トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(2/2) 〜2004下半期ワースト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ クロストーク(後編)……『シネマ番付--'04下半期(ワースト)』                  +                 '04年度ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤー      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全23本)』   ◇ 海外発!シネマ情報……『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』   ◇ トレキャ!・ブログ……『最新シネレビューはこちらをチェック!』      ◇ 各種有料サービスのご案内…… 現在3種類のサービスを提供しています!    ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆              この「シネマ番付」は前後編で1セットです。           今回は先日配信しました前編(No.1)「下半期ベスト」に続き、         後編(No.2)「下半期ワースト」のお届けです!             ※この後編(NO.2)からご購読をスタートされた方は         下記のバックナンバーで前編(NO.1)をご覧下さい。   http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200503121050000000117241000                   ◆◇◆                                  ↑IN!       -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT!               ■『下半期番付!』■               (-18点満点)           1位『ヴィレッジ』(ブエナビスタ)………………………▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9 2位『2046』(ブエナビスタ)………………………………▼▼▼▼▼☆-4 2位『僕の彼女を紹介します』(ワーナー)………………▼▼▼▼-4 2位『キング・アーサー』(ブエナビスタ)………………▼▼▼▼-4 2位『誰にでも秘密がある』(東芝エンタメ)……………▼▼▼▼-4 2位『IZO』(チームオクヤマ)………………………………▼▼▼▼−4 3位『マイ・ボディガード』(日本ヘラルド=松竹)……▼▼▼☆-2 3位『TUBE チューブ』(松竹)……………………………▼▼▼☆-2 3位『サンダーバード』………………………………………▼▼-2 3位『感染 予言』(東宝)…………………………………▼▼-2 4位『ヴァン・ヘルシング』(ギャガ、他)………………▼▼▼▼▼☆☆☆☆-1 4位『ゴジラ/ファイナルウォーズ』………………………▼▼☆-1 4位『約三十の嘘』……………………………………………▼-1 4位『血と骨』(松竹/ザナドゥー)………………………▼-1 5位『スカイキャプテン』(ギャガ)………………………▼▼▼☆☆☆0 5位『エイリアン対プレデター』……………………………▼▼☆☆±0 5位『テイキング・ライブス』(ワーナー)………………▼☆±0 5位『キャットウーマン』(ワーナー)……………………▼☆±0 5位『シュレック2』(UIP)…………………………………▼☆±0 5位『コラテラル』(UIP)……………………………………0 5位『スクール・ウォーズ/HERO』…………………………▼☆±0 ↑ └注)プラマイゼロのワースト番付5位の作品はベスト番付では9位に相当します。                     ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆      ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS               雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん    ───────────────────────────────    お馴染みの読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちら。               「ゴクラク映画感」          http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html     こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!        トレキャ!シネ番とは兄妹仁義メルマガでっせ〜!    ───────────────────────────────       ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。                    ◆◇◆  ----------------------------------------------------------------------    ●1位『ヴィレッジ』(ブエナビスタ)………………………▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9 ( http://tinyurl.com/53x2y ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)     A:▼▼/わかっちゃいたけど、またM・ナイト・シャラマン監督にはガックリさ   せられたわ。あれだけもったいつけてあのラストかよ。オチも後半完全に読め   てたしね。これだけ悪態ついても、また次回作は観に行ってしまうの、おそら   く。それはキャスティングの妙。今回のホアキン・フェニックスやエイドリア   ン・ブロディ、キャスティングだけは素晴らしかったです。   