トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2007上半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『ご挨拶/読者プレゼント』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'07上半期(ベスト)』       ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全90本)』                                     ◇ 海外発!シネマ情報……『「SUMO-lah」<マレーシア編>』(予告)     ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!        ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!                   ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'07上半期(ワースト)番付』                  『最新シネ・ビズ情報』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!   該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期を狙ってのお届けです。   秋のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。   ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○       ◆「こちらの映画の特製プレスパンフ+αセット」を3名様に!    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/post.html        “読者プレ「転々」係”の件名で        お名前と、トレキャ!への感想などもお書き添えの上、        こちらまでご応募下さい。→ gotown@a2.mbn.or.jp             (10月15日締め切り)           ◇---------------◇-------------◇    ◆「ローズウォーター消臭スプレー『Body&Foot spray』」を読者5名様に!    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/95_1204.html            (こちらは本日締め切り!)            ※当選者には追って折り返し当選のご連絡差し上げますので       その際にプレゼント品の送付先ご住所などをお知らせください。   ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○        ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆      トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、    お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2007年度上半期公開シネマ(本年正月〜6月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        ↓ちなみに2006年度までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                  ■『上半期番付!』■                 (18点満点)    ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/2007_2520.html 1位『ドリームガールズ』(UIP)…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 2位『それでもボクはやってない』(東宝)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10  3位『キサラギ』(東芝エンタテンイメント)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 4位『バベル』(ギャガ)…………………………………………☆☆☆☆☆☆6 4位『舞妓 Haaaan!!!』(東宝)…………………………………☆☆☆☆☆☆6 4位『アヒルと鴨のコインロッカー』(ザナドュー)…………☆☆☆☆☆☆6 4位『プレステージ』(ギャガ)…………………………………☆☆☆☆☆☆6 5位『ダイハード4』(FOX)………………………………………☆☆☆☆☆5 5位『パフューム ある人殺しの物語』(ギャガ)……………☆☆☆☆☆5 5位『ボルベール<帰郷>』(ギャガ)…………………………☆☆☆☆☆5 5位『ゾディアック』(ワーナー)………………………………☆☆☆☆☆5 5位『ブラッド・ダイヤモンド』(ワーナー)…………………☆☆☆☆☆5 6位『憑神』(東映)………………………………………………☆☆☆☆4 6位『さくらん』(アスミック)…………………………………☆☆☆☆4 6位『毛皮のエロス』(ギャガ)…………………………………☆☆☆☆4 6位『ホリデイ』(UIP)……………………………………………☆☆☆☆4 7位『300(スリーハンドレッド)』(ワーナー)………………☆☆☆3 7位『不都合な真実』(UIP)………………………………………☆☆☆3 7位『長州ファイブ』(リベロ)…………………………………☆☆☆3 7位『ハンニバル・ライジング』(東宝東和)…………………☆☆☆3 7位『眉山ーびざんー』(東宝)…………………………………☆☆☆3 7位『ボンボン』(シネカノン)…………………………………☆☆☆3 8位『女帝 エンペラー』(ギャガ)……………………………☆☆☆▼2 8位『マリー・アントワネット』(東宝東和=東北新社)……☆☆☆▼2 8位『パイレーツ・オブ・カリビアンワールド・エンド』(VB)☆☆☆▼2 8位『ブラックブック』(ハピネット)…………………………☆☆2 8位『ラストキングオブスコットランド』(FOX)………………☆☆2 8位『ラッキーナンバー7』(アートポート)…………………☆☆2 8位『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(松竹)…☆☆2 8位『魂萌え!』