トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2007下半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『ご挨拶/読者プレゼント』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'07下半期(ベスト)』                 +                '07年度ベストシネマ・オブ・ザ・イヤー      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全65本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポ(前編)』     ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!        ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!                   ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'07下半期(ワースト)番付』                   +ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤー                  『最新シネ・ビズ情報』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。  ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!      80回米国アカデミー賞受賞結果→ http://www.wowow.co.jp/oscars/main.html   31回日本アカデミー賞受賞結果→ http://www.japan-academy-prize.jp/   81回キネマ旬報映画ベスト10→  http://www.kinejun.com/tokubetsu/06bestten.html   と、国内外の一連の受賞作が発表されましたが、   2007年下半期公開作品を対象にしたトレキャ!シネマ番付も   お届けの時期となりました。   該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期ですので、   春のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。       また、下半期ベストまで出揃ったところで、上半期から1年通しての   ★『ベストシネマ・オブ・ザ・イヤー』★も選出しております。   トレキャ!のスタッフレビューを参考に皆さんも春シネマをご堪能下さいね。   ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○       ◆『特製パンフ(プレス)+新作映画鑑賞券入り福袋セット』を1名様に!    └→ 詳細はNO.2号にて告知。                           ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○     ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2007年度下半期公開シネマ(7月末〜12月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。なお2007年度のナンバー1作品も選出します!              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       ↓ちなみに2007年上半期までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                   ■『下半期番付!』■                  (18点満点)      ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/2007_79ee.html 1位『エディット・ピアフ/愛の讃歌』…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 1位『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 2位『ボーン・アルティメイタム』………………………………☆☆☆☆☆☆☆7 2位『ALWAYS 続・三丁目の夕日』………………………………☆☆☆☆☆☆☆7 2位『めがね』………………………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7 2位『転々』…………………………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7 3位『ミス・ポター』………………………………………………☆☆☆☆☆5 3位『HERO』…………………………………………………………☆☆☆☆☆5 4位『レミーのおいしいレストラン』……………………………☆☆☆☆4 4位『朧の森に棲む鬼』……………………………………………☆☆☆☆4 5位『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』……………………☆☆☆3 5位『クローズZERO』………………………………………………☆☆☆3 5位『オリヲン座からの招待状』…………………………………☆☆☆3 5位『ONCE ダブリンの街角で』…………………………………☆☆☆3 5位『俺たちフィギュアスケーター』……………………………☆☆☆3 6位『クローズド・ノート』………………………………………☆☆☆☆▼▼2 6位『河童のクゥと夏休み』………………………………………☆☆2 6位『ドルフィンブルー/フジ、もういちど宙へ』……………☆☆2 6位『夕凪の街 桜の国』…………………………………………☆☆2 6位『ショートバス』………………………………………………☆☆2 6位『バイオハザードIII』 ………………………………………☆☆2 6位『鳳凰/わが愛』………………………………………………☆☆2 6位『ローグ アサシン』…………………………………………☆☆2 6位『ワルボロ』……………………………………………………☆☆2 6位『カンナさん大成功です!』…………………………………☆☆2 6位『4分間のピアニスト』………………………………………☆☆2 7位『傷だらけの男たち』…………………………………………☆1 7位『天然コケッコー』……………………………………………☆1 7位『迷子の警察音楽隊』…………………………………………☆1 7位『マリと子犬の物語』…………………………………………☆1 7位『サウスバウンド』……………………………………………☆1 7位『包帯クラブ』…………………………………………………☆1 7位『大統領暗殺』…………………………………………………☆1 7位『ヒートアイランド』…………………………………………☆1 7位『シッコ』………………………………………………………☆1 7位『自虐の詩』……………………………………………………☆☆▼1 7位『ミッドナイトイーグル』……………………………………☆☆▼1                                  ↑IN! -------------------<ボーダーライン>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                             (近日配信)                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────       <読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ!読者へメッセージ>   シネ番にゲスト参加させてもろて、もう何年になりまっしゃろか。   一匹だけ毛色の違う雑種オーラを出して、栄えあるシネ番を汚しておりま   す。映画好きの方は、いくつか映画評メルマガを読んではると思いますけ   ど、やや下品ではありますが、お笑い「ゴクラク映画感」も、新規読者を   全員合格で受け入れておりますので、ぜひお仲間になられませぬか?