『海猿』(東宝)………………………………………☆☆2 9位『クリムゾン・リバー2』(ギャガ)………………☆☆2 9位『アップルシード』(東宝)…………………………☆☆2 9位『ソニー』(ギャガ)…………………………………☆☆2 10位『THREE/臨死』(角川)………………………………☆☆▼1 10位『ホテル・ビーナス』(アスミックエース=松竹)☆☆▼1 10位『半落ち』(東映)……………………………………☆☆▼1 10位『シービスケット』(UIP)……………………………☆1 10位『ドッグヴィル』(ギャガ)…………………………☆1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                                                     ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん    ───────────────────────────────    今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから。    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●          http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html        トレキャ!シネ番とは兄妹仁義メルマガでっせ〜!    ───────────────────────────────     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。   ----------------------------------------------------------------------      ●1位『LOR 王の帰還』(ヘラルド=松竹)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00009XLKX/inandout08-22   A:☆☆☆/足掛け3年の3部作、今年のアカデミー各賞を席捲した長い長い旅の   完結編。フロドとサムの苦難が観ているうちにドンドン憑依してきて、クライ   マックス、指輪と共にゴラムが滅びの山の裂け目に落ちていく場面、一瞬気が   遠くなっちゃいました。我に返ると大鷲がサムとフロドを運び去るシーン。友   人曰く始めからあの大鷲が2人を山に連れてけばあんな苦労もせずにすんだろ   うに!って、確かに言えてるね(笑)。サウロンが滅び、祖国ゴンドールに王   として帰還したアラゴルン、ほか旅の仲間達がホビット4人にひざまづく場面、   横の旦那がドン引くほど泣きました。オイオイ泣きました。あれは長い旅から   ワタシ自身も解放された瞬間だったのかも。旅を終えたフロドのその後にも何   とも言えない余韻が残ったなあ。名作!これは後世に残る不朽の名作です。 雲:☆☆☆/まぁ時間も長いけど、中身もスゴイなぁ。これに勝てるんは某北の国   のマスゲームぐらいやろ。あい変らず小汚い殿山泰司によう似た小悪党が、腐っ   た根性でみんなにどつかれとる。圧巻は闇の軍団VS国連軍との攻防やろ。象   の花子や太郎がプワープワーと、じゃかっしゃい!いうぐらい吼え倒してドド   ドドドと小錦の押し出しみたいに突進してきまんねん。国連軍VS闇軍団、神   様VS悪魔、キムタクVS雲谷斎……やっぱり正しい者、カッコエエもんが勝   つんかい。けっ。   P:☆/フロドが毒グモに刺されて糸でぐるぐる巻きになっちゃうところは何度観   てもゾクゾクしちゃいます。顔の部分だけ糸を取り除かれたフロドのあまりの   崇高さ(きれいじゃないですか?)にも息を飲んじゃうし。あと、指輪の魔力に   取り憑かれたフロドの心のゆがみが最高潮となる、崖でのシーンも好き。オレ   ンジ色の炎が心の揺れをうまく表現していると思うので。回を追うごとに見事   にハマった映画です。オタク監督と言われていたピーター・ジャクソンもこの   シリーズで全世界的に認められましたね。    ゴ:☆☆☆/この映画はねサムですよ、サム。そういう意味では「ハリポタ」もね、   ロンなんですよ、ロン(笑)。主役よりもその相棒の方に、3倍くらいの愛着を   感じてしまう物語はまずハズレなし!です。あと、こういう映像大作を見ると、   壮大な原作のイメージを最新テクノロジーで映像化できる時代に生きててよかっ   たと、とりあえず思いますね。そう思うと、逆にこれから100年後の映画を、   自分は絶対見られないわけで、それがすごく悔しかったりしますね。       ----------------------------------------------------------------------    ●2位『シルミド』(東映)…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9D4U/inandout08-22 よ:☆☆/感動したよー。エンドロールが終わってからもしばらく席に座って余韻   に浸ってたぐらい。またこれが史実だっていうところがすごい。主役のソル・   ギョングも『オアシス』の時のイメージとはガラッと変わってしぶーい役をやっ   とります。この人は作品ごとにまったく違う顔を見せてくれるからすごい役者   さんです。『ブラザー・フッド』と好みがわかれるところだけど私は断然こっ   ち派です。   M:☆☆/こういう政治の暗部をえぐり出して映像化するのって、勇気いるだろう   なあ。こないだ韓国ドキュメンタリーで『塵に埋もれて』ってのも観たんだけ   ど、これがまた女性監督が撮った硬派の社会派もの。おススメです。   ゴ:☆☆☆/今、タブーに朝鮮…じゃなくて、挑戦する社会派映画を撮らせたらハ   リウッドより上でしょうね、韓国って。