トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(2/2) 〜2006上半期ワースト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□        ◇ はじめに ………………『読者プレゼントINFO』   ◇ クロストーク…………… 後編『シネマ番付--'06上半期(ワースト)』       ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全74本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『「風の前奏曲」<タイ編>』     ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!        ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!      ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆   こんにちは! 編集長のGochy!です。    この「シネマ番付」は前後編で1セットです。         今回は先日配信しました前編(No.1)「上半期ベスト」に続き、    後編(No.2)「上半期ワースト」のお届けです!             +    前編(No.1)では容量オーバーで収録しきれなかった    ベスト編の11位作品も掲載!   ところで、皆さんは「映画検定」(1級〜4級)ってご存知ですか?   キネマ旬報主催で第1回は6月に実施されました。   第1回では、下は11歳から上は78歳までが申し込み、   460名が2級に合格したそうです。   第2回目の検定が来る12月に実施される予定ですが、   ここでいよいよ、2級合格者のみが挑戦できる第1級受験が行われます。   2級まではマークシート式ですが、1級では記述式も含まれます。   果たして何名の方が合格できるか!?   ちなみに第1回での合格率は4級67%、3級39%、2級23%。   これからいっちょチャレンジしてみようかな!って方は   キネマ旬報社刊「映画検定 公式テキストブック」で、   受験勉強始めてみては!?(笑)      ◆映画検定公式サイト↓    http://www.kinejunsoken.com/eigakentei/   ◆公式テキストブック↓    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4873762715/inandout08-22     ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○    ♪「上半期シネマ番付」ベスト編にランクインした2作品と、これから     公開を控える話題作1作品(計3点)の特製プレスパンフレット、    ♪秋から主演ドラマがスタートするSMAPメンバーの舞台パンフレット、    ♪そして、この秋冬に公開する目玉作品のペアチケット、     計5点入り福袋セット(中身は届いてからのお楽しみ!)を1名様に!          “読者プレゼント「シネマ福袋セット」係”の件名で        お名前と、トレキャ!への感想などもお書き添えの上、        こちらまでご応募下さい。→ gotown@a2.mbn.or.jp           ※当選者には追って折り返し当選のご連絡差し上げますので       その際にプレゼント品の送付先ご住所などをお知らせください。               (応募締め切り10月末)   ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○     ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆            ※この後編(NO.2)からご購読をスタートされた方は         下記のバックナンバー↓で前編(NO.1)をご覧下さい。      http://homepage2.nifty.com/cinema/2006/0930.html     トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2006年度上半期公開シネマ(本年正月〜6月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        ↓ちなみに2005年度までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                   ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT!                ■『上半期番付!』