(シネカノン)…………………………………☆☆2 8位『GOAL!2』(東芝エンタ)…………………………………☆☆2 8位『バッテリー』(東宝)………………………………………☆☆2 8位『ロッキー・ザ・ファイナル』(FOX)………………………☆☆2 9位『幸せのちから』(SPE)………………………………………☆☆▼1 9位『ディパーテッド』(ワーナー)……………………………☆1 9位『クイーン』(エイベックス)………………………………☆1 9位『絶対の愛』(ハピネット)…………………………………☆1 9位『ルワンダの涙』(エイベックス)…………………………☆1 9位『叫』(ザナドゥー)……………………………………………☆1 9位『アンフェア the movie』(東宝)…………………………☆1 9位『ハッピーフィート』(ワーナー)…………………………☆1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                             (近日配信)                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────       読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ!読者様へメッセージ                  ↓   トレキャ!さんとは、うれし恥ずかし深い仲の「ゴクラク映画感」でござ   ります。姉妹メルマガとして、5年近くロングラン上映中ですのや。   さて皆さん(浜村淳か)、笑える映画評のメルマガって読んだことあります?   笑えまっせぇ、こてこて大阪弁のお笑い映画評。ゴクラク映画感。   毎回、日本中で4千人ぐらいの読者がタハハハハ! と倒れてはります。   ■お申込みはここから:http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html   ───────────────────────────────── A:2007年上半期はあいかわらず面白い邦画が目白押し、一方洋画もハリウッド系   大作の続編がそれなりに魅せてくれましたよね〜。好みにあんまりこだわらず   次から次へと観ていると、毎月ひゃあと思える作品に必ず出会えた、そんな上   半期でした♪   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html    ゴ:今年は本当にハリウッド系は続編ラッシュ。2007年公開の人気作の続編は17本   に及ぶとか。近年はジャパニーズホラーやアジアン・ノアールのリメイクも目   立つし、日本のドラマ界と同様、ハリウッド映画も企画に行き詰ってるってこ   とでしょうかね。実際、この上半期も大スター起用の大作よりも、無名に近い   俳優を主役にした一見地味系作品にお宝発見!が多かった気が。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『転々』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html    M:最近、大作をあんまり観なくなってしまい、でもテキトーに選んだ小品に拾い   モン多し、です。それと、韓国映画の質が全体的に下がってきてるのが気にな   ります。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html よ:ですね、韓国映画ファンとしては寂しい限りです。一方、邦画もバブルの波に   踊らされてると・・・。この先心配になってきちゃいます。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『めがね』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html     P:そうそう。私事になりますが、11月に徒歩15分のところにシネコンが出来ます。   これはかなり“にんまり”な事件です(笑)。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『クローズド・ノート』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。   ----------------------------------------------------------------------      ●1位『ドリームガールズ』(UIP)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/2007_2520.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    ゴ:☆☆/ここに描かれている女性ボーカルユニット「ドリームズ」が辿った道は、   時代や場所を超越した、ある意味普遍的なショービジネスの光と影。ドラッグ   におぼれ絶頂期から転落する黒人スター(エディー・マーフィが好演)もそうい   う意味ではリアル。それでいて、苦渋を飲まされ不遇を味わったヒロイン(ジェ   ニファー・ハドソン)が最後に見事復活し華々しい解散ライブをぶちあげるラス   トはシネマの世界ならではの躍動感。トレキャ!シネ番2003年度ベスト映画に   選出された『シカゴ』↓と並ぶミュージカル映画の傑作。   http://homepage2.nifty.com/cinema/2003/0928.html 雲:☆☆/いやまぁ、メリケンのショービジネスっはえげつないもんじゃ。ストー   リーは単純や。かしまし娘がやり手プロモーターによいしょされて、全米デビ   ューしよるんや。リードボーカルがガラス割れそうな声出すネエちゃんから、   しっとりボイス美人に入れ替わって仲間割れや。