主演のソル・ギョングって役者は来日   会見とかで「素」の本人を目の前にしても、ただの冴えないおっさん(笑)にし   か見えないわけですが、ひとたびスクリーンの中に登場すると、肉体改造も含   めて完璧に別人28号なんですよ。しかもどの映画もです。すげ〜役者です。     ----------------------------------------------------------------------    ●3位『ブラザーフッド』(UIP)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7CZK/inandout08-22   M:☆☆☆/戦争の意義を問い直すという意味で、『シルミド』もこの映画も、韓   国が自国のタブーに挑戦した大作。絶対、観る価値大。それに、ウォンビンて   意外と骨太なんだなー、とファンになったぞ。ただ今ドラマ『秋の童話』をチェ   ックしておりまする。 よ:☆/大好きなウォンビンとチャン・ドンゴンが出ているんだけど、どっちかと   いうと私は『シルミド』のが好きかな〜。なんだか「泣け!ほら泣け!」とい   われているようで…。しかし周りは泣いてる人続出でしたが。 P:☆/戦争というのは非常にストイックだな、と痛感した作品。個人的には、タ   イトルは原題の直訳『太極旗を翻し』の方が内容にしっくりくると思う。兄弟   愛をテーマとしているのだから、『ブラザーフッド』というタイトルも要を得   ているんですけれども…。   A:☆☆/戦争映画って苦手なんすよ。ドッカーン、バッラバラって人間がモノみ   たいに壊れていくでしょ。とても正視できないもん。でも韓流にノリ遅れちゃ   イカンと(笑)無理やり劇場へ。やはり物凄い戦闘シーンの連続に半分目をつ   ぶってたけど、朝鮮戦争ってなんだったのか?初めてふれたような気がして、   あまりの悲惨さに驚嘆。海を隔てた隣の国が今だ戦争状態だなんて。戦争勃発   前、街中で兄貴のジンテ(チャン・ドンゴン)が愛しい弟のジンソク(ウォン   ビン)のために2ウォンのアイスキャンディを1本買ってあげるシーンが忘れ   られない。あ〜っ、書いてるだけで涙が出てきちゃった。     ●3位『スクール・オブ・ロック』(UIP)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002HNQ8O/inandout08-22   P:☆☆☆/ジャック・ブラックの魅力全開で、観てるこっちまで熱くなっちゃい   ました。怪演万歳!随所にちりばめられているロックの名曲も良かったし、子   供たちのひたむきさも良かった。規則ばかりの毎日なんてダイキライ、そんな   反抗精神にもいたく共感。うむ。今でもいろいろなシーンが脳裏に焼きついて   ますが、中でも、デューイ(J.ブラック)がバンドから外されたときに言う台詞   ―(指3本を立てて)「行間を読め。」―、これはいわゆる伏字の類なんですが、   その表現の仕方に敬服。うますぎです。   A:☆☆/これはJ・ブラックによるJ・ブラックのための映画。後にも先にもコ   レ以上のハマり作品には恵まれんだろう、そう思う位ヨカッタです。半ズボン   もいかしてたよね。こんなハチャメチャな先生は絶対おらん!でもいて欲しい   ぞ!一般公募の子役もみんなキュートで◎。音楽っていいなあ。クライマック   スの一体感がケタはずれでジーン。エンドロールで最後の最後までシャウトし   つづけるブラック先生を観ていてそっくりさんが頭に浮かんだ。『シャイニン   グ』のJ・ニコルソン。 M:☆/おー、似てる似てる! ゴ:☆☆/さらにマイケル・ムーアもちょっと入ってない?(髪型と体形・笑)    ----------------------------------------------------------------------    ●4位『オアシス』(シネカノン)…………………………☆☆☆☆☆☆☆7   よ:☆/すんごい映画ですよこれは。なんつーか、パンチをくらったかのように見   終わった後ボーとなっちゃう、そんな感じです。なんといっても主演2人の演   技がすごいんです。ソル・ギョング演じる主人公は前半見ていてムカムカして   くるほど勝手な男だし、ムン・ソリ演じる障害者役の女性は、女優生命を懸け   て挑んだというだけあって、圧倒されます。日本の女優さんでこの役を演じれ   る人が果たしているだろうか?ラストの木を切るシーンは前半のむかつきとは   うってかわって、ジーンとしちゃった。    M:☆☆☆/私も、木を切るシーンで”ズキューン!”とやられてしまいました。   あんな愛情表現の演出があるなんてね。ここまで重症の脳性まひの女性の性を、   軽やかに、それでいて真剣に描いた映画は、今までなかったかも。 ゴ:☆☆☆/多くの韓国映画がウケるのはどこぞの映画みたいに“中途半端”じゃ   ないからだよね。恋愛映画にしても「そこまでするか」ってほど“あざとく純   愛”するし(笑)、本作の身障者とか、ほかにも戦争、ヤクザ…などタブーに切   り込むときも中途半端な手加減をしないから、そこに大きな感動が生まれる。     ----------------------------------------------------------------------     ●5位『ハリポタ アズカバンの囚人』(ワーナー)………☆☆☆☆☆☆6    雲:☆/今回から監督はんが代わったせいか色使いも妙に褪せて、トーンが違とる   んや。ディメンターちゅうヤツが、バキュームカーみたいにズズズッと人の顔   変わるぐらい魂を吸い込みよる。こんな吸引力の強い掃除機、ジャスコにも売っ   てない。ほいで、シリウス・ブラックゆう最悪の囚人が脱走したちゅうから、   死ぬほど恐いヤツやろなぁ…とわしゃ思たがな。