■                 (−18点満点)  1位『PROMISE』(Warner)………………………………▼▼▼▼▼▼▼-7 1位『デュエリスト』(コムストック)…………………▼▼▼▼▼▼▼-7 2位『連理の枝』(東芝エンタ)…………………………▼▼▼▼-4 3位『輪廻』(東宝)………………………………………▼▼-2 3位『デイジー』(東宝東和)……………………………▼▼-2 3位『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(UIP)………………▼▼-2 4位『トリック劇場版2』(東宝)…………………………▼▼☆-1 4位『美しき野獣』(東芝エンタ)………………………▼-1 4位『子ぎつねヘレン』(松竹)…………………………▼-1 4位『プロデューサーズ』(SPE)…………………………▼-1 4位『単騎、千里を走る』(東宝)………………………▼-1 4位『オリバー・ツイスト』(SPE)………………………▼-1 5位『フライトプラン』(ブエナビスタ)………………▼☆±0 5位『タイフーン』(東映)………………………………▼☆±0 5位『ミュンヘン』(アスミック)………………………▼☆±0 5位『サイレン』(東宝)…………………………………▼☆±0 5位『シリアナ』(Warner)………………………………0 ↑ └注)プラマイゼロのワースト番付5位の作品はベスト番付では12位に相当します。                     ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS              雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────    今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから。    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●          http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html        トレキャ!シネ番とは兄妹仁義メルマガでっせ〜!     ◆読者ゲスト雲谷斎さんへのインタビュー記事はこちら!    → http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/vol_0b53.html   ─────────────────────────────────       ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。                   ◆◇◆    先日配信しました前編(No.1)「上半期ベスト」号にて、  > 尚、  > 残りの11位『V フォー・ヴェンデッタ』〜『拘束のドローイング9』までの  > 10作品につきましても本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、  > 誌面ボリュームの関係上、近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させ  > ていただきます。何卒、ご了承くださいませ。    とお知らせいたしましたとおり、ワースト編に入る前に、ベスト編に    収納しきれなかった11位の作品レビューからお届けいたします。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『V フォー・ヴェンデッタ』(Warner)……………☆☆☆▼▼1  http://tinyurl.com/pf3pr ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆☆/'06年上半期のマイベストに入ります。公開前から、予告に心を射ぬ   かれてました。何故だかこういう“反社会もの”に弱い私です。本編は予告を   裏切ることなく刺激的で、共鳴するところが多かったです。「右倣え」精神に   渇を入れる有意義な作品だったと思います。   A:▼▼/ワタシはコレあまりに退屈で途中で熟睡→自分の“フンガ〜っ”って鼾   でハッと目を覚まし、足が前につっぱって・・・みたいな失態をかましてしま   った(笑)。覚えてることといったら、あの仮面がマンガ「おそ松くん」、シ   ェーでおなじみのイヤミそっくりだったってことと、悪役サトラーはヒトラー   のもじりか?そんなことぐらいっす。    ----------------------------------------------------------------------    ●11位『スタンドアップ』(Warner)………………………☆☆☆▼▼1  http://tinyurl.com/gyhwd ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:☆☆/鉱山で働く女性が職業差別や性的嫌がらせに、裁判を起こして戦った実   話の映画化。保守的な鉱山の町で、男だらけの職場に少数の女性が入って行っ   たら、どんなことが起きうるのか?ハラスメントの内容がハンパじゃなく、観   ていて胸○そが悪くなるシーンの連続だったが、父と娘の確執、そして家族の   再生といったテーマもうまくからめて、地味ながらも見ごたえのある作品に。   本作でも徹底した役作りをみせたシャーリーズ・セロン。今期は、まったくタ   イプの違うキャラで↓こちらの作品でもご活躍でした。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/03/post_6473.html よ:☆/もー、観てると本当ツラクなるぐらいのイジメ。私だったら絶対会社辞め   てるよ。それを泣き寝入りせず戦うヒロインをシャーリーズ・セロンが堂々と   演じていてよかったです。実話というだけにスゴイなーと素直に感動した作品。