J・ハドソンちゅう牛系のネ   エちゃんがどえらい迫力でやんした。わしらはノリのええ、ごっつい歌唱力と   ハーモニーのR&B音楽をメェメェと山羊みたいに楽しんだらええんどす。 A:☆☆/ブロードウェイの大ヒットミュージカルの待望の映画化。ドラマ部分は   補足程度、全編を彩るのは往年のソウルナンバー、スクリーンが舞台になった   かのような迫力だった。役のためキレイにやせたビヨンセよりダイナマイト・   ボディ&ボイスのジェニファー・ハドソンの方が圧巻。見事オスカーに輝いた   ジェニファーの今後の活躍に期待したいな。     M:☆☆☆/最初、「ビヨンセ出てるって聞いてたけど、いつ出てくるんやろ?」   とずっと思って観てました。全然オーラなくてビックリ。やっぱり、ジェニフ   ァー・ハドソンの圧倒的な存在感が勝った感じ。きっとビヨンセはオスカーが   彼女にいっちゃって、「うっそー、そんなハズは…」って思ったやろね。で、   モータウンサウンドの豪華さに☆3つ。   よ:☆☆/確かにジェニファー・ハドソンの圧倒的な歌とその姿の存在感(笑)に   は脱帽。しっかしほんと歌うまいよね〜、みんな。久々にサントラを聴きたい   って思ったもん。   レ:(番付担当外スタッフからもひとこと!)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/post_5ff4.html   (へえ〜↑ジェニファーって「アメリカン・アイドル」落ちしてたんだ〜:ゴ)  ----------------------------------------------------------------------   ●2位『それでもボクはやってない』(東宝)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10    雲:☆☆/痴漢に間違われた大凶兄ちゃんの、開き直り裁判ちゅう話や。わしも若   い頃、折りたたみ傘を水平に持って、混んでる電車に乗ったら、OLにまちゃま   ちゃみたいな目で睨まれたがな。この兄貴まったくの冤罪やけど、裁判ちゅう   ても、証拠と反証の力勝負だけで、データの多い方が勝ちや。遠山の金さんみ   たいな、何もかもお見通しのお裁きはないんかい。 A:0/痴漢冤罪事件ってよく聞くけど、どこか他人事だった。でもこの映画がリ   アルなんだとしたらヒドイ話。日本はなんて滑稽な法治国家なんだろうって思   った。ちなみに本編に出てきて笑わせてくれた拘置所の赤トレーナーの牢名主   (本田博太郎)にも実在モデルがいるんだろうか? ゴ:☆☆/あの本田博太郎扮するゲイな拘置所の「主」、この映画の中で数少ない   癒し?だったわ(笑)。綿密なリサーチに基づいて描き出された公判のシーンは、   あまりの理不尽さに失笑させられたり、当事者の身になって脂汗が出てきたり   で、ラスト役所広司の『控訴しますっ!』の高らかな一声がなかったら、ちょっ   と立ち上がれないくらいに落ち込むところです。根性が捻じ曲がって平気で人   権を蹂躙する裁判官がいるとしたら、その裁判官を一体、誰が裁いてくれるん   でしょうか。    P:☆/じんわりと面白みが増してくる作品。面白くもあって、また、裁判の真実   に「そんなことってありえるのかよ」という驚きも。本当、当事者になってみ   ないとわからないことってたくさん。正しいことを主張してもそれが認められ   ないなんて、普通に考えるとおかしいのに。裁判っていうのは誰を基準に進め   るべきものなのか、とか、裁判員制度が実際に施行されたらどうなるんだろう、   と観た後にいろいろ考えさせられました。   よ:☆☆☆/今年初めに見て衝撃を受けた作品。日本の裁判ってこんななの?!   警察も検察も裁判官すら信じられない日本という国に住んでることが、そら恐   ろしくなったよ。とは言うものの映画はちゃんとエンタメとして、クスッと笑   えるところもあるしでかなりな出来です。周防監督はずっと遊んでた訳じゃな   いのね。次回作も期待してまーす。 M:☆☆/周防監督、久々に登場ですねー。テレビで見たら、えらくじいさんにな   っててびっくりした。でも緻密な展開具合とか、最後はグレーな終わり方とか、   ちょっとサスペンス入ってたのも気に入りました。    ----------------------------------------------------------------------   ●3位『キサラギ』(東芝エンタテンイメント)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 A:☆☆☆/自殺したアイドル如月ミキの一周忌に集まった彼女のファンと称する   5人の男達。彼女の死の真相を巡って、上へ下への大騒ぎ、ドンデン返しにつ   ぐドンデン返し。ワンシチュエーション・サスペンスってどうよ?なんて期待   せずに観たら、あまりの面白さに目からウロコの傑作だった。ユースケ・サン   タマリア、ドランクドラゴン・塚地、小出恵介、小栗旬、香川照之ら5人の役   者魂が炸裂。散々大笑いした後にホロっときてエンドロールでまたまた笑えた。   今年上半期、ワタシのベスト1はコレ! よ:☆☆☆/私も上半期ナンバー1です。最高に面白かった。最初から最後までずー   っと倉庫みたいな部屋から場面は動かないんだけど、全然不自然じゃないし、   次から次へと意外な事実がわかって、爆笑、爆笑、感心の連続です。最後まで   如月ミキの顔がわかんない演出も見事だよね。エンドロールは必見です。踊り   覚えちゃおうかな。   ゴ:☆☆☆/脚本家の古沢良太氏が、劇団(ヨンパチ48BLUES)のために映画化も見   越して書き上げたシナリオ。舞台用に設定された密室劇の中に、コメディ、謎   解きミステリー、研ぎ澄まされたセリフの応酬、善意から生まれた悲劇、そし   て驚きの結末…と退屈するスキもない。最後にほろりとさせるあたりはさすが   『ALWAYS 三丁目の夕日』の脚本家。CGとか大仰な演出に頼らず、脚本のスゴさ   で魅せた秀作。  ----------------------------------------------------------------------   ●4位『バベル』(ギャガ)…………………………………………☆☆☆☆☆☆6 A:☆/菊地凛子がこの作品でなぜここまで絶賛されているのかピンとこなかった   が、本編を観て納得、というかおったまげた。