雲:▼▼▼/わし、地雷を踏んでしもたがな。開けたらあかん箱を開け、見たらあ   かんものを見てしもた。まぁどえらいババタレ映画でっせー。初めは異色ホラー   かなぁと思てたんやけど、1時間たってもモモンガ一匹出てこん。禁断の森を   抜けて町へ薬もらいに行きよるけど、今度こそ化けもん出るやろと、わし生唾   を飲んだんや。明かされる村の秘密。あっちゃー、そんなんアリかよー。わし   飲んだ生唾、吐き出してしもたわい。こら監督、ナイト・シャマランちゅう名   前やめて、ナント・シマランにせい。   ゴ:▼▼/↑(笑)。まったく、このまま「B級路線」をひた走るつもりでしょうか?   『シックスセンス』の衝撃が忘れられない者としては、新作が出るたびに「今   度こそ再び!」と期待してしまうんですよ。最初のイッパツだけでここまでファ   ンの心をひっぱるとは、まるで貴方の今の映画そのもの(笑)。巷では'04年ワー   ストの名高い『デビルマン』ですが、今回当番付にはエントリーすらされなか   ったため(笑)、'02年度下半期の『サイン』に引き続き、シマラン監督の本作が   見事2度目の「ワースト1」受賞となりました。おめでとうございます!      P:▼▼/シャマラン監督は自己満足の域に達しているのではないかと思う今日こ   の頃。  ----------------------------------------------------------------------    ●2位『2046』(ブエナビスタ)………………………………▼▼▼▼▼☆-4 ( http://tinyurl.com/6u6xy ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   P:☆/ウォン・カーウァイ監督の映像の撮り方は、陰があって良いと思う。何と   も言えぬ退廃的な感じ。そして、淫靡とも言えるような濃厚な色使い。特に女   性の撮り方は特筆すべきところで、ささいな心情の動きをも綺麗に写し撮って   いる。久しぶりに映像に酔える作品でした。そして、この作品には木村拓哉氏   が出る必要性があったか?と、考えてみました。答えは90%ノー。公開にあたっ   て、氏の出演シーンが格段に増やされたそうですが自分としてはオリジナルの   8分バージョンでも良かったのではないか、と。氏抜きでも完成された作品と   なっていると思うんだけどなぁ。 M:▼▼/昨秋に初めて取材で行った「釜山国際映画祭」のオープニング作品。そ   れなのに、全然乗れなかった。もともとウォン・カーウァイの映画って、個人   的にはどれも波長が合わんので、それほど期待はしてなかったんだけどね。女   優陣の豪華さがもったいないなーと思った。ところで生トニー・レオンは、背   が低いけど、ソフトな笑顔がナイスな人だったよ〜。   A:▼/え〜、生トニー・レオンに会えたの?うらやましい!ワタシもウォン・カー   ウァイ作品はそんなに得意じゃないから、この作品もキムタク拝みに観に行っ   たんだけど肝心のキムタクの必要性は皆無だったね。あのオールバック、スマ   スマのコントみたいで失笑。筋があってないような展開に何度も居眠りしそう   になったけどトニー・レオンとチャン・ツィイーの恋愛模様だけはステキだ   たかも。チャン・ツィイーに役者としての成長を見たような気がして。    よ:▼▼/私はキムタクファンです。さらにこの映画を見る前にちゃんと『花様年   華』も見て予習しました。でもでもこの映画はダメだった。まずトニー演じる   主人公がじれったいというか、分かりづらくてイライラするんですわ。(でも   トニーのファンだけどね。MARSさんうらやましすぎ!)これがウォン・カーウ   ァイの作品世界だと言われたら、私には合わない作品なんだろうと、はい。    ゴ:±0/トニー・レオンがここでそんなに人気とは知らなかった(笑)。私の生ト   ニー体験は10年以上も前だったので今ほど知名度もなく、その時に撮らせても   らったスナップを観た叔母がひとこと…「その人、彼氏?」(おい!笑)。確か   にスクリーンの中ではオーラ出まくりの彼ですが、素はあまりに普通でいい人っ   ぽく、プライベートでのパートナーであるカリーナ・ラウ(「インファナル・   アフェア」でもクールな“ボスの女”を演じていてステキ!)との長きに渡る   付き合いぶりなどみても、芸能界ピカイチ一途な男!と好感です(まだ別れて   ないよね?笑)。    ---------------------------------------------------------------------- ●2位『僕の彼女を紹介します』(ワーナー)………………▼▼▼▼-4 ( http://tinyurl.com/5n2yc ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   P:±0/主役のチョン・ジヒョンに強気な役が似合うのはもちろんのこと、熱血   のあまり無鉄砲な彼女を優しく包み込むミョンウ役のチャン・ヒョクの演技も   良かったと思う。運び込まれた病院のベッドで彼女が見た夢と、どこからとも   なく飛んでくる紙飛行機には何だかやるせない気持ちになりましたね。これを   観る前には『猟奇的な彼女』を観ておいたほうが良いかもしれないです。いや、   観てからのほうが愉しめます。うん。あと注目すべきは、ソウルの夜景。これ   まではこうやって公に出されることはなかったそうです。   M:▼▼▼/ワタクシ的には、韓国映画をがんがん攻めた2004年。であるからゆえ   に、ゆるせん映画には辛口で行かせていただきます。ラストシーン観て「なん   じゃあ、こりゃあ!」と吠えそうになったよ。『ゴースト ニューヨークの幻』   のパクリじゃん!?   A:▼/何かで“韓国版ゴースト”なんて書かれてたけど、こんな露骨にパクるな   んて!?全編チョン・ジヒョンのイイとこ撮り映像なので、彼女のファンなら   気にならないんだろうな。オイオイっ。   よ:±0/だって盛りあがってくると、XJAPANの歌が流れるんだもん。あのTOSHI   の甲高い声を聞いたら、盛りあがってた気持ちもなえるってばさ。チョン・ジ   ヒョン大好きな女優さんだけど、『4人の食卓』の反動かちょっと太ってたか   な。ところでチョン・ジヒョンとこの監督のコンビでもう1本映画を撮るて噂   はほんとかな??  ---------------------------------------------------------------------- ●2位『キング・アーサー』(ブエナビスタ)………………▼▼▼▼-4 ( http://tinyurl.com/67coq ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?) よ:▼▼▼/見終わった途端に下半期ワースト1の位置は確定だわと思った作品。   まず主役のクライブ・オーウェンは主役のくせに華がまったくない!まだラン   スロット役の人を主役にしたほうがいいんじゃないか?さらに円卓の騎士もラ   ンスロット以外誰が誰だがわからないし、聖剣エクスカリバーにいたっては、   なくてもいいぐらいだし。なんだか全然物語に入っていけず観客をおいてけぼ   りした映画でした。    ---------------------------------------------------------------------- ●2位『誰にでも秘密がある』(東芝エンタメ)……………▼▼▼▼-4 ( http://tinyurl.com/4tke8 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?) よ:±0/物語の途中までは、どんなラストになるのかと気になっていたのに最後   で全部パアよ。えー、そう来る?それじゃなんでもアリじゃないか?と。三姉   妹あそこまでビョンホンにぞっこんだったのに、あっさり忘れてるあたりちょ   っと変だしさぁ。まぁビョンホンの正体で全てのオチをつけたつもりなんだろ   うけど、ちょっとずるくないか?と思う。韓国版のラストは日本版と違うとい   うことだけど韓国版では納得できるラストなんだろうか?ちと気になる。   P:▼▼/韓国映画にしては珍しく、性愛表現が頻繁に(でもないか)出てきます。   ここだけでも「ぉぉ」っと驚いてしまいましたね。だって、純愛がウリの『冬   のソナタ』に比べれば違いは歴然ですから。イ・ビョンホンの意外にがっしり   した身体に驚きつつ、チェ・ジウのメガネ姿がかわいいなぁと思いつつ、どしゃ   降りであそこまで濡れたら風邪ひくよなぁと思いつつ、何で他の姉妹にばれな   いんだろうと思いつつ、結局はハッピーエンドなんだなぁ、と観てました。 M:▼▼/poohさーん、最近の韓国映画は、ちゅうか、だいぶ前から韓国映画は、   かなりリアルで露骨なセックスシーン満載なんですよ〜。だから韓国人俳優は   皆、体を鍛えてるんだろなーと思うほど。大物女優もバンバカ脱いでます。こ   の映画はチェ・ジウだからか、全然清純なほうです。余談ですが、先日観た   『東京タワー』で岡田准一が見せたシャワーシーンでのお尻が、あまりに貧弱   で、映画の色気がさーっと引きました。って、何の話や? ゴ:±0/公開中の東映極道映画『渋谷物語』で、安藤組の安藤昇役を主演してい   る村上弘明がやはり“お尻ヌード”を披露しているんですが…(以下自粛・笑)。   兵役があるからか、韓国男優は確かに皆「いいカラダ」してますよね。モムチャ   ン筆頭のグォン・サンウはじめ、『氷雨』を置き土産に入隊したソン・スンホ   ンだって劇中で見事な野球ユニフォーム姿と山男姿を披露してたし、どんなに   甘いマスクでも首から下はしっかり鍛えられているのが韓国男優。わりと大物   女優でもバンバカ脱いでいるってのも事実で、おかけで日活ロマンポルノばり   の作品(私は大好きなんですが)も多い韓国映画だけに、先日自殺したイ・ウン   ジュみたいな女優さんには、やはり酷な世界なのかもしれないなあ。   P:イ・ウンジュの自殺は衝撃的でした。遺作となった『スカーレットレター』、   かなり気になってます。     ---------------------------------------------------------------------- ●2位『IZO』(チームオクヤマ)………………………………▼▼▼▼−4 ( http://tinyurl.com/3tq6b ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?) M:▼▼/釜山国際映画祭で鑑賞。三池崇監督は世界ではもはやカリスマ監督。で   も朝10時に観るにはあまりにもハードでエグい映画でした。キャスト、すーっ    ごい豪華。名前挙げてみるとですね…、緒形拳、ビートたけし、内田裕也、桃   井かおり、松方弘樹に、魔裟斗、ボブ・サップ…。及川光博も松田龍平も。主   演の中山一也がそんな大物たちを切って切って切りまくるのを観る映画です。   ゴ:▼▼/何これ〜!もう超カルト。脇役はビッグだが主役はマイナー系(笑)。   これといった「お話」があるわけでなく、時空を超えてだたひたすら斬りまく   ってるだけなんで、刺激的な映像が繰り出されるわりには、途中で飽きちまっ   て見続けるのが苦痛に。狂言回し?に、絶叫フォークの弾き語りが挿入されて   たりでもうわけわからんて(ウケたけど笑)。個々のシーンを取り出せば役者た   ちはそりゃあ見事な演技してるんですが、なにせ場面がブツ切りなんで、すぐ   に忘却のかなたへ。私には、DVDの特典映像についてたメイキングの方が本編の   100倍くらい楽しかったですな(笑)。     ---------------------------------------------------------------------- ●3位『マイ・ボディガード』(日本ヘラルド=松竹)……▼▼▼☆-2  http://mybodyguard.jp/   M:▼▼▼/犯罪の頻発する南米で子供を守るために雇われた、心に傷を持つボディ   ガードと、少女の心の交流。デンゼル・ワシントンが出てても、『アイ・アム   ・サム』の名子役、ダコタ・ファニングが出ても泣けない駄作。デンゼル演ず   るボディガード、クリーシーの苦悩もさっぱりわからん。   ゴ:☆/私は「日記帳」のシークエンスとラストには思わず涙しちゃっただよ。確   かにデンゼル・ワシントンの魅力全開という出来じゃなかったけど、ダコタ・   ファニングはやっぱり天才!(第二のジョディ・フォスターよね)。あのキラキ   ラした瞳で見つめられたら、そりゃあ元暗殺者もイチコロだってば(笑)。    ----------------------------------------------------------------------   ●3位『TUBE チューブ』(松竹)……………………………▼▼▼☆-2 ( http://tinyurl.com/3km9l ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    M:▼▼▼/地下鉄に爆弾をしかけてハイジャックする男たちと、それを追う刑事、   そして刑事を慕うかわいいスリの女…って、大金をつぎ込んだ大作なのに、全   然おもしろくないのはなんで?キャンディとかの小手先エピソードと、無駄な   スローモーション多用のせいか?私は最後まで、スリ役のペ・ドゥナが背負っ   たバイオリンケース(?)に秘密があるんだとばかり思ってたよ。   よ:☆/これ結構穴も多い作品だけど、勢いでつっぱしった感がでていて個人的   には嫌いじゃないです。「劇団ひとり」をかっこよくしたような主人公とペ・   ドゥナがいい。ちなみにぺ・ドゥナ好きです。めちゃ強い犯人役の人も存在感   があってよかったし。 地下鉄ハイ・ジャックの題材は『交渉人 真下正義』   でも出てくるのでこちらも楽しみ。    ----------------------------------------------------------------------   ●3位『サンダーバード』………………………………………▼▼-2 ( http://tinyurl.com/6nqc8 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   雲:▼▼/まだテレビしか娯楽がなかった時代、3・2・1、サンダーバード・ア・   ゴー!と叫びながら、自転車で町内を走り回ったもんや。隊長の末っ子らが隊   に入りたいと、いじけ始めた頃から、あかん!わしらサンダーバードフリーク   は、見たらあかん毒映画やったんやと気づいた。頼りないお子様たちが、奇跡   の活躍をするっちゅう恥ずかしいほどのお子様ランチ映画に突入や。アメリカ   の子供向き映画は、けっこう大人も楽しめる深さがあってんけど、これはプリ   ンにゼリー添えや。   M:±0/私も同感っす。そうだろーと思って私、わざと観てませんわ。やっぱ、   テレビシリーズは今見てもすごいっす(録画してて保存してるのよ)。それを   映画化したとて、センスもテイストもレベルが全然追っつかへんって感じ。    ---------------------------------------------------------------------- ●3位『感染 予言』(東宝)…………………………………▼▼-2 ( http://tinyurl.com/4kghz ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?) ( http://tinyurl.com/4d6qq ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    A:▼/話題のJホラーということでかなり期待して観たんだけどハズレだったね。   特に『感染』は気持ち悪いだけで×。オチもラスト以前にわかっちゃったしな。   それに比べて『予言』はグっときました。実際予知能力のある人には新聞って   形でなくても何らかのメッセージがあるんだろうな。ラストが少々くどかった   けど子供の身代わりになった父親役の三上博の熱演には泣けた。   ゴ:±0/私は未見なんだけど、見た知り合いが「柳美里が作詞した主題歌が一番   コワかった」って言ってた(笑)。     ---------------------------------------------------------------------- ●4位『ヴァン・ヘルシング』(ギャガ、他)………………▼▼▼▼▼☆☆☆☆-1 ( http://tinyurl.com/5pb8q ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    A:▼/結構期待してたんだけど、フタを開けてみたらワタシにはただの怪物まつ   りにしか・・・。後半居眠りコイて気がついたら狼男VSドラキュラの死闘。こ   の狼男は何?と思ってたら、それがヴァン・ヘルシングでどうなってんの?み   たいな(笑)。ヒロイン・アナ王女もコスプレばかりで、なんか弱かったな〜。   あの終り方からして次回作があるんだろうが、どんなもんだろ。   よ:▼/結局ヴァン・ヘルシングの正体ってなんなんだっけ?もう内容もほとんど   忘れちゃってるし。やっぱ続編ってあるのかな?別に作らなくていいと思うけ   ど・・・。ケイト・ベッキンセールは叶恭子さんクリソツ! P:▼▼/半修行僧であって、武器開発担当の彼が良い味を出していました。絵に   描いたようなボケ担当なんだけど、締めるとことはきっちり締める。そしてア   ナ王女を演じていたケイト・ベッキンセールが叶姉妹の恭子さんに似ていたよ   うな、似ていなかったような…。主演のH.ジャックマンについては、やっぱり   こういうコスプレ変身ものが似合うのかなぁ、とひとりで納得(笑)   雲:☆☆/異人さんが産んだ怪物クンたちが、わちゃーと出てきて荒れる中学校み   たいになってしもとる。ボスのドラ公はコエンザイムQ10を飲んでるせいか、め   っぽう強い。悪ノリ監督が狼男とフランケンシュタインまで参加させよったか   ら、わしゃもう訳わからん。めちゃくちゃな設定やけど、わし好きやで、ここ   までエンタの神様に徹してくれてたら。ヴァン君、狼男に噛まれて感染してし   まうんやけど、それを武器にするって言うじゃな〜い。わたし、怪物バスター   なのに、怪物になりましたから! 切腹!   ゴ:☆☆/↑(笑×2)。この作品は、見事に票が割れましたね。僅差でベスト番付   に入っていた可能性もあるだけに、好き嫌いが分かれる典型か?   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2004/09/post_31.html    ---------------------------------------------------------------------- ●4位『ゴジラ/ファイナルウォーズ』………………………▼▼☆-1  http://www.godzilla.co.jp/index.php   雲:☆/世界中でウジャウジャ怪獣が湧いてきよるけど、こんな悪さしたヤツはX   星人や。