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『ポセイドン』(Warner)……………………………☆☆▼1  http://tinyurl.com/h5xj6 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? よ:☆/予告編を観る限り、タイタニックみたいな感じか?と思ったら、海洋パニッ   ク物で、どちらかというと『アルマゲドン』みたいな作り。でもなかなか迫力   があって楽しめました。しかし映画の中の人が水に潜ると一緒に息を停めてし   まう私は苦しくてしょうがない映画でもありましたよ。いや、自分が息とめて   てもしょうがないんだけどね。 P:☆/よっしーさんに同意。水中に潜るシーンでは一緒になって息とめてました。   (これは『LIMIT OF LOVE 海猿』でも同様)オリジナル版のほうが阿鼻叫喚度   が高いとの噂なのでそのうち観てみようと思います。 雲:▼/わしの軍配は7対3で旧作の勝ちや。ヒューマニズムっちゅう背骨があっ   たさかいな。パニックの仕掛けで見せたいんか、ヒーロー&ヒューマンのどっ   ちを見せたいんじゃい!と、たかじんみたいに差し棒折れるぐらいスクリーン   しばいたろかと思たで。万景峰号の10倍もデカイ船がひっくり返る唐突な大波   やなんて、エチゼンクラゲ大発生みたいなワケのわからん海や。水中を皆さん、   アシカみたいに泳ぎまわるけど、数分泳いで、暴れて、壊して、助けて…でき   へんできへん。そのリアリティの無さに、わし溺れそうになるわい。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『ニュー・ワールド』(松竹)………………………☆☆▼1  http://tinyurl.com/k6afs ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? M:▼/名作『天国の日々』から20年も沈黙を守ったテレンス・マリック監督の   新作。コリン・ファレルとクリスチャン・ベール演じる二人の優しいイギリ   ス人が、ネイティブアメリカンの少女を愛するという話で、真実の愛とは?   をテーマに壮大に繰り広げられる物語。たしかに人間の尊厳は美しく描かれ   てたけど、進行があまりにスローすぎて、ちとツラかった。 ゴ:☆☆/そうそう、間延びしすぎ。監督、思い入れありすぎて、おかしなこと   になってしまった感が(苦笑)。でも、ポカホンタス役のクオリアンカ・キル   ヒャーのピュアな存在感に圧倒されたのと、映像の美しさには目を奪われた   ので、それぞれのクオリティに☆1つずつ。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/03/post_0ee1.html    ----------------------------------------------------------------------    ●11位『陽気なギャングが地球を回す』(松竹)…………☆1  http://tinyurl.com/j6g7v ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:0/伊坂作品初の映画化。この作品の映画化にあわせて続編の『陽気なギャン   グの日常と襲撃』も刊行になりましたよね。映画についていうと、発明家まが   いの田中役の古田新太が田中という役を自分色に染めててさすがだなぁ、と思   いました。あと、成瀬と雪子の衣装がスタイリッシュというか突飛(?)だった   のが印象的ですね。   ゴ:☆/ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_3046.html  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『リバティーン』(メディアスーツ)………………☆1  http://tinyurl.com/gp8ak ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆/17世紀、王政復古のイギリスを舞台に、その言動や著作で世間を騒がせ続   けた実在の人物、ロチェスター伯爵をジョニー・デップが怪演。放蕩の限りを   尽くし、あげくの果てには梅毒に罹って鼻が・・・。美醜対局のジョニデを堪   能できました。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『寝ずの番』(角川ヘラルド)………………………☆1  http://tinyurl.com/grwjh ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆/津川雅彦やるじゃん。泣けて笑えて全編結構楽しめました。“そそ”とは   何ぞやとか、粋な猥歌合戦とか非常に勉強になりました。話のネタに本編中の   猥歌を何とか覚えようとしたけど、残念忘れちゃった(笑)。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『アサルト13 要塞警察』(角川ヘラルド)………☆1  http://tinyurl.com/f9uz7 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/B級の中の上級、という感じの映画でした。始終緊迫感があって、観てい   てどきどきしてました。イーサン・ホークのちょっとアンニュイな表情とか、   彼と対立する(でも心の奥では信頼している)ローレンス・フィッシュバーンの   冷徹な悪役ぶりとかを堪能。  ----------------------------------------------------------------------    ●11位『間宮兄弟』(アスミック)…………………………☆1  http://tinyurl.com/jk5jg ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/これ、江國さんの原作も好きです。初めての男性視点の小説で(が、ちょっ   と変わった兄弟の話)、“間”の取り方とか独特でした。個人的には映画の配   役にも満足。特に弟・徹信を演じたドランクドラゴンの塚地武雅(むが、って   読むんですよ。ひそかに塚ちんと呼んでます)が良かったです。相方の鈴木拓   くんの出演シーンも笑えます。本編はいうまでもなく、エンドロールにも心が   ほっこりとしました。   雲:0/わしには男兄弟のベタッとした、異常に近しい距離感が生理的に受けつけ   んで距離感を持ってしもた。それと妙に間延びした「間」の取り方があかんな   ぁ。ようわからんつなぎのカットもあって、梅雨の蒸し暑いぽっとん便所に入っ   てるようなダルさや。兄弟の片思い話も、“ちょい悪”が流行る昨今、豆腐を   醤油も薬味もかけんと食うような話で、下世話なわしにはちとつらかった。    ----------------------------------------------------------------------    ●11位『拘束のドローイング9』(ワイズポリシー)……☆1  http://www.wisepolicy.com/matthewbarney/  M:☆/何の知識も持たずに観にいったら、ドえらいインパクトのある映画だっ   た。現代美術界のスーパースターといわれるマシュー・バーニーと、音楽界   の鬼才ビョークが日本の捕鯨船を舞台に撮影したコラボ映画。二人は実生活   でもカップルで、いったいどーゆー暮らしぶりなんだろーか?!とそっちに   興味が行ってしまったほど、不可解かつアンフォゲッタブルな映画。最後、   二人が水の中で足を刀で切りあうシーンは、どんなサイコ映画にも勝るリア   ルな痛さが伝わります!   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       以上、ベスト番付の残りの作品レビューでした!       では引き続きましてワースト番付をお届けです!  ----------------------------------------------------------------------      ●1位『PROMISE』(Warner)………………………………▼▼▼▼▼▼▼-7  http://tinyurl.com/pd9jt ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:▼▼/上半期MY「失笑度」ナンバーワン作品。監督は一体どんなジャンルの作   品にしたかったのか?あんな豪華な一流俳優陣を起用しながら、あんなカルト   なB級大作(笑)に仕立ててしまうとは!当の役者たち(特に日本から気合入れ   て参加した真田とか)も大ショック!だったに違いない。けして“爆笑”でな   い“失笑”レベルなのがイタい。でも劇場では友達と一緒にあえて大笑いして   観ましたけどね。なんか笑ってあげないと、ますます居た堪れない作品になり   そうで…(失笑)。   A:▼/真田おぶって走ったチャン・ドンゴン、彼には'06失笑大賞を贈りたい!   極めてきまじめにあんなこと・・・、何てことさせるのよ、全く(笑)。   よ:▼▼/いやー、もう冒頭から笑かしてもらいました。でもフト周りを見ると誰   も笑ってない。どうやら笑う場面ではないらしい。でもさー、初っぱなからチャ   ン・ドンゴンは牛と一緒に走るし、セシリア・チャンは凧のように引っ張られ   るし、どーみてもギャグ映画にしかみえなかったんだよね。でもそれを誤魔化   すかのように衣装だけはお見事でした。しかしあれをマジでやってたのなら役   者さんも大変だなぁと思ったよ。   P:▼/ポスターからしてあやしいニオイがぷんぷんしてませんでした?それもあっ   て劇場では観ませんでした。呑みながら観るのに適した映画なのかも?    ----------------------------------------------------------------------    ●1位『デュエリスト』(コムストック)…………………▼▼▼▼▼▼▼-7  http://tinyurl.com/heblw ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:▼▼▼/観はじめてから何度「あれれ?」と思ったことか。ストーリー展開が   わかりにくく(よくわからない場面転換多し)、スクリーンとの距離感のある作   品でした。いわゆる“ナルシスト映画”? よ:▼▼/そうそう、無駄に場面転換おおくて、話がとってもわかりづらい!カン・   ドンウォンファン以外は楽しめないのではないでしょうか。 M:▼/そのカン・ドンウォンもしゃべらん役なわけで…。    ----------------------------------------------------------------------    ●2位『連理の枝』(東芝エンタ)…………………………▼▼▼▼-4  http://tinyurl.com/jt9g6 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:0/韓国お得意の悲恋もの。