聾唖の少女の演技はモチロン完   璧、プラスアルファ欲求不満をあんな形で表現するなんて!?発情すると女は   あそこまでやるもんか?モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの場   所で、孤独な人間同士が織りなす喪失と再生の物語。人間はみな愚かだけれど   も捨てたモンじゃない、観た後そう思えるエピソードの数々にアレハンドロ・   ゴンサレス・イニャリトゥ監督の力量を感じた。   M:☆☆/ディスコミュニケーション(通じない状態)がテーマのこの映画。そう   いう状態を「バベる」っていうってCMやってたけど、この言葉は流行んなかっ   たね。ブラッド・ピットがやたらゴーマンな白人男に見えたのと、お気に入り   のガエル・ガルシア・ベルナルもあんましカッコよく見えなかったのが残念だっ   たけど、若いのに大物をバンバン使える監督手腕に☆2つ。 よ:0/菊池凛子の脱ぎっぷりは大したモノだけど、どー見ても彼女が女子高生に   は見えないんだよね・笑。私が気になったのは刑事役の役者さん。なかなか素   敵だったわ〜。   ゴ:☆☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html     ----------------------------------------------------------------------   ●4位『舞妓 Haaaan!!!』(東宝)…………………………………☆☆☆☆☆☆6 A:☆☆☆/阿部サダヲによる阿部サダヲのための映画!堤真一&柴咲コウとの相   性も抜群、全編勢いのある傑作おバカ映画に仕上がってました。ブリーフ一丁   の阿部サダ、舞妓姿のコウちゃん、それぞれファンにはたまらなかったと思い   ます。コウちゃんから前をたばこでジュっとやられた阿部サダ…、あ〜ヤバイ、   また観たくなってきた(笑)。 P:☆☆/「何を置いても阿部サダヲ。」サダヲ氏なくしてはこの作品の魅力はゼ   ロですね。(サダヲの“ヲ”は重たい“を”です、みなさん間違えることのなき   よう)。サダヲ氏がスクリーンに出るたびに笑いがこみあげてきて大変でした。   久しぶりに映画を見て馬鹿笑いをしちゃいまいたよ。堤さんもクドカンにかか   るとこんな風になっちゃうなんて。そこにぽけーっとしたOL役の柴咲コウとか   『帰ってきた時効警察』でまかで君を演じていた小出沙織嬢とかが絡んできて   賑やかでした。   よ:☆/「ななはぁぁぁぁん」と絶叫するどーみても高校生に見えない阿部サダヲ   に笑わしてもらいました。そうそう、舞妓さん役をやった女優さんがすごく可   愛かったですね。私も舞妓体験ツアー行こうと思っちゃった。 M:0/全然関係ないんですけど、こないだ大阪のミナミで、宮藤官九郎目撃しま    した。あのまんまだった。 ゴ:0/映画は未見ですが、阿部サダヲ出演作でオススメ映画といえば、10月6日   公開のゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』。http://www.oboro-no-mori.jp/   “ゲキ×シネ”とは演劇でもない、映画でもない、まったく新しい映像エンター   テインメントカテゴリー。実際に演じられた舞台劇を映画上映を前程に撮影、   編集したもので、この『朧の森に棲む鬼』は、間に休憩を挟む3時間超えの作   品ながら、舞台の臨場感+カメラが切り撮る映像とハイテク編集の迫力は、鳥   肌モノ。主演は市川染五郎。舞台出身ならではサダヲっちの魅力も全開です!   私はこの作品で役者染五郎にホレました!(笑) あ:(番付担当外スタッフですがひとこと)ワタシも『朧の森に棲む鬼』はサイコー   !だと思いましたヨ。「染五郎なんて単なる女たらし」って思ってたのに、実   はあんなにスゴイ役者さんだったなんて! そしてもちろん阿部サダヲさんも、   ね。あの舞台でも映画でもない“ゲキ×シネ”は、ぜひぜひたくさんの方に観   てもらいたいなー。今、イチバンのオススメです!     ----------------------------------------------------------------------   ●4位『アヒルと鴨のコインロッカー』(ザナドュー)…………☆☆☆☆☆☆6 A:☆/伊坂さんの同名小説をよくぞここまで見事に映像化したモンだ!と友人が   ベタ褒めしてた。DVDで絶対観なくちゃ! ゴ:☆☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/06/post_60e5.html  ----------------------------------------------------------------------   ●4位『プレステージ』(ギャガ)…………………………………☆☆☆☆☆☆6 A:☆/19世紀末のロンドンを舞台に、マジックに人生の全てを捧げる2人の天才   マジシャン(ヒュー・ジャックマンVSクリスチャン・ベール)の壮絶な確執と   驚愕の顛末。騙し騙され続けた人生の果てに2人の男が行きついたトリックは   ・・・。双子とクローンがキーワードよん。 P:☆/最後の最後で謎が解けて、「うわ、もう一回頭から観直したい」と思って   しまいました。観ている最中はシルクハットがなんであんなにあるのかとか、   わからなかったんですよ。あとで冷静になって考えてみたら背筋がぞーっ、と   しましたね。ライバル関係が招いたこの上ない不幸の物語、とでも言っておき   ましょうか。 M:☆/これはなかなか、変わった大作映画でした。最後のオチはあんまし気に入   らなかったけど、主役二人がうまいのよ。 よ:☆/マジックの仕掛けより、壮絶な足の引っ張り合いにビックリ。なかなか厳   しい世界なんですね、マジックも。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ダイハード4』(FOX)………………………………………☆☆☆☆☆5 ゴ:☆/今回のマクレーン刑事、“デジタル時代のハト時計…”とか敵にバカに   されながらも、果敢にITテロに挑んでおります。もちろん、お約束なので、今   回も死にそうになりながらも決して死にません!