顔もズルズルベッチョリで、   吐く息も3日目の靴下みたいに臭いとか。ところがあんた、ひっくり返りまっ   せー。これ以上言うと怒られるから黙ってよ。夏の定番の花火大会みたいなノ   リで、お祭騒ぎで見るぐらいの気分がちょうどええ映画や。 P:☆/原作と比較して削ってあるところ、ストーリーを組みなおしてあるところ   が目立ってたけど、それに対していろいろと賛否両論があるんじゃないかと思   う。それにしても、冒頭だけ観ても、監督が代わったというのは一目瞭然だよ   ね。くっきりと“色”が違うもん。    A:☆/監督代わって、ハリー君らの私服が随分カジュアルになったなあ。ワタシ   は以前より子供達に親しみを感じたけど、周りのファンには不評のよう。言っ   ても仕様がないんだけどダンブルドアもなあ(ため息)。後、鳴り物入りのシ   リウス・ブラック登場もインパクトが今ひとつ。総じて今回の作品は可もなく   不可もなくね。ワタシ的に『ロード・オブ〜』には遠く及ばないって感じで。   願わくば、ハリポタは冬に観たい映画なんで年末にやってちょうだい。     ゴ:☆☆☆/監督かわっても、ご贔屓のロンはあのロンのままなので☆3つ(笑)。   よ:±0/私はお気に入りのマルフォイが大人になりすぎてなんか変になっちゃっ   てたのでショックでした・・・・。        ●5位『KILL BILL Vol.2』(ギャガ)…………………☆☆☆☆☆☆6  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000YTR5A/inandout08-22 P:☆☆☆/手放しで喜んで観てました。乾いた感じが何とも言えず好きですね。   最後にはやっぱり「愛」なんだよなぁ、と強く思ったし。ブライドが棺おけに   入れられて土の中に埋められるシーンで自分まで息苦しくなったり、エル・ド   ライバーとの一騎打ちで手に汗を握ったり。パイ・メイのもとでの修行シーン   とかも、とにかく良い。自分もタラ監督と同じくらいマニアックなのかも(笑) M:☆/Vol.1とどっちが好きかっていうと、私はこっちが好き。   ゴ:☆☆/私も!スタッフ日誌参照(うわリンクだけかよ!すごい手抜きコメント)   http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200404152030000000011754000     A:±0/ワタシの場合、好きか嫌いかレベルじゃなくて、最後までちゃんと正視   できたからVol.1よりマシだったって感じ(笑)。目玉シーンもなんとかクリ   ア!何はともあれハッピーエンドでメデタシです♪       ●5位『殺人の追憶』(シネカノン)………………………☆☆☆☆☆☆6  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001M3XHY/inandout08-22 M:☆☆☆/これは掘り出しもの!!実際に韓国であった未解決の連続強姦殺人事   件をモチーフに映画化したもので、犯人が最後まで捕まらなかったという事実   があるだけに、「最後はいったいどうやってオチをつけるんやろか」と思いつ   つ観てたけど、うまい展開なんだわ、これが。つねにハラハラドキドキ、サイ   コ&サスペンス要素たっぷり。邦画の不朽の名作『砂の器』に、笑いまでちり   ばめた出来とでも言いましょうか。   ゴ:☆☆/秀作!警察も犯人も住民も、はっきりとは善悪つけがたい「ボーダレス」   の部分を抱えており、世の中には「100%の悪人」はいても「100%の善人」な   どいないという、ある種の救いのなさを思い知らせてくれる作品。ミステリー   としてのストーリー運びもウマイがキャスティングも見事。容疑者の一人を演   じているパク・ヘイルは、今月公開の主演映画『菊花の香り』(これがまた韓国   のお家芸的超純愛もの)では、マ逆の天使みたいな好感美青年を演じており、   その変幻自在ぶりに私の中では赤丸急上昇の韓国俳優。      ----------------------------------------------------------------------     ●6位『ラブストーリー』(MS&CW)………………………☆☆☆☆☆5  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00014N7MS/inandout08-22 M:☆/『猟奇的な彼女』にノックダウンされた私としては、同じクァク・ジョエ   ン監督作品なので、これは絶対に観たかった作品。で、ちょっと期待しすぎた   せいもあるのだけど、地味な展開にやや時間の長さを感じてしまった。 P:☆/観終わったあと、しっとりした気持ちになりました。母と娘の恋愛が深い   ところで繋がっているなんて、良い話やなぁ、と。ラストの蛍のシーンでけっ   こう泣いている人多かったですね。ぇ?自分ですか?それは秘密です(笑) ゴ:☆☆/本作については03年上半期番付第3位『猟奇的な彼女』にてコメント。   http://homepage2.nifty.com/cinema/2003/0928.html   ちなみに「月9」史上最大の汚点?ドラマ史上最大のパクリ王?の『東京湾景』   のせいで、この作品までもなんか汚されたような気がしてならん今日この頃。   (文句の続きは近々配信予定の下記姉妹誌でじっくり・笑)   ・ドラマ番付 http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html       ●6位『世界の中心で愛をさけぶ』(東宝)………………☆☆☆☆☆5  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002Z7QDM/inandout08-22 ゴ:☆☆/本作についてはドラ番第1位「セカチュウ」にてコメント。      