諸君はこの名前のつけ方にシビレてほしい。今どきX星人でっせぇ。   バトルシーンよりオモロイのは、テレビ番組で、超常現象否定派の大槻教授と   UFOお化け何でもあり派の韮崎のおっさんが言い合いするシーンや。これは   笑えるなぁ。あとパロディー映像もおます。スターウォーズの母船突入パロや、   キルビルの刀かつぎパロとか。監督、遊び心満点の大サービス。俳優らの超ク   サイ演技も計算のうちやろか?。    ---------------------------------------------------------------------- ●4位『約三十の嘘』……………………………………………▼-1  http://www.30uso.com/ 雲:▼/「お、なかなかオシャレやのぉ」と言うてもらお思て、監督が小指立てな   がら、ボク作っちゃお、とカメラを回したんやろなぁ。オシャレ演出狙いすぎ   て、ドブにはまってドロ臭ぉなってしもたんとちゃいまっしゃろか。六人の詐   欺師、仲間を出し抜いたりの駆け引きと疑心暗鬼がみせどころ…のはずやった   んやろけど、ピリッとせえへん。詐欺師集団ちゅうより、サークルの仲間っちゅ   うノリの軽さが説得力を削いでるんや。「嘘」のオモシロさをもっとウイット   の中で、ドライに演じなあかんのんとちゃうけ。 よ:±0/見てる間、中谷美紀の顔の小ささとくらべて、新人女優の伴杏里ちゃん   の顔の大きさがきになってしかたなかった。  ---------------------------------------------------------------------- ●4位『血と骨』(松竹/ザナドゥー)………………………▼-1 ( http://tinyurl.com/4797g ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   A:▼/タケシの体当たり演技、先日日本アカデミー賞主演女優賞に輝いた鈴木京    香もアッパレだった。けど暗過ぎる。正視できない家族の記録。凄いと言えば   凄いがもう2度と観る気にはなれないな。  ---------------------------------------------------------------------- ●5位『スカイキャプテン ワールドオブトゥモロー』(ギャガ)▼▼▼☆☆☆0 ( http://tinyurl.com/6aj26 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   M:▼▼/CGを多用したセピア調の映画。往年のボガードの映画をイメージした   のだろうけど…。ジュード・ロウも、最近選ばずに映画出てるやろ?って感じ。    よ:▼/レトロっぽい映像はおしゃれでよかったけど、物語は??てな感じ。 雲:☆☆/わし、こういうレトロっぽい映像にこだわった映画、めっちゃ好きやね   ん。そこ押されたら負けるツボっちゅうのん、ありますやろ?ウオノメこそば   されたら、あへっと言うてしまうみたいな。この映像はウオノメ攻撃や。ドス   ドスと歩くロボットは、おい、君は鉄人28号ではありませぬか、というデザ   インだす。アンジーちゃんは独眼竜政宗みたいな顔つきで、カッコよろしなぁ。   しかしまぁ、この映画は役者がほとんど演技らしい演技しとりまへん。映像美   を楽しみたいんやったら、これはイケてるかも。   ゴ:±0/この作品のプロモーションでグィネス・パルトロウが初来日したんで、   初めて本人を目の当たりにすることができたけど、この人、本当に華奢で透き   通るような美しさ。「その美しさをキープする秘訣は?」と全然作品と関係の   ない質問をした記者さんの気持ちよくわかります。出産してもお人形さんみた   いなんだもん。この作品自体はそれほど印象に残ってないんだけど(笑)、グィ   ネスが並外れてキレイだったことだけは印象に残ってます。    ----------------------------------------------------------------------     ●5位『エイリアン対プレデター』……………………………▼▼☆☆±0  http://www.foxjapan.com/movies/avp/   雲:☆☆/昔から○○対××ちゅうのは、阪神対巨人、升添要一対田嶋先生……。   なんぼでも名勝負はおます。エイリアン対プレデターはB級キワモノの匂いが   プ〜ンとして、蝿がたかっとる。今回のAVP、わしゃ戦士であるプレデター   諸君を無意識のうちに応援しとったわい。監督もわしと同感やったみたいで、   ヒロインのねえちゃんと一匹狼プレデターの連合軍がエイリアンをいてもたろ   か、と一緒に闘いよるんや。パチもん映画かいなぁと思てたけど、意外と本気   で作ってて、わしもヨダレ垂らして帰ったがな。 ゴ:±0/『ジェイソンVSフレディ』『エイリアンVSプレデター』ときて、次は何   だ?2年くらい前に『バットマンVSスーパーマン』の企画があったけど、あれ   ってやっぱりおしゃか?(ま、ヒーロー同士を戦わすなよって感じだけど)。   『バットマンVSスパイダーマン』だったら、コウモリVSクモの生物学的戦いの   要素も盛り込めたかも?でもスパイダーマンはビルは渡れても宇宙は飛べない   から空中戦が描けないな(笑)。そしたら、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)VS   ララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)のキャットファイトなんぞどう?       ----------------------------------------------------------------------   ●5位『テイキング・ライブス』(ワーナー)………………▼☆±0 ( http://tinyurl.com/4wqol ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    ゴ:☆/内容というよりも、ジーナ・ローランズの存在感とイーサン・ホークのサ   イコぶりに☆ひとつ。