そして老体に鞭打って不死身   のアクションこなすわりには、ボヤき体質も相変わらずで、そこが微笑ましい   限りです(笑)。っていうか、ウィリスの顔の作りが、基本ボヤキ顔なんだよね。     雲:☆☆/アクション映画はど派手で、単純なストーリーに限るなぁ。ブルース君   はホンマに元気やのぉ。中高年のおっさんの鑑や。今回はアナログ対ITの戦い   や。そら死ぬやろぉの危機にも絶対に死にまへん。どんだけ運がええねん。   暑苦しいアナログおやじがバーチャルに勝負かけるっちゅうことや。楽天 対   千林商店街やね。IT長者とかヒルズ族とかいう妖怪が六本木あたりに化けて出   るらしいけど、裸一貫、体で勝負っちゅう心意気を見習ぉたらどや。 A:☆/シリーズ4作目にして、ダンナに付き合い、初めて劇場で鑑賞したら面白   くてびっくり。戦闘機に爆撃されても死なないなんて(笑)、全くありえない   不死身男のJ・マクレーン。タフな男はいいなあ。B・ウィリスまだまだイケ   るんじゃない。   よ:☆/ブルース・ウィルスにはもうアクションはキッツイでしょ〜て思ったけど   まだまだイケルね!次回作あるのかな???期待しちゃうね。 M:0/え、そうなの?おもしろいの?『ロッキー』と一緒で、勝手に「もうええ   やろ」って思ってた。DVDでぜひ観ないと。初心忘れるべからずですね。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『パフューム ある人殺しの物語』(ギャガ)……………☆☆☆☆☆5 A:☆/何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主・グルヌイユをベン   ・ウィショーが怪演。グルヌイユが好んだ少女の体臭をブレンドしたパフュー   ムの催淫効果たるや?クライマックスの群衆乱交パーティにはビックリした!   もっとビックリしたのは、人心を狂わす強烈パフュームを頭からかぶった主人   公の末路。 よ:☆/そう、この映画のラストこそ想像つかない大ドンデン返し!そのパフュー   ムは一体どんな臭いなんだ??気になる〜〜〜。しかし視覚の映画に臭いなん   てどう表現するんだ?と思ってたけどうまーく表現できたよね。冒頭の下町な   んてほんと画面から臭ってくるかと思ったモン。 P:☆/こういう作品好きなんですよ。かなり観る人を選ぶ作品だとは思うけれど   も。長さも気にならないくらいスクリーンに集中してました。目で見るだけで   ニオイが喚起されるような作り方をしたって宣伝してましたが、本当その通り   で腐敗臭とか枯れ草のニオイとかが伝わってきました。あと、エキストラ全員   が一糸まとわぬ姿で恍惚となるシーンはすごかったですね。何だか匂いたって   くるようでした。(何が?) ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ボルベール<帰郷>』(ギャガ)…………………………☆☆☆☆☆5   A:☆/ハリウッド映画では今ひとつだけれど、本国スペインに戻ると途端に輝き   を取り戻すペネロペ・クルス。『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ   ・アルモドバル監督と再び組んだこの作品は、カンヌ国際映画祭でパルムドー   ルを受賞。ペネロペ本人もアカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた。ス   ペイン母ちゃんの貫禄を体現するため付け尻をつけて演じたというペネロペ、   どこか往年の名女優ソフィア・ローレンにも似て、体を張って生活を必死に支   えるライムンダという役を熱演。特に劇中彼女自身が情感たっぷりに歌ってい   たタンゴの名曲「ボルベール」は胸に沁みた。   M:☆☆/ペドロ・アルモドバル監督は、年を取って、テーマが家族へと移行して   人間的な深みのある映画を撮ってるなーと思う。ペネロペのどすこいオカンぶ   りも、色気と図太さが交じり合って、人間臭くていい感じ。話も、予想を反す   る展開で、シリアスなサスペンス調に見せかけときながら、実はコメディっぽ   いとこが好き。女は強し。    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ゾディアック』(ワーナー)………………………………☆☆☆☆☆5 A:☆/デヴィッド・フィンチャー監督が1960年台〜全米を震撼させた実在の未解   決事件の真相と“連続殺人鬼ゾディアック”の実体、そして犯人を追ううちに   運命を狂わされていく男達を描いたクライム・サスペンス。キャストの中でも   犯人から犯行声明文を送りつけられた新聞社のスタッフで事件に最後まで執着   し続けるグレイスミスを演じたジェイク・ギレンホールが出色だった。 P:☆☆/この作品でいちばん印象に残っているのは、川沿いでカップルが襲撃さ   れるシーン。ゾディアックの女性に対する悪意がものすごくて、目を背けたい   のに背けられずに凝視しちゃいました。自分の中ではここ数年で稀に見る殺害   シーンでしたね。痛々しいとかそういう次元を超えてました。デビット・フィ   ンチャー監督ならではの凝ったカメラワークも健在で(『パニック・ルーム』   はやっぱりちょっと彼らしくないと思っている私です)、ちょっと野暮ったさ   のあるグレイスミス(ジェイク・ギレンホール)の事件に惹きつけられていく   様とか見応えがありました。某地下で彼が怖がるところとか本当、リアルで。 雲:☆/ジャスコみたいに、あらゆる犯罪が棚に並んでるアメリカは迷宮入り事件   も腐るほどおますんや。犯人は暗号文を新聞社に送ってきよるけど、誰もよう   解けへん。暗号解読を趣味とする(なんちゅう趣味や)夫婦が解読しよるけど、   どこぞの夫婦が解いてくれましたでは話として夕張市民も不満やろ。映画は飛   ばし過ぎやし山もない。ツッコミの方向もずれとる。せっかくええ食材が入っ   たのに、板場が味付け間違ぉて中華風になった会席みたいな後味や。     ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ブラッド・ダイヤモンド』(ワーナー)…………………☆☆☆☆☆5 A:☆/紛争ダイヤに、アフリカの内戦の実態、そして少年兵。