まさか冒頭のあんなことが結末の伏線になってい   るなんて…。タイトルのインパクトにちょっと欠ける映画でした。意味は充分、   作品に適っているんですけど、響きにパンチがないなと思いました。   よ:▼/上半期の韓国映画はイマイチな作品が多くてファンとしてはガッカリさせ   られっぱなし。これは韓流ドラマのあっちとこっちをつなげて見ましたーて感   じがして、どこかで見たような・・・という感が。 M:▼/よっしーさんのいうように、つぎはぎ感たっぷりの映画な気がして、未見   です。チョ・ハンソンは『オオカミの誘惑』から大好きなんだけどな。  ----------------------------------------------------------------------    ●3位『輪廻』(東宝)………………………………………▼▼-2  http://tinyurl.com/fuaqu ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:▼/寒いけど震えたろ思て、ホッカイロを懐に映画館のガラリ戸を開けました   がな。殺人廃墟ホテルで映画撮るっちゅう話やけど、ノリはB級のVシネみた   いやなぁ。お化けの出方も筋書き通り、駅前通りや。いっちゃんアカンのは殺   された11人が復活するシーンで、ゾンビ丸出し。バイオハザードでも見慣れた   ギクシャク歩きで出演者をイテまいよる。もっとお化けの出方、ひねらなあか   んのんちゃうん?わし、いちばん怖かったんは優香が絶叫するときに首筋に立っ   た何本もの筋どした。 ゴ:0/せっかく日本特有のジットリした怨念漂うオカルト映画が観られるのかと   期待していたのに、ただのゾンビ映画かい!日本人が一番コワいと思うのは、   この映画なら、ゾンビじゃなくて、あの「人形」の方だよなあ。どうしてそこ   をもっとつついてくれないのだ?日本人はゾンビよりも日本人形に怖さを感じ   るもんだよねえ。    A:▼/ホテルのロビーに勢揃いしたゾンビどもを観た時、思わず笑いました〜。   清水崇監督どうしちゃったの!?そこはかとない恐怖世界を期待してたのになあ。    ---------------------------------------------------------------------- ●3位『デイジー』(東宝東和)……………………………▼▼-2  http://tinyurl.com/ftdnv ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? よ:▼/これ前半の韓国映画で唯一期待してたのになぁ。だって大好きなチョン・   ウソンがでるし、相手役は『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンだもんね。   絶対泣かせてくれるに違いないと思ったけど、全然泣けなかったんだなぁ。   なんかあまりに淡々としててさ。もうちょっと登場人物達の思いを描いてほ   しかったデス。 M:▼/未見ですが、予告編から「こら、おもろないで…」と思った作品。ひど   いのは、イ・ソンジェも主演なのに、日本のPRでは彼の名前や存在が見事に   全部カットされてて、写真もチョン・ウソンとチョン・ジヒョンしか出てな   いこと。↓デイジー会見@釜山(2005年釜山映画祭)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/10/from2_845d.html   今年も12日から釜山国際映画祭に行ってきます。ブログでのレポをお楽しみに!    ----------------------------------------------------------------------      ●3位『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(UIP)………………▼▼-2  http://tinyurl.com/fyjwc ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:▼▼/フランス製トップガンまがいのミラージュが、単に飛び倒すだけの筋や。   ミラージュってスゴイでしょ、の自慢たらたら映画とちゃうんかい。こら、内   容が無いさかい筋に凝ろうとして作ったオッサン、訳のわからん愚作になった   だけやろ。宙返りや背面飛行をリアルに楽しめますはええけど、ユニバーサル   スタジオのアトラクション映像にありそやないかい。♪〜まともーな映画評を   書けんほどの駄作にぃ〜、肩を落として金も落としてしまいましたぁ〜〜。   チックショ〜〜〜!   ----------------------------------------------------------------------    ●4位『トリック劇場版2』(東宝)…………………………▼▼☆-1  http://tinyurl.com/kb772 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    よ:▼/今回のはわざわざ映画にしなくても…て感じがするんだけど。個人的には   山田と上田教授のやり取り、すごく好きなんですけどね。 A:▼/劇場版初めて観たんだけど、これって映画にする必要全くないじゃん!TV   で十分じゃ。室内での流しソーメンはいつか真似したいと思ってます(笑)。   