http://homepage2.nifty.com/dorama/2004/0718.html       A:☆☆/映画、原作通りだったらあんなに泣けなかったでしょう。原作のあの膨   らませ方非常にヨカッタと思う。胸の中にある望郷の想いや10代の頃の思い出   がシンクロしてたまらなく切なくなりました。エンドロールの「瞳をとじて」、   平井堅の声が途切れて劇場内が明るくなるまで席を立つことができなかった。   顔が涙でスゴイことになってたっていうのに(笑)。今年の夏はドラマと2倍   の相乗効果で『セカチュウ』に始まり『セカチュウ』で終わったね。     ----------------------------------------------------------------------    ●6位『下妻物語』(東宝)…………………………………☆☆☆☆☆5  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002X7IXC/inandout08-22 A:☆☆/コレ観て深キョンが大好きになったワタシ。あんな田舎にロリータ!?   実際いるんだよね〜。今夏キャンプに行った丹沢で中津川の石ころゴロゴロの   河原をしゃなりしゃなりとねり歩くゴスロリねえちゃん達をあたしゃ目撃。き   っと仲間でアウトドアに来たんだろうが、ロケーションから凡そかけ離れてい   ても着たいモノ着てくる彼女らの根性に脱帽っすよ。あんなヒールの高い靴履   いて河原をこけずに歩く。ドレスを濡らさず川で遊ぶ。ある意味スゴイ。日本   各地にマリー・アントワネットの末裔もしくは生まれ変わりはわんさといるよ   うです。     よ:☆☆/ほんと、深キョン見なおしちゃったね。大根だ大根だと思ってたけど、   これぐらい強烈なキャラをやらせればよかったんだとなんか納得。脇の俳優さ   ん達もかなり豪華で、会場中爆笑してました。ジャスコはこれでかなりイメー   ジアップ?に違いない。初めて映画を撮ったという監督さんにこれからも期待!    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『21グラム』(ギャガ)………………………………☆☆☆☆4  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVBQ/inandout08-22 A:☆/“誰かがいつか失う重さ”って何?不幸な出来事に翻弄されながら、やが   て重なっていく3人の男女の運命やいかに?好奇心からワクワク観に行ったら、   あまりに重たくてドンヨリしちゃった。物語の軸になる男女に扮した3人の役   者(ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ)の大怪演にKO   負け。“絶望の果ての希望の物語”なんでラストは幾分救われるけど、これか   らDVDチェックするならノーテンキな時狙って。凹んでる時だと寝こんじゃう   かもよ(大げさ?)。   M:☆/うんうん、確かに『21キロ』のまちがいかと思うほど重かった。これって、   同じ出演者で舞台で観たいなあ。   ゴ:☆☆/「見つめられただけで妊娠する」とうたわれるほどの魅惑のヤブ睨み…   いえ、セクシー流し目の持ち主“トロさま”がこの作品のPRで来日した時、ベル   トの上にドッサリ乗っかった彼の贅肉を見て、ついに自ら孕んだのかと。まさに   “21キロ”の間違いかと…(笑)。でも太っててもやせてても、「不健康」さが魅   力の怪優さんですからね、爽やかな健康体でいられるよりずっとマシです。         ●7位『ラブ・アクチュアリー』(UIP)……………………☆☆☆☆4  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001851BO/inandout08-22   雲:☆☆/なんでこの映画を12月のクリスマスシーズンに公開せえへんねん。こう   いうハートウォーマーな、それもイヴの日にすべてがハッピーに帰っていくよ   うな秀作を、2月に封切りするようなブサイクなことするなよ配給会社。   19人が入り乱れて、人生のちょっとした事件があっちゃこっちゃで巻き起こる   んや。ほいで、そのどれもが恋とか愛とかの出会い系やねん。普段着に近い共   感でフワ〜ッと包んでいきながらやねぇ、イヴにみんなの心に小さい奇跡が起   こるんだす。このクライマックスはええでぇ。出来過ぎとわかっててもええん   や。あっぱれ!監督の手腕やねぇ。 P:☆☆/試写でも観て、公開になってからも観に行った作品。(自分はこういう   パターン多いんですよ、実は)全部のエピソードがほんわかとしてあったかく   て胸にじーんときたなぁ。特に、売れない作家と家事手伝いの恋。うん。それ   にしても、本来ならクリスマス向けの作品なのに、配給の関係でバレンタイン   時期になったのがちょっとイタかったな。     A:±0/非常に期待して観たんですけど、今ひとつワタシの琴線に触れなかった   んだな。胸あたたまる恋のエピソードはそれなりに楽しめたんだけど・・・。   唯一グッときたのはH・グラントのダンスシーン!あんな恥ずかしいことよく   やってくれました。アッパレ、またまた惚れ直したわん。     ●7位『グッバイ、レーニン!』(ギャガ)………………☆☆☆☆4  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002VL6PU/inandout08-22   P:☆☆☆/ベルリンの壁が崩壊した時代のある家族の物語で、息子の母親を思う   気持ちがあまりにもあったかくて良いんです。この映画はひとりで観に行った   んだけども、我慢して我慢して我慢してたのに、最後の最後でこらえきれずに   泣いちゃいました。   