この映画を観なけ   ればたぶん知らずにいた数々の事実に触れて、モノ(宝石)を見る目が確実に   変わった。一粒のダイヤモンドの陰でヒトが虫けらみたいに死んでいくという   現実。それが「This Is Africa」だなんてあまりに酷過ぎる。元傭兵でダイヤ   密輸ブローカー・ダニーをレオ様が熱演。これからもこういう素晴らしい映画   にもっと出て欲しいもんです。 よ:☆☆/それでもあなたはダイヤ買いますか?と見た後問い掛けられているかの   ような映画でしたね。綺麗なダイヤの裏にこんなヒドイ現実があったなんて、   初めて知ってビックリしました。レオは『ディパーテッド』より断然こちらの   がよかった。すごくかっこよくて久々に惚れなおし。   ゴ:☆☆/ダイヤをめぐる悲劇の連鎖。ふだんの生活の中では見えてこない中南米   の問題も、この作品のように、映画で初めて学べることって多いなあ。      ----------------------------------------------------------------------   ●6位『憑神』(東映)………………………………………………☆☆☆☆4 雲:☆☆/ジャポンには、やおよろずの神ちゅうて神さんがいっぱいやけど、嫌わ   れトリオは貧乏神・疫病神・死神の3人や。妻夫木クンが幕末の侍役で、三人   の神に次々憑かれよる。最悪三人神のキャスティングが冴え渡ってるさかい、   めっちゃオモロイ話になっとるんや。小泉は自民党をぶっ壊したけど、この映   画はイメージをぶっ壊しよった。反則ワザに近いけど、演出ちゅう毒をもって   毒を制した感じやなぁ。エンディングも侍の生きざまを描いとって納得や。 A:0/思ったより退屈で、中盤、疫病神(赤井英和)あたりはALL居眠り(笑)。   死神(森迫永依)登場から正気が戻り、カワイイおつやちゃんはちゃんと観れ   たけど、最後まで低め安定で盛り上がれずじまい。 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/05/vol218_5a4f.html  ----------------------------------------------------------------------   ●6位『さくらん』(アスミック)…………………………………☆☆☆☆4 A:☆☆/安野モヨコの同名コミックを、脚本・タナダユキ、音楽・椎名林檎を迎   え、これが初監督となる写真家・蜷川実花が映画化。吉原というびいどろの中   で咲いた極彩色の金魚花、花魁・日暮を土屋アンナが大熱演。本編は映画とい   うより、まるで写真集か画集のよう。ワタシは色の洪水にクラクラしたけど、   蜷川さんが好きなヒトにはこたえられない映画でしょう。 P:0/ストーリーよりも一場面一場面のスクリーンの色彩に目を奪われました。   さすが写真家の蜷川さん。濃厚な赤色とか緑とか紫とか、こてこてしているよ   うに見えるんだけれども、目が疲れない。これは色のバランスをちゃんと考え   ているからなんでしょうね。花魁を金魚鉢で泳ぐ金魚に例えたりするところも   女性ならではの視点だと思いました。菅野美穂と木村佳乃の絡みシーンとかが   ネットでも話題になってましたが、ふたりともきれいだったなぁ。特に木村佳   乃演じる高尾の切ない表情といったら、もう。 ゴ:☆/本作監督の蜷川実花は、『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポ   ラと通ずる、天才的な色彩感覚がありますね。どちらも女性監督ならではの表   現。    よ:0/女子による、女子のための映画ですよね。内容どうこうというよりその真っ   赤な色彩画面に圧倒されたよね。私は主役の土屋アンナより菅野美穂が色っぽ   くて素敵だったなぁと思った。  ----------------------------------------------------------------------   ●6位『毛皮のエロス』(ギャガ)…………………………………☆☆☆☆4 M:☆☆☆/ニコール・キッドマンが、ダイアン・アーバスという実在だった女流   写真家を演じる怪作。久々登場のロバート・ダウニー・ジュニアが毛むくじゃ   らの男に扮し、いい味出してます。私の今期ベストです!! ゴ:☆/この映画のヒロインは、どんだけ「毛」フェチなんだ!…と(笑)     ----------------------------------------------------------------------   ●6位『ホリデイ』(UIP)……………………………………………☆☆☆☆4 A:☆/こんなにチャーミングなジュード・ロウって観たことなかった。どこかエ   キセントリックな役どころが多かった彼が、子持ちで恋に悩むシングルパパを   好演。ロンドン校外の牧歌的な田園風景もステキだったし。イギリスいいな。   映画を観た後ムショウに渡英したくなった。 よ:☆/登場人物全員がキュートだったよね。しかしホームチェンジってすごいよ   ね、私もやってみたいかも。あっもちろん映画みたいにお金持ちの家限定でお   願いします(笑)。  ----------------------------------------------------------------------   ●6位『300(スリーハンドレッド)』(ワーナー)………………☆☆☆3   雲:☆/300っちゅう数が多いのか少ないのかは、オシム監督でも知ってるやろ。   今回のどつきあいはスパルタ組300対ペルシャ組100万ちゅう、虐待に近い数字   の差や。これって太平洋戦争末期の米軍艦隊に体当たりするカミカゼと近い。   首は飛ぶ、腕はもげるで浜は大漁祭りや。出てくる役者は知らんやつばっかり   やし、映像で勝負っちゅう狙いの映画やなぁ。すべてにリアリティがないし、   なんかテレビゲームの動画を見てるような心地でございやした。 ゴ:☆/ロケは一切なしで全編CGで作ったというゲーム的映像と、語り部による進   行ぶりのせいか、まるでハイテク仕様の「紙芝居」を見ているような印象。こ   うしたアナログ感とハイテク感の融合ということでいえば、全編CGなのにフィ   ルム撮影というところもビミョウにアナログミックス。そこが有名スターが皆   無の本作が米国で異例のヒットをした要因と見るむきも。   