さすがのアンジェリーナ・ジョリーもこの二人を前にす   るとかすんじゃうって感じ。ちなみに私はDVDで見たんだけど、劇場版でカッ   トされてたシーンって、エレベーターの中でのジーナとイーサンの“あのシー   ン”?     ----------------------------------------------------------------------   ●5位『キャットウーマン』(ワーナー)……………………▼☆±0 ( http://tinyurl.com/6hspv ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)     雲:☆/押しも押されもせんB級ど真ん中映画やけどな。猫がおネエちゃんに乗り   うつりますねん。うん? このパターン、場末の便所の匂いが漂う三流映画館   で見た化け猫映画と一緒や。日本は行灯(あんどん)の油をナメたりするけど、   キャットウーマンはモンプチの高級猫缶をムシャムシャ食う。アカデミー女優   のハル・ベリーがB級を楽しんでいるようなノリで、東レの新水着みたいな衣   装で暴れまくってました。アホみたいな映画やけど、わしは楽しんでしまいま   した。   P:±0/ハル・ベリーを“キャットウーマン”たらしめるシーンと言えばココで   しょうか。鏡に向かって、鋏で髪を切っていくシーン。今までの自分に別れを   告げて、新しい自分を迎え入れるところ。彼女の目にも力が出て(いわゆる   「目ヂカラ」)、断然表情に艶っぽさが出てくる。そこに黒のレザースーツと   鞭。最強です。一歩間違えれば「その道」のほうへ言ってしまいそうな所をク   ールビューティー(もちろんそこにはエロティックさも含まれる)として一掃   してるところも格好良い。……でも、映画としての出来は残念。   ゴ:▼/映画の出来についてはラジー賞選考委員の方々と同見解ですが、その授賞   式に自ら出席したハル・ベリーの根性には喝采を。彼女、これでさらに株が上   がりましたね!  ---------------------------------------------------------------------- ●5位『シュレック2』(UIP)…………………………………▼☆±0 ( http://tinyurl.com/3k785 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    P:☆/いろんな映画のパロディがつまってて、ぐふふとなる場面が多いことなん   の。とりわけ気に入ったのは、冒頭でシュレックとフィオナがキスをするとこ   ろ。あの元ネタが好きなもので(照)。このシリーズ全4部作になる予定だとか   で、■第1部:シュレックとフィオナの出会いから結ばれるまで、■第2部:   結婚にまつわるゴタゴタ、■第3部:妊娠と出産、■第4部:子育て、という   構想になっているとか。次作、次々作も楽しみです。   A:▼/物語的には◎なんだけれど、いかんせんシュレックってキャラ自体、ワタ   シは生理的に受け付けないのです。前作から汚ねえ感が否めなくて。今回も観   てて少し気分悪くなったんだな。ただの体調不良?    ---------------------------------------------------------------------- ●5位『コラテラル』(UIP)……………………………………0 ( http://tinyurl.com/4yqmm ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)   P:±0/この作品は冒頭2分〜10分を観るだけで充分価値があると思う。タクシー   の中で交わされる検事とドライバーの会話、あれだけでひとつの完成された世   界になっている。勘の良い方はおわかりですね。ハイ、自分はトム・クルーズ   目当てで観に行ったのではないのですよ。でも、彼の、銀髪に不精ひげという   風貌はインパクトありましたね。今までのイメージとは全然違うそのなりに多   少違和感があるものの、冷酷さを出すのには一役買っていたと思う。   ゴ:±0/あの冒頭の挿話は本当に味わいがあってよかったね。音楽の使い方もニ   クイし、まるでジャームッシュのオムニバスの一遍を見ているような完成度だっ   た。すでにここで、この映画はトムよりジェイミー・フォックスなのね!って   予感がするし(笑)。その後は、起きている事件に比べてなんか淡々としすぎた   感じで、ラストまでの間に、もちっとメリハリ・パンチ!が欲しかった気も。    A:±0/いつもと一味違う冷徹な殺し屋に扮したトム・クルーズ。でもタクシー   ドライバー役のジェイミー・フォックスに完全に主役を食われてたね。ジェイ   ミーと言えば今話題の『Ray』は素晴らしかったね。まさにレイ・チャールズ!   本命馬だったレオ様からアカデミー賞主演男優賞をもぎとっちゃった!話を戻   して『コラテラル』は全編通して余計な付属物を一切削ぎ落としたタイトな印   象。少し物足りない気もしたけど、たった一晩の出来事だもんね。様々な人々   の人生がギュっと凝縮した夜が明けるラストは、美しくて少し物悲しかった。    ---------------------------------------------------------------------- ●5位『スクール・ウォーズ/HERO』…………………………▼☆±0 ( http://tinyurl.com/6ulyh ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?)    雲:☆/暑苦しい青春映画やったなぁ。筋肉番付の照英が主演で、熱血先公にピッ   タリで暑すぎるほど暑い(熱いではない)演技をしよった。練習や試合のプレ   イはアップを多用してごまかしてるけど、わしみたいにラグビーを何回も花園   に見に行ってる者としては、おいおいそれはウソやろぅと見抜くで。ホンマの   こと言うと、わしこういう体育会系の映画は好きなんや。じつは照英とともに   わしも泣いてしもたんや、クッソー。大黒摩季の主題歌がバツグンやった!   P:▼/あまりに熱そうだったので、敬遠してしまいました。    ----------------------------------------------------------------------             そ・ん・な・わ・け・で     ┌────────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、番付で▼を最もたくさん獲得した   |   |トレキャ的2004年度ザ・ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ!|   |                                |   |   ●『ヴィレッジ』(ブエナビスタ):▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9   |   |          http://tinyurl.com/53x2y          |   |(ちなみに2003年のワーストは『バッド・ボーイズ2バッド』でした!)|   |                                |   |        ↓2004上半期番付以前の結果はこちら↓      |   |    http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |   └────────────────────────────────┘     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!               ↓メール投稿はこちらまで↓               < gotown@a2.mbn.or.jp >    ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので     匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編     集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ゴ:さて、今回の言いたい放題のシネマ番付<下半期>、いかがでしたか?   映画の楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!   では次回、05年上半期の番付にて、またお会いいたしましょう。   See You!    ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に500〜800本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!          ◆………………………………………………………………………………【全23本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>         「◎」印→詳細をこれからブログにもUP予定のネタ         「●」印→すでにブログにUP済みのネタ         「○」印→ブログUPは未定のネタ         ※ブログについては本誌巻末のコーナーをご参照下さい。  ◎『「東京タワー」しています』→大人の女性の間でひそかに流行る新現象。  ◎『華流(ほわりゅう)』→中国イケメンスターに注目!今年は韓流より華流!  ◎『『四月の雪(AprilSnow)』→ヨン様最新映画の海外タイトルこれに決定!  ●『ボリウッドダンス』→ヨガの次はこれか?NYで流行中の小顔になれるダンス!  ●『韓流シネマ・フェスティバル2005』→前売り券は即完売続出!  ●『韓流(ハルリュ)ウッド』→韓流大規模テーマパークの具体的構想とは。  ●『B型男性』→韓国では社会現象!?今、注目度No.1の男は「B型」  ○『「電車男」映画化』→主演の2人は、実力人気ともにトップのあの2人!  ○『ヨン様主演最新映画ロケ地訪問ツアー』→ファン必至の予約争奪戦!  ○『ブレイブ・ストーリー』→宮部みゆき原作アニメ、ワーナーで世界配給へ  ○『北斗の拳映画化』→人気マンガが来春、20年ぶりに映画化へ  ○『福井晴敏原作ブーム』→スペクタクル巨編、続々公開!  ○『ワァッツ(仮)』→若手監督や独立系映画上映の新ブランド登場!  ○『DVD試写会』→映画スクリーンでDVD試写会、ソフト販売に役立てる。  ○『映画人気復活』→邦画健闘で昨年の映画興行収入過去最高に!  ○『ハリウッドリメイクブーム』→日本やアジアのヒット作のリメイク続々!  ○『タイ映画産業』→インフラ整備と低コストで海外からの投資が急増!  ○『スピンアウト作品』→脇役を主役に据えた映画が続々!  ○『超人ヒーローブーム』→悩みを抱え戦う姿に共感!  ○『フィルム・コミッション』→ロケ地探しやエキストラ集めで地域活性化!  ○『セカチュー写真館復元構想』→映画に登場した写真館のセットを復元!?  ○『新・社会派の日本映画』→曖昧な現代を反映する社会派日本映画続々!  ○『おじさんが泣く映画』→「きみ読む」「火火」におじさん族も涙    ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai   └→『血液型別好みのお酒』『B型男』『血液型番組自粛』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『韓流(ハルリュ)ウッド』『冬ソナ番号』『ロケーションフリーTV』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『生ライブ中継手術』『クリティカルパス』『品川メディカルモール』等  └───────────────────────────────────┘  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                  <インド編>                  ◆◇◆◇◆      昔からの印僑(インド系移民)に加え、この十年ほどのIT技術者の海外進出に   伴い、世界各地にファン層を広げているインド映画。今回、ご紹介するシャル   ク・カーンは、そのインド映画界(通称ボリウッド)に君臨するスーパースタ   ーだ。