ゴ:☆/たぶん三分の二くらい寝ちゃってて今となっては内容もさっぱり覚えてな   いんですが、MY試写ノートには「☆」ひとつつけてあるんですよ。覚えてない   けど起きてた三分の一が、きっとおもしろかったに違いありません(トホホ)。       ●7位『恋愛適齢期』(ワーナー)…………………………☆☆☆☆4  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002XG8M4/inandout08-22   M:☆/D・キートン、J・ニコルソン、そこに割って入るK・リーブス。3人の   恋愛模様を描いたラブコメ。とりあえず、キアヌに言い寄られるダイアンがう   らやましいなあというだけで☆1こあげてしまった。願望かい?!    P:☆/恋愛をするのに年齢なんて関係ない、と声高に主張している映画。これは   女性ウケの良い映画なんじゃないかなぁ。自然体に見えるダイアン・キートン   の演技が素晴らしかったし(かつ、かわいかった)、ジャック・ニコルソンの   「恋」に気づいてどきまぎしてる感じもキュートでした。メッセンジャー(い   わゆる、チャット)が出てきたりするところもなかなか小道具上手だな、と。   キアヌ・リーブスが霞んで見えたのは言うまでもないことかな。   よ:☆/ダイアン・キートン、キュート!こういう可愛いらしさを忘れない大人に   なりたいと思ったです。そしてこういう大人向け恋愛映画がもっと増えてもほ   しい。    ----------------------------------------------------------------------    ●8位『スイミングプール』(ギャガ)……………………☆☆☆3   M:☆/金持ちの女流小説家(シャーロット・ランプリング)が、南仏の別荘で若   い娘と同居するっていう話で、途中までは「ありきたりの話やなあ…」と退屈   してたんだけど、後半から全然違う映画になっていくのがおもしろい。それに、   60歳近いS・ランプリングはヌードを惜しげなく…!つくづく、女優の”脱ぎ   方”に女優魂を見出してしまう今日このごろ。ちなみに、彼女は、若い頃の名   作『愛の嵐』でのデカダンなヌードが鮮烈でした。ぜひチェックを。    ゴ:☆/今期は上の『恋愛適齢期』にしろ、本作にしろ、オトナの(というか、熟   女の?)魅力全開の作品に良作が目立ちましたね。本作は、ぼんやり見てたら   ラストの方で、「え、ええ〜っ!」とガツンとやられて、驚きましたな。     ●8位『コンフィデンス』(ギャガ)………………………☆☆☆3  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002FQLAQ/inandout08-22   ゴ:☆☆/酒場で標的以外の全員が仕掛け人となって男を罠にかけることから始まる   詐欺バトル。オレオレ詐欺にかかりやすいと思われる方、ぜひこの作品を見て、   己のだまされやすさを反省しましょう(笑)。    ----------------------------------------------------------------------     ●9位『イノセンス』(東宝)………………………………☆☆☆☆▼▼2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000APYMZ/inandout08-22   雲:☆☆☆/人間とサイボーグと人形が共存する世界。妖しく耽美的にトロトロと   してるんやけど、無機質でバイオレンシーな破壊を肯定する空気がキーンと張   りつめとるんや。世界征服した中国のなれの果てみたいな世界が、華麗と醜悪   の裏表でみごとに描かれてるのもたまりまへん。画面転換の時に奏でられる   「傀儡謡」のハーモニーが紹興酒トリップのように、わしの脳波を揺らしよる   んや。人でもなく、人形(ロボット)でもないサイボーグである主人公の生き   方が哀しい。つぎつぎと破壊されていく少女人形が哀しい。   よ:▼▼/これは例えていうなら大学の立派な教授の授業を聞いてる感じ。なんか   すっごく大事なことを言ってるように感じるんだけど、聞けば聞くほど眠気が   襲ってくるという、あれです。とにかくセリフが難しく哲学っぽいし、後半い   きなり出てきた「素子」の登場で私の頭は考えることを放棄しました。どうや   ら『攻殻機動隊』の続編らしく、それならそうと早くいってよー。でも私の少   ない脳みそでは、1を見ても理解できたかは不明ですけど。    ゴ:☆/レンタルDVDについてた本編前の予備知識ガイドはそういう人のため?(笑)   『ブレードランナー』のシド・ミードの美術(セット)みたいな背景も、球体関   節人形をモチーフにしたロボットも、ともにサイバーとレトロがミックスした   妖しい魅力があって嫌いじゃないのですが、いかんせん、この作品世界の“引   用系のセリフまわし”が私の頭だとついてけないんですよ。あと、口パク、目   パチなしで展開される会話のシーンも最後まで違和感があって慣れなかった。      ●9位『ロスト・イン・トランスレーション』(東北新社)☆☆☆▼2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000YTR5K/inandout08-22   A:☆☆/そこはかとなく可笑しくて、寂しくて…大好きな作品。異国の地・トー   キョーで芽生えた“ひとときの恋心は永遠の想い出に変わる”って予告編から   していいなあと思ってました。スッキリ透明で物憂げな表情がいいS・ヨハン   センはS・コッポラ作品に特有なパステル感にピッタりだったし、B・マーレ   イも巧いのよね。そこにいるだけで心を和ませるあの存在感。他のキャスティ   ングは考えられなかっただろうなあ。2人の新宿での別れのシーン、ワタシの   心にも永遠に残りそうです。 