よ:☆/何がすごいって、スパルタ軍の人たちの肉体美!皆さん腹筋割れててすご   かったわー。えらいおじいちゃんの腹筋も割れてたけど、あれもCGなんだろう   か?300人VS100万という圧倒的不利な戦いに挑む、スパルタ軍戦士達の勇気に   は恐れ入ったです。  ----------------------------------------------------------------------   ●7位『不都合な真実』(UIP)………………………………………☆☆☆3 ゴ:☆☆☆/米国のアル・ゴア前副大統領が地球温暖化の実態を解説し世界に警鐘   を鳴らしたドキュメント映画。ライフワークとして環境問題に取り組むアル・   ゴアがスライドを使った講演会で地球の危機を訴える。昨今の異常気象ぶりに   地球温暖化は本当に深刻化しているのだと実感。中南米問題同様に環境問題も   映画から学べることは多いです。      ----------------------------------------------------------------------   ●7位『長州ファイブ』(リベロ)…………………………………☆☆☆3 ゴ:☆☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html   山口県下関市の辛子めんたいこメーカー、前田海産社長が製作指揮した幕末に   渡英した長州藩士の青春を描いた映画。知ってる人少ないでしょうが(笑)、第   40回ヒューストン国際映画祭で長編部門グランプリの受賞です。   ちなみに幕末ファンの方には、こんな商品も。幕末の志士を輩出した鹿児島、   山口、高知、東京の老舗4メーカーのしょうゆを集めた統一ブランド「幕末ファ   ン専用しょうゆ薩長同盟」(730円)。瓶のパッケージは7種で、西郷隆盛や高杉   晋作などそれぞれの志士の肖像をあしらい、所属藩ごとに家紋や色をアレンジ。   幕末ファンの方、1本いかがですか?(別にまわしもんじゃありません。笑)       ----------------------------------------------------------------------   ●7位『ハンニバル・ライジング』(東宝東和)…………………☆☆☆3   雲:☆☆/天才ニュートンはリンゴが落ちて引力を発見したけど、奇才ハンニバル   君は人肉食うて旨さを発見しよった。ハンニ君が肉食動物に目覚めた原因の元   ドイツ兵への復讐劇や。たった一人で敵に立ち向かうダイハードのオッサンや   『沈黙の…』シリーズのノリですがな。ハンニ君は伯母さんから剣道を仕込ま   れて、日本刀やドス持ってお礼参りに行きよる。お前は唐獅子牡丹か。前半は   悲しい生い立ち、後半は人肉食い怒りの復讐っちゅう二部構成ですなぁ。 P:0/しっくりこなかったです。若かりしころのハンニバル・レクターの話を楽   しみにしていたのに。楽しめなかった理由としてはまず日本刀。ハンニバルを   演じたギャスパー・ウリエルが日本刀を振り回すのがあまりにも似合わなさす   ぎ。次に、叔母の呼び名。レディムラサキって…。そして、カニバリズム。もっ   とがっつり噛み付いたりするのかと思っていたのに…。このシリーズは『ハン   ニバル』で止めておいたほうが無難でしたね。 A:0/レクター博士の人肉食のルーツは妹ミーシャの最期にあったとは!?若き   日の博士をギャスパー・ウリエルが怪演、でも彼の復讐も終盤にかけて、なん   だか怖さがフェイドアウト・・・、物足りなさだけが残った。  ----------------------------------------------------------------------   ●7位『眉山ーびざんー』(東宝)…………………………………☆☆☆3 A:☆/さだまさしの同名小説を犬童一心監督が映画化。「仕事は女の舞台だよ。   簡単におりるもんじゃない!」末期ガンに冒された母親の看護のため帰省して   きた娘(松嶋菜々子)を叱る神田のお龍(宮本信子)、彼女はなぜ眉山を見な   がら徳島で暮らしたのか?深い恋情を胸の奥にしまって最期は献体にのぞんだ   母親の一生を娘が辿ってゆく物語。泣けました。 雲:☆☆/めっちゃホットドックやなしにオーソドックスな話で、このままモノク   ロにしたら小津安ちゃうかぐらいのコンサバや。さんさんと陽射しが遊ぶ便所   で、ウォシュレットしてるみたいに居心地ええんや。母娘の大人としての短く   も、優しさにあふれた日々を描いてる。身勝手に生きてるアホガキはこういう   映画で人生を勉強せい! おかんの若き日の道ならぬ恋を思い出シーンに入れ   つつ、阿波踊り徳島の熱気を入れつつ、客を感情移入させてしまう手法はほん   まに上手いもんやなぁ。  ----------------------------------------------------------------------   ●7位『ボンボン』(シネカノン)…………………………………☆☆☆3 M:☆☆☆/ボンボンという間抜けに見える犬をもらったおじさん。実はそれが名   犬で…という、ほのぼのアルゼンチン映画。出演者のほとんどの人が演技経験   のない全くの素人だそうで、主役のフアン・ビジェガスにいたっては、監督の   会社のそばの駐車係で、撮影終わったら、また駐車係に戻ったとか。よくまあ   これだけの低予算ながら、すてきな仕上がり。拾いモンです。  ----------------------------------------------------------------------  尚、  残りの8位『女帝 エンペラー』〜9位『ハッピーフィート』までの19作品も  本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上、  近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。  