ゴ:0/同じ堤監督の『明日の記憶』は今期ベスト4にもランクイン。でも『トリッ   ク』は、ちょっと惰性で映画化されてるような。劇場版ならではのスケール感   があるわけでもないので、2時間のSP番で十分よいんじゃないかと。しかし、   阿部ちゃんて、こういうカタブツでエキセントリックな非モテキャラに天賦の   才があるよねえ。ルックスのよさが邪魔するどころか、そのアンバランスさを   逆手にとって見事に大成しましたなあ。   P:☆/その上田教授が水に潜るシーンがものすごくツボにはまってしまいました。   『トリック』といえばいろんな作品や名前のパロディで有名なわけですが、今   回の目玉は片平なぎさが口で手袋を取るシーン、でしょうかね。かつての名作   がすぐさま頭をよぎりました。    ----------------------------------------------------------------------      ●4位『美しき野獣』(東芝エンタ)………………………▼-1  http://tinyurl.com/zq55p ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:0/ワイルドさを前面に押し出したクォン・サンウ主演作。ワイルドなのは振   る舞いその他でわかるのですが、いかんせん顔を黒くしすぎだと思いました。   何でも黒っぽいファンデーションを使ってたそうな…。韓国映画のセオリー通   りやや過剰暴力シーンあり。韓国の監督さんにはSな人が多いのでしょうかね。 M:▼/今回、韓流映画にはどれにも辛〜い点をつけちゃってるんですが、やはり、   スターさえ出しゃエエってもんじゃないと思うんよなー。  ----------------------------------------------------------------------      ●4位『子ぎつねヘレン』(松竹)…………………………▼-1  http://tinyurl.com/hfcs7 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:▼/う〜ん。イマイチ入り込めなかったです。予告とかあちこちのレビューで   絶対に泣くんだろうな、と思っていたのに。  ----------------------------------------------------------------------      ●4位『プロデューサーズ』(SPE)…………………………▼-1  http://tinyurl.com/kx94e ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:0/ミュージカル映画なのでテンポよく観られました。青いブランケットとか   鳩とかゲイな人たちとか小技(笑いどころ)も多かったです。でも、同じミュー   ジカル映画でいうなら『シカゴ』のほうが出来が良かったな。   A:▼/SATCでおなじみ、サラ・ジェシカ・パーカーの旦那マシュー・プレデリッ   クが、腹話術の人形に見えて仕方なかった。冒頭から眠気がきて、伝書鳩シー   ンからスウェーデン女・ウーラ(ユマ・サーマン)のオーディションシーンま   で熟睡。北村一輝が年とったら、ゲイの演出家役のロジャー・バートみたいに   なるなあとか覚えてるのはどうでもいいことばかり(笑)。     ----------------------------------------------------------------------      ●4位『単騎、千里を走る』(東宝)………………………▼-1  http://tinyurl.com/k7zs6 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:▼/これは健さんのPVっすね。健様ファンにはオススメ。でもそれほどでもな   いとはっきりいって退屈です。中国人坊やのウ○コシーン、お金払って観るも   んじゃないよ。    ----------------------------------------------------------------------      ●4位『オリバー・ツイスト』(SPE)………………………▼-1  http://tinyurl.com/zkmkv ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:0/オリバー・とんかつソースやったら知ってるけど、オリバー・ツイストな   んか知らんちゅうねん。ディケンズちゅうおっさんの文学を映像化した大層く   さい映画や。涙ちょちょぎれる深い感動大作でっせと配給元はいきってるけど、   泣くか?これ。シンデレラボーイになるっちゅう話、わしには退屈なだけやっ   た。まぁ確かに育ちが悪ぅても、善人のガキは人を信じて感謝の心で世渡りし   よるんやけど、こういう性善説的な展開ちゅうのはなんか説教臭い。       ----------------------------------------------------------------------      ●6位『フライトプラン』(ブエナビスタ)………………▼☆±0  http://tinyurl.com/fdu6f ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/母の愛は強し。去年のワーストの話題をかっさらった『フォーガットン』   と同じような構成であるにもかかわらず、出来がまったく違いますよね。