マレーシアやシンガポールでも超有名で、インド系ならずとも幼い子供   から、お年寄りまで、本当にたくさんの人に愛されている彼。インド映画は海   外版のテレビ放映用でも優に3時間を超えるので、よほど時間に余裕があり、   話題の作品でもないと、見る機会がないのだが、彼の出演作品は別。でも、そ   んな話を当地のインド人男性の前ですると、またシャルクかよ〜という顔をさ   れた上、「でも、もっとハンサムでスタイルのいい男優はいるだろう?」と言   われてしまう。それはそうなんだけど、シャル(ちょっと親しげ・笑)には独   特の味があって、抗い難いほどチャーミングなんだもの。     私が思うに、彼のファン層が厚いのは共演する年配女優や子役との演技がとて   も自然で微笑ましいから。それはもう、実のおばあちゃまや甥っこ、姪っこが   出てるんじゃないかと思えるほど。年長者が敬われるお国柄もあり、インド映   画に出てくる男性は、今の日本人からすれば「もしかしてマザコン(またはバ   バコン)?」と思うようなタイプが多いが、その辺の濃ゆい愛情表現が上手い   のよね、シャルは。実はこれ、実母(判事でソーシャルワーカー)が亡くなっ   た時、彼女のために薬を買いに行っていたという事実も影響しているかも。   お茶目でひょうきんな役はどうやら実際の彼そのものらしいが、他にも強迫神   経症的な愛人、身分違いの恋を親に引き裂かれ、娼家に入り浸り深酒で身を持   ち崩すぼんぼん、親切な聖霊に助けられるおばかさん、復讐のため蘇った男、   古代インドの名君アショカ王など様々な顔を見せてくれる。   今回、彼のことを調べてみて思ったのは、こうした役柄の多彩さは実生活での   リベラルで柔軟なスタンスと関連しているということ。実は、シャル自身はモ   スリムだが、大学時代のクラスメートで、今もラブラブの奥さんはヒンズー教   徒、映画の中ではシーク教徒やキリスト教徒の役もこなしているし、尊敬する   人物はマザー・テレサだという。ちなみに米国女優マデリーン・ストウの熱烈   なファンらしい。好きな映画のリストに『12モンキーズ』や『マスク』に加え   クリスチャン・スレーター&マリサ・トメイ主演の珠玉のラブ・ストーリー   『忘れられない人』(これ、日本語タイトルはどうかと思うけど、密かに絶賛   する人多し。私も大好き)を入れてくるあたりも憎いと思う。                    ▽     ☆PS.さらに、当コラムについての“濃ゆい”追記をブログにUP。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/03/post_5.html  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>   ・『新星“ニコラス・サプトラ”は要チェック』<インドネシア編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘              〜スタッフ日誌・スタッフ通信〜          お馴染の本・映画・ドラマ・日々のつぶやきなどなど        いろんなネタで盛り上がってます!        シネマ情報もちょくちょくUPされていますよ。   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。   ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ┌―┐   │1│『Weekly有料データ版』サービス(提供トピックス500〜800本/月)   └―┴―――――――――――――――――――――――――――――――    ◎ご案内 → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html#weekly    ◎お問い合わせ・お申し込みはこちらまで→ gotown@a2.mbn.or.jp    ★総計毎週約100〜200本(一月にして500〜800本)お届け!      ご希望のジャンル別・テーマ別・キーワード別にご提供いたします。     ★「トレキャ!トレンド語学力」コンテンツサービス。    (ハンドルネームでのお問い合わせやご所属等の明記がないものについては     ご返答いたしかねますので、あらかじめ、ご了承ください)   ┌―┐   │2│月刊有料メルマガ『トレンド・キャッチ!DX』   └―┴―――――――――――――――――――――――――――――――    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html    ◎お申し込みは→ http://homepage2.nifty.com/form.html   ┌―┐   │3│ 企業・メディア向け各種リサーチ   └―┴―――――――――――――――――――――――――――――――    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html    ◎お申し込み&お問い合わせ→ gotown@a2.mbn.or.jp    ┏━┓   ┃♪┃トレキャ!のコンテンツを使用されたいとき   ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    トレキャ!のコンテンツを転載使用されたい場合は下記をご覧の上、    ご申請下さい。→ http://homepage2.nifty.com/news.html                                 ◆◇◆   ○―――――――【トレキャ!シリーズ その他姉妹誌情報】――――――○           こちらは無料!よろしかったらぜひ!!         ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai    ◆『ドラマ番付』冬の新ドラ(中盤番付)配信済み!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「MY第2オフィス」待機中!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html      ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○