何卒、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)       ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全90本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「○」印→ソフト系ネタ           「◎」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計90本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/from2007_9bc5.html   ◎『YOKOHAMA恋愛サミット2006』◎『文庫版+映画前売り券』◎『邦画に注目』   ○『アニメや漫画専攻の大学院』○『この夏はハリウッド映画』○『ピアノ映   画ブーム』○『イラク戦争、対テロ映画』○『映画のグローバル化』○『昭和   ブーム』○『チェコアニメ』○『女性監督ブーム』○『劇場でTVドラマ再ブーム』   ○『グループサウンズ映画』○『78割(ななはちわり)』○『怒らせDVD』○『コ   ミック映像化』○『リンダパブリッシャーズ』○『映画とレストランのタイアッ   プ企画』○『怪談料理』○『バベルパフェ』○『オカンに捧げるホテルステイ』   ○『豪華シューマイ』○『舞妓さんブーム』○『舞妓コスメ』○『舞妓と会える   ツアー』○『舞妓堪能する京都ツアー』○『あんさんのラーメン』○『映像作家   が見所解説』○『トイレジャックプロモーション』○『Myムービー』○『字幕職   人』○『シネコン家族向けサービス』○『ラインレスクリーム』○『キャプテン   レプリカユニフォーム』○『エルビス・イン・北海道』○『クゥのふるさと東久   留米』○『パイレーツ・オブ・カリビアン・ツアー』○『ピーターラビットと宿   泊』○『きっかけは、フジテレビ。』○『映画版たまごっち』○『トランスフォー   マー』○『ハリウッドスターの来日ラッシュ』○『オカンの家』○『ゲゲゲの妖   怪楽園』○『WOWOW FILMS』○『オカンに捧げるホテルステイ』○『秘密結社鷹   の爪』○『「DIAZ」の特製オリジナル・ブレスレット』○『ハリウッド・ドリー   ム・ザ・ライド』○『映画ファンド』○『ダース・ベイダー 鎧飾り』○『黒ひ   げ危機一髪パイレーツ・オブ・カリビアン』○『2006年ヒット邦画』○『崖の上   のポニョ』○『“女王”に注目』○『ミュージカル』○『シネコンで野球』   ○『焼肉映画タイアップ』○『チンギス飯(ハン)』○『アカデミーアウォードコ   ース2007』○『団塊宣伝応援団』○『トトロ オルゴールメリー』○『異国籍コ   ラボ映画』○『伊丹十三記念館』◎『Teleglass(テレグラス)T3〜F』◎『DVD   映画上映』◎『R2-D2 DVDプロジェクター』◎『AQUOS Tシリーズ』◎『ロボッ   ト2.0時代』◎『TRANSFORMERS MUSIC LABEL』◎『TSUTAYA新サービス』◎『クエ   スト』◎『DVDトースター』◎『コミュテンツ』◎『DVD自動レンタル機』●『ハ   リーを救え!』●『ハリー・ポッターシリーズ映画』●『エルビス巡礼』●『ロシ   アで北野武のCMが話題』●『キャビア・トリートメント』●『米映画協会選出の   映画作品ベスト100』●『ハリーポッターのテーマパーク』●『韓国ユニバーサ   ルスタジオ』●『スター・ウォーズ誕生30周年』●『ジョン・ウェイン生誕100   周年』●『インドの映画編集設備』●『ちょいプヨ』●『ケイト・モス コレク   ション』●『スパイダーマンミュージカル化』●『男性整形』●『セレブマー   ケティング』●『ハリウッドでは「環境」がトレンド』などなど。    ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html   └→『NO-MU-BA-RA』『薔薇香酢』『FRAGRA WATER』『風味香水』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『出世ドラマ』『いかほど〜』『ジーパン刑事モデルジーンズ』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『KY』『02娘01』『トドママ』『ヒトカラ/フタカラ/タカラ』等  └───────────────────────────────────┘  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆       当コーナーのコラムは    おっかけ配信いたしますNo.2の方で掲載しております!    今回は、相撲に出会い、負け犬人生を転換させた男を描くマレーシア映画    『SUMO-lah』(マレーシア編)をお届けします。    お楽しみに!     ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『Dhoom2』<インド編>   ・『風の前奏曲』<タイ編>     ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>   ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ・最新シネレビューはこちらをチェック!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/or_971f.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。     アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html          ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!               http://homepage2.nifty.com/oubo.html      ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』夏ドラ終了後+秋ドラ期待度待機!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「2007年上半期トレンド語学力」配信済!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html        ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○