P:☆/ビル・マーレーがホテルのジムで慌てるところ、おかしかったです。でも、   その笑いさえをも哀愁へと変えてしまう映画の撮り方はすごいと思った。    M:▼/うーん、雰囲気は嫌いじゃないんだけど、ゲーセンで遊んだりカラオケ行   くとこが、『WASABI』と同じじゃん!と思ってしまった。ヨハンセンももっち   ゃりしてて、ちょい苦手。     ●9位『トロイ』(ワーナー)………………………………☆☆☆▼2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000YTR8M/inandout08-22   雲:±0/オリンピックをやったギリシャの王さんをアホ、ボケ、カスと散々のの   しって、他国がメダルをガッポリ持って帰るギリシャブーイング映画やがな。   トロイのスケベ王子がギリシャの姫をお持ち帰りさらしよったさかいに、千隻   の船で「われ、いてもたろか!」と攻められるんや。劣勢のギリシャ、イタチ   の最後っ屁攻撃は有名なトロイの木馬や。根性ババ色の手ぇ使いやがって、そ   れ闇討ちちゃうんかい。   A:☆/紺碧の海にブロンドのブラピ。美しかったね〜。扮するヒーロー・アキレ   スの剣捌きもお見事でした!でもほんとのとこ、この作品で拾いモンだったの   は、アキレスのライバル、ヘクトルに扮したE・バナ。ブラピよりちょいステ   キだったかも。後ね、スパルタ王妃・ヘレン役のD・クルーガーはすごくキレ   イだったけど、アキレスと恋に落ちるトロイのプリセウス(R・バーン)は平   凡すぎやしなかった?ブラピが命を賭けるほどでもないだろに。そう思ってる   に違いない世界各国総勢1億人?のブラピファンの代弁で〜す(笑)。   よ:☆/そうそう、よくぞ言ってくれました。まさにその通り。このために肉体改   造したブラピは美すぃ〜。なのにその相手がコレじゃぁ納得いかないわさ。ヘ   クトル役のエリック・バナは格好良かったけど、O・ブルームがヘタレ役で全   然イケてなかったですね。お前が全部悪いんじゃねーかー!とツッコミたくな   る役で。     ●9位『ミスティック・リバー』(ワーナー)……………☆☆☆▼2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001FX6FU/inandout08-22   雲:±0/暗い・重い・うっとぉしい映画ですなぁ。笑いのかけらもないので、肩   凝ってグターッと疲れてしまう。そやけど、真正面から逃げんと人間のトラウ   マの深さと、不信感とを追求した映画は、ここしばらく無かったんとちゃうか。   主人公、三人の男の演技がええ。ただ、致命的にあかんとこは最後に明かされ   る、殺人犯はこいつですシーンや。おいおい、それはないやろ。ストーリーの   中で何のヒントもなしに、いきなり犯人はこいつでした!はムチャや。旨いう   どん食うて、ダシはカツオでしょうか?コンブでしょうか? 答えはヒガシマ   ルのうどんスープで〜す、残念でした、みたいな後味の悪さや。 ゴ:☆☆/5位の『殺人の追憶』同様、「100%悪人」はいるかもだけど「100%善   人」なんて人間はこの世にはいないということがトラウマを軸に伝わってきて、   救いがないのだが、逆にそこがこれまでのぬるい映画にはなかった評価すべき   点。あと“雲”さんがご指摘の部分、真犯人はこいつですシーンのあの唐突さ   は、事件の悲劇性を余計に強調するようで見ていて落ち込んだので、ある意味   効果的だったようにも思っとります。    A:▼/非情なラスト。ストイックすぎて・・・・、あまりにつらい物語。でもこ   れが現実!そうつきつけられるような作品。ここまで観客を落ちこませるなん   てC・イーストウッド監督の手腕はスゴイ。主人公3人(S・ペン、T・ロビ   ンス、K・ベーコン)の全く隙のない演技も賞賛に値する。でももう一回観ろ   と言われても絶対にワタシは無理です。      ●9位『フォーチュン・クッキー』(ブエナビスタ)………☆☆2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9D4K/inandout08-22   よ:☆☆/いわゆる「入れ替わり」もので、昔から使い古されたテーマなのに、す   ごくおもしろかった。たぶん主役の2人のなりきりぶりがよかったかと。娘役   (映画ではお母さんになってしまう)の子すごく可愛いし、母親役(娘になっ    てしまう)の役者さんもハジケててよかったです。宣伝が地味だったから見   た人少なかったかもだけど、すごく笑えて最後はホロッとさせてくれるお薦め   の映画です。     ●9位『ゼブラーマン』(東映)……………………………☆☆2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00016ZLIO/inandout08-22   A:☆/哀川翔を超メジャーにした映画といえばコレ。主演100本目の記念すべき   作品で、Vシネ・キングは今やTVのバラエティも軽くこなしちゃうお茶の間の   アイドルとなりました。みんなのアニキです。ご多分にもれずワタシもこの映   画を観てからすっかりアニキとの距離が縮まりました。「白黒つけるぜぃ」っ   て、あ〜シマウマだから(笑)。さすがクドカン、笑わせるぜぃ。   P:±0/ハイロウズの主題歌がものすごくぴったり合っている、と思いましたね。   ●9位『海猿』(東宝)………………………………………☆☆2 雲:±0/海上保安庁の潜水士訓練を描いた絵に描いたような正しい青春映画っちゅ   うわけや。昔やったら、加山雄三が主演になるんやろぅ。この映画。もう話の   先が読めて読めて…。汗臭さと爽やかさを感じへんことはないけど、うーん、   海保訓練生のリアリティちゅうのが伝わってけえへんのや。一生懸命、役者が   演技してるだけやねん。