予告   を観たときに、飛行機の中を駆け回るっていうことに興味を惹かれました。だっ   て機内というのは普段はフライトアテンダントさんに従って大人しくしている   べき場所ですからね。それを…(あとは観てのお楽しみに)。   A:0/娘を想い独り闘う強い母親像に感動する以前に、ヒステリックでギスギス   なジョディの形相にドン引いてしまいました。後半何気に真犯人も察しがつい   ちゃいましたしね。 ゴ:▼/なんかヒロインが、あまりに“賢くない行動”ばかりをとるので、イライ   ラを通り越してあきれ果ててしまいました。犯人達もなあ、緻密なようで、けっ   こう杜撰だしなあ。    ----------------------------------------------------------------------      ●6位『タイフーン』(東映)………………………………▼☆±0  http://tinyurl.com/fglfc ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:0/チャン・ドンゴンの目の力がすごいです。引きこまれそう。…というか引   きこまれてました(照)。あと、数十年ぶりに再会した姉と弟の姉弟愛はすごかっ   たです。観ているこっちまで涙そうそう。 M:▼/チャン・ドンゴン、タイ語をしゃべり、顔に迫力ある傷の特殊メイクして、   かなりの気合を感じたんだけど、海賊が核強奪して復讐って、ストーリーに無   理がある気がした。イ・ジョンジェ演じる特殊捜査官(海軍大尉)も肝心なと   こで甘っちょろいので不満。もっと、チャン・ドンゴンと姉役のイ・ミヨンと   イ・ジョンジェの人間関係に焦点あてて、骨太人間ドラマにしてもよかったん   じゃ? ゴ:☆/作品を観た当時に比べて、下半期トータルして見た場合、相対的に☆がひ   とつ下がってしまった作品だけど、『イルマーレ』とは全然違う骨太キャラを   肉体改造して演じていたイ・ジョンジェ、結構よかったですよ。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_4159.html  ----------------------------------------------------------------------      ●6位『ミュンヘン』(アスミック)………………………▼☆±0  http://tinyurl.com/lyxfa ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:▼/史実に基づくSTORYは非常にヘヴィで、観た後思いきりへこんだ。もう1   回観てと言われても、絶対無理。    ----------------------------------------------------------------------      ●6位『サイレン』(東宝)…………………………………▼☆±0  http://tinyurl.com/e7nap ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:▼/「サイレンが鳴ったら外へ出たらあかん」っちゅう島に語り継がれる掟で、   自由を束縛してる島があるんや。この島にフリーライターおやじが娘と息子連   れて引っ越してきよる。連絡船で桟橋降りたら、集まってきた島民がメンチ切   りまくりよる。お前ら亀田の血ぃ引くもんかい。じわじわっと島がおねえちゃ   んに敵意をむく感じで、ウ〜ウ〜と消防隊の演習みたいに鳴り倒す。どんでん   返しの結末は『シックスセンス』『アザーズ』のひねくれ結末に通じるナニで   ございますな。途中でわかったさかい後半、一気につまらんかった。 ゴ:☆/私は、そのどんでん返しの結末に、作り手の狙い通り?ぎりぎりまで気づ   かなかったので、そーいうオチだったのか!やられたなと。(ていうか、阿部   ちゃんの過剰な怪演技に必要以上に気を奪われて、お話そのものをミスリーデ   ィングしちゃってたわけよ・笑)。    ----------------------------------------------------------------------      ●6位『シリアナ』(Warner)………………………………0  http://tinyurl.com/j365e ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:0/私の頭じゃ一度観ただけじゃ、今いち理解しきれなかったなあ、と思って   いたら、おすぎがどっかで「頭の悪い人は1回観ただけでは何が描かれている   のか判らないかも…」って言っていた。や、やっぱり?(苦笑)。    ----------------------------------------------------------------------     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ゴ:さて、今回の言いたい放題のシネマ番付<上半期>、いかがでしたか?   映画の楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!   では次回、下半期の番付にて、またお会いいたしましょう。   See You!          ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!           ◆………………………………………………………………………………【全74本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「◎」印→ソフト系ネタ           「○」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計74本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/09/from2006_9f53.html  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html   └→『時差家族』『ニュー裸族家庭内裸族』『マート族』『外ひきこもり族』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『主夫、急増中』『木更津キャッツアイ観光』『朱蒙(ジュモン)』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『セカンドオピニオンとかかりつけ医制度』  └───────────────────────────────────┘  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『風の前奏曲』(日本では昨年12月に公開)   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                  <タイ編>     伝統楽器演奏家の生涯を描いた、壮絶でいて清清しい「格闘」系映画                  ◆◇◆◇◆    「またタイ映画?しかも、また格闘技系?よほどハマってるのね、この人」と   思われました?確かに私も、続けてタイ映画はどうかな?と迷いました。でも   ご紹介せずにはいられなかったんです。親しくさせてもらっているタイ人の友   達もいないくせに、敢えて言い切ってしまいますが、これはもう、私にとって   はタイ人そのものみたいな映画です。なんというか、サッカーのタイ代表の闘   いぶりというか…(笑)マジで、あの柔和な微笑みと物腰の内に秘められた熱   い心や不屈の精神、そういったものが、実に印象的なシーンとして映像化され   ている上、1人の男の生き様、それを通して監督が伝えたかったメッセージも、   ストレートに伝わってくる、とても完成度の高い作品だと思います。(このあ   たり、ストーリーからかけ離れた映像美やこれ見よがしの技術にこだわって、   過剰な労力と予算をつぎ込んでいる映画制作者に見習ってほしい)   さて、見出しに「格闘」系と書きましたが、この映画は前回ご紹介した『トム   ・ヤム・クン!』のようなアクション映画ではありません。でも、圧倒的な演   奏対決シーンといい、主人公のソーンが音楽家として生きる道を選んだが故の   葛藤を描いたところといい、まさに「闘う映画」。   実はこのソーン役には、古典楽器ラナート(タイの木琴)の伝説的奏者兼作曲   家であり、大衆に愛され続けた古典芸能全般の後援者でもあった実在のモデル   がいるんですが、イッティスーントーン・ウィチャイラック監督は「まずタイ   人全般に問い掛けたいテーマがあり、それに沿うような題材を探していたとこ   ろ、この巨匠の伝記に行き着いた」と語っています。その問いというのは「欧   米の猿真似をして、自国の文化やルーツをないがしろにする国に明日はあるの   か?」というものなんですが、ソーンの最後の闘い(伝統文化を排除しようと   する権力に対する闘い)の場面は、ほんとこの映画の真骨頂だと思いましたね。   それ(73〜74歳という想定)を演じたベテラン俳優のいぶし銀のような演技も   すごかったんですけど、18〜19歳の頃のソーン役だったアヌチット・サパンポ   ン君のさわやかなイケメンぶりと演技力、そしてラナート演奏の素晴らしさに   はもう、私、完全に魂を奪われてしまいました。映画鑑賞中から頭の中は「彼   って、もともとラナート奏者?それで、たまたま、あれだけのルックスに恵ま   れていて、演技は後から身につけた?それとも、役者が本職でラナートは特訓   したの?」という疑問で一杯(笑)。   正解は…(ライター追記へ続く)。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/10/post_f4e7.html         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>   ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html          ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!               http://homepage2.nifty.com/oubo.html      ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』夏ドラ終了後+秋ドラ期待度配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「セカンドオピニオンとかかりつけ医制度」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html        ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○