事故シーンと感動の救出劇という山場もなぁ…。本編   が終わって、エンドロールが流れた後の出来事はよかった。これで次につながっ   たんとちゃうか。   P:☆/ひとことでいうならば、男泣きできる映画。かなり骨太。エンドロール後   も席を立たず、じっと座っている人が多かったのも特徴かなぁ。『U-571』を観   たときもこんなふうに(館内に灯りが灯るまで)座っている人が多かったこと   を思い出しました。。エンドロールが終わったあとに次回予告さながらのもの   を出すのも、上手いなと思った。 A:☆/ワタシも男泣きしました(笑)。何も考えないで観れて、ワァ〜っと泣け   て、後味すっきり。コレ、ワタシの映画の楽しみ方の基本だから。伊藤君、訓   練大変だったと思うけど、よく頑張ったね♪      ●9位『クリムゾン・リバー2』(ギャガ)………………☆☆2 雲:±0/はっきり言わせてもらうと、この映画でのレノ様の存在感が成層圏のよ   うに希薄やった。若手のレダ刑事にええとこみんな持っていかれてまっせー。   ヨハネの黙示録や七つの封印の謎っちゅうけど、知らん知らん、わしら大仏の   民には訳が分からんのじゃい。黒マントと若手レダ刑事の追いかけあいは、世   界陸上障害物競走を見るようで、わし、赤勝て!白勝て!と黄色い声援をおくっ   たで。映画の前半はミステリー、後半はインディジョーンズみたいな活劇になっ   とりましたけど、クリムゾン・リバーよ、どこへ流れて行くんや? ゴ:☆☆/このシリーズはオカルトな要素と謎解きがキモなんですが、今回の「2」   は、なんだか辻褄あわせが強引で、無敵の黒マント軍団の驚異的な強靭ぶりの   理由づけにしても「んな、アホな」みたいな感じだし、すごい大業な真実がある   ようでいて「は?それだけのこと?」みたいなオチだし、ほんとジャン・レノは   年だけ食っちゃってスイマセン!ってな雰囲気だったりするんですが、私の好き   なオカルトトーンだけはかろうじてキープされてたんで、次回の「3」への期待   もこめて☆2つ(笑)。       ●9位『アップルシード』(東宝)…………………………☆☆2  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9BME/inandout08-22   雲:☆☆/オタク=根暗の図式は、銀河の彼方イスカンダル方面に飛び去り、今や   オタクは世界に通じるマニアの称号とあいなりました。そのオタクに大人気な   のはジャパニーズアニメや。攻殻機動隊とか、AKIRAとか、分福茶釜とか   がヨン様状態になっとるんや。破壊された地球で、まだ戦い続けてる女戦士、   デュナン・ナッツちゃんは華奢な体やのにめちゃくちゃ強い。テコンドーの岡   本みたいや。目が大きすぎてキラキラお星さんみたいやけど、デュナンが魅力   的に作られとるんや。世界のトップを快走するジャパニーズアニメの実力をか   いま見るんやったら、この作品も人知れずよろしおます。     ----------------------------------------------------------------------     ●10位『ホテル・ビーナス』(アスミックエース=松竹)☆☆▼1  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001A7ANO/   雲:☆☆/わし、こういうワケ有りのやつらがムワムワと集まって、喜怒哀楽事件   を起こすっちゅう話が好きやねん。初めはわし、こらクソ退屈映画かいなぁと   激しく後悔をしたんや。ジトーッとした粘い空気感がたまらんかったしなぁ。   暗い少女と、草なぎ青年の演ずるホテル世話人との不器用なふれあいが始まり   出してから、どんどん暗雲が晴れていくように話が良うなっていくんや。一言   で言うと、テーマは胎内願望やな。疲れきった者が傷を舐めあうように、胎児   みたいに丸まって暮らすことが出来るやすらぎのお宿です。   M:±0/期待大だったのに、見逃してしまった作品。出演は日本人なのに、せり   ふは韓国語で、字幕付きってのはおもしろい趣向。草なぎ剛クンが「中谷美紀   ちゃんもほかの出演者もいつ練習したのか韓国語が上手で、僕には誰も聞きに   きやしない」って言ってたのが笑えました。早くレンタルDVD借りよっと。   P:±0/青みがかった映像が、最後にクリアになるところが主人公の心の持ちよ   うを表していて良かったなぁ。でも、ストーリー的にはイマイチ乗り切れなかっ   た。 A:▼/好き嫌いの分かれる作品よね。ワタシは最後まで退屈で半分寝ちゃいまし   た。起きた時、周りの観客なんでみんな泣いてるの?みたいな感じで。       ●10位『半落ち』(東映)……………………………………☆☆▼1  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001AE1WW/inandout08-22   雲:☆/暗くて、すべての道に出口が無い救われん映画やった。見た後、わし便所   の雑巾みたいにぐったりと疲れ切ってしもた。毎日放送の角アナウンサーも、   「つらい映画やぞぉ」とテレビで言うとったけど、ほんまその通りやなぁ。   半落ちとは、警察用語で半分自白したという意味なんや。残り半分がまだっちゅ   う訳や。この映画では、その残り半分の真実が小錦が100人ぐらい集まったぐら   い重いんや。成人式で暴れ倒してたドアホども、こういう映画を鑑賞して「生   きる」とは何やっちゅうのを勉強せい。最後に明かされる新宿のヒミツの人へ   の落としこみは、わし共感できんかったなぁ   M:▼/まんまと泣かされる一歩手前まで行きましたが、最後の裁判シーン、判事   役の吉岡くん(『北の国から』の純)の、あまりに似合わない判事ぶりと、意   味のない長ーいせりふに、サーッと波が引くような思いでした。 A:±0/そうそう、グワァ〜っと盛り上がってきたのに最後は不完全燃焼ってい   う・・・。ワタシも半泣きで劇場を後にしました。 P:±0/ところどころ「ぐっ」とくるところはあったけれども、原作支持派です。   ゴ:☆/下記「シネビズ」コーナーもご参照ください。        ●10位『シービスケット』(UIP)……………………………☆1  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVB6/inandout08-22   A:☆/減量してジョッキー役にトライしたT・マグワイア。スパイダーマンばか   りじゃない演技派ぶりに好感度さらにアップ。物語の舞台は大恐慌時代のアメ   リカ。それぞれ心に深い傷を持つ3人の男達(T・マグワイア、C・クーパー、   J・ブリッジス)がアメリカ競馬史に残る名馬“シービスケット”に引き寄せ   られ、その快進撃と共にアメリカン・ドリームを実現する。これは実話。原作   本も読んだけど凹んでる時とてもはげまされる作品かも。後味ヒジョーにすが   すがしいっす。   ●10位『ドッグヴィル』(ギャガ)…………………………☆1  http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002B5A5M/inandout08-22   P:☆/白線だけで区切ったセットの中で繰り広げられる、表面上は穏やかな人間   模様。皮を一枚はぐと、人間はこうもおぞましいものなのかと唖然となった。   この作品は革新的映画として評価したいですね。映画全体としてはトーンが暗   めで「静」のイメージなのに、エンドロールではその真逆の「動」。観終わっ   たあと、このコントラストが効きました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!               ↓メール投稿はこちらまで↓               < gotown@a2.mbn.or.jp >    ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので     匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編     集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)       ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは多彩なトレンド・トピックスを7つのジャンル別に、┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に500〜800本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!          ◆………………………………………………………………………………【全24本】        シネマ関連トレンド☆フラッシュ!        前編・後編と分けて掲載予定でしたが、        この号が肥大化(笑)して入らなくなってしまった関係上、        24本すべて後編の「上半期ワースト番付」にてお届けします!     ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘        ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆           こちらも<マレーシア編>の前編を掲載予定でしたが入りきらず。。    おっかけ配信いたしますNo.2の方でお届けします!    お楽しみに!    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>   ・『新星“ニコラス・サプトラ”は要チェック』<インドネシア編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘      ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘              〜スタッフ日誌・スタッフ通信〜          お馴染の本・映画・ドラマ・日々のつぶやきなどなど        いろんなネタで盛り上がってます!        シネマ情報もちょくちょくUPされていますよ。            ◆トレキャ!“裏”編集部ブログ        http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/        左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作を        リストUP。アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを        読み比べてもらうのも一興。         ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページ        http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html         現在公開中、これから公開予定作品のスタッフレビューなどは        こちらでチェック!         ●読者の皆様からのご投稿も常時募集中!        投稿メールはこちらまで→ gotown@a2.mbn.or.jp                    ※匿名希望orペンネームをご明記ください。       ※誌面掲載NGの場合はその旨をご明記ください。       ※誌面の都合上、投稿文を編集させていただく場合もあります。       ご了承下さい。