(雲)   ■無料購読お申込み  http://www.mag2.com/m/0000004656.html   ───────────────────────────────── A:2007年下半期印象に残ったのはやはり邦画だったな。それも小品。絶対DVD購入   してうちで繰り返し観たい!そんな傑作に出会えた♪洋画は質の高い作品でも   心に残る余韻はその場限り・・・。心から笑えて泣けて観た後スッキリ爽快!   映画はこうでなくちゃ、そう思える作品は全て邦画でした。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『ノーカントリー』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html ゴ:邦画といえば、2007年公開の邦画興行収入ベスト10が、全部東宝作品だったと   か。でも、映画としてオリジナル作品はほとんどなく、ドラマやアニメの劇場   版ばかりだそうで、なんとも残念な限りです。メジャーヒットがある程度約束   されているメディアミックス大作より、意外なところでスマッシュヒット!み   たいな小作品に良質のものが多かったように思いますね。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『相棒-劇場版-』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html     P:2007年下半期は個人的に☆☆☆という作品に出会えませんでした。2008年上半   期は両手放しで褒めちぎれる作品に出会えると良いなぁ。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『ラスベガスをぶっつぶせ』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html M:韓国映画のダウンぶりが顕著な今期。その分やっぱり、邦画の底力を感じまし   た。多様で個性ある作品が増えてきて、女性監督の活躍も目立つしね。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『つぐない』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html よ:私も下半期はイマイチだったなぁ、と思っていたら、2008年衝撃的な作品に出   会いました。我らがトニー様の映画『ラスト・コーション』に。トニー様も素   敵だけど、主演女優の脱ぎっぷりはアッパレ!難を言うならボカシが興ざめッ   ス。   ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『フィクサー』『ザ・マジック   アワー』『クローバーフィールド』に期待!         ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。   ----------------------------------------------------------------------      ●1位『エディット・ピアフ/愛の讃歌』……………………☆☆☆☆☆☆☆☆8  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/2007_79ee.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆☆/現在から過去、また過去から現在へと幾重にも交差するエディット・ピ   アフの回想録。彼女が唄った名曲「バラ色の人生」や「愛の讃歌」の裏にこん   な波乱万丈の人生があったなんて!40代後半でボロボロになり最期を迎えるま   でを全身全霊で演じ切ったマリオン・コルティヤールに☆2つ献上したい。マ   リオンの確かな歌唱力がこの作品を支えていたと思うな。    M:☆☆☆/主演のマリオン・コルティヤール、予想どおり、アカデミー賞主演女   優賞取りましたね!本当はめちゃくちゃ美人なのに、よくまあこれだけエディ   ット・ピアフになりきれたと驚くばかり。年をとったシーンもすごく自然だし。 ゴ:☆☆☆/20代〜晩年までを一人の女優がこれだけ見事に演じきった作品は珍し   い。メイクアップ賞も獲ってるだけに見かけ上の作りこみテクも相当優れてい   たのだろうが、それに負けないマリオン・コルティヤールの内面からの演技に   は圧倒された。また野良猫娘が脱皮を遂げて歌姫として初めて聴衆を魅了する   シーンや、愛する者を失った失意と絶望の中で絶唱する「愛の賛歌」の壮絶…。   その人生の光と影を象徴する歌のシーンがこれまた素晴らしいのです。        ----------------------------------------------------------------------    ●1位『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』…………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 A:☆☆/今までカラダだけの女だと思っていたサトエリ、この映画で観る目が変   わった!とんでもなく自意識過剰なおバカ姉チャンを怪演。ウマイ女優に化け   たもんだ。ウマイと言えば、ある意味サトエリを食ってた永作博美。コインロ   ッカーベイビー出身のドMな嫁、ハマってたねえ。それとあの人形、笑った。 M:☆☆☆/私、この映画だーいすき!ブラックな笑いのセンスといい、出演陣の   光る演技といい、目が離せない。日本の田舎って、こーゆー気持ち悪いとこあ   るよね、っていうのを最大限に生かしたおもしろさやった。サトエリには私も   びっくりさせられました。実力派女優じゃん!て。 よ:☆☆/私もこの映画好き〜。サトエリにピッタリのハマリ役。妹が書く漫画の   絵が妙に恐かったのもブラックさがよく出ていたし、永作ちゃんの天然ボケも   よかったワ。 ゴ:☆/登場人物全員が、笑っちゃうほど恐ろしく“打たれ強い”キャラ達で、そ   れを演じる俳優陣が、みな「好演」とも「熱演」とも違う「怪演」ぶりを発揮。   ホラーとコメディは紙一重!という、まさに愛すべきカルト映画なのでした。       ----------------------------------------------------------------------    ●2位『ボーン・アルティメイタム』……………………………☆☆☆☆☆☆☆7    ゴ:☆☆☆/記憶を失くした殺人マシーン、ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描   いたシリーズの最終章。緊張感とスピード感あふれるチェイシング劇はますま   す冴え渡り、武器に頼らず武術で相手を倒す強靭な肉体とスキのない的確な判   断力で“本能的”に「敵」をかわしていくシーンは舞踏のようにセクシーです   らある。記憶を奪われ、愛する者を殺され、苦悩と哀愁をまとったヒーローが、   ついに自分の記憶を取り戻した時…それが彼にとって最も残酷な告知となるラ   ストが、これまたこのシリーズの悲しみを一層際立たせてよい味わいなのであ   りました。マット・デイモン、家宝として語り残せるハマり役をやれてよかっ   たね(笑)。    P:☆☆/ボーンの「自分はなぜ、どこでスパイとして生まれたのか」を追求する   シリーズ完結編。カーチェイスシーンも迫力満点で、追いかけっこシーンや乱   闘シーンを取るときの手持ちカメラのブレを利用した手法も上手い!これはも   う続編とか作ってほしくないですね。後味よく三部完結で◎。 A:☆☆/『〜・アイデンティティ』『〜・スプレマシー』と本作『〜・アルティ   メイタム』。未見の方は3部作をDVDで一気にどうぞ!俳優マット・デイモン   を観る目が絶対変わりますから。洋画のシリーズものではここ数年で一番のオ   ススメ♪    ----------------------------------------------------------------------    ●2位『ALWAYS 続・三丁目の夕日』……………………………☆☆☆☆☆☆☆7    雲:☆☆☆/前作がほぼ完璧に完結してしもたさかい、どないに話を続けよるんや   ろぅと、わしのカナリアのような心に心配の種が宿ったんや。「この一家はど   うなるんやろー」とか「この小説家はどうすんねん」みたいなことが、いやー、   見事にええ話に仕上がってますがな。茶川龍之介のシラミが湧きそうなボサボ   サ頭に時代のすべてが出てますなぁ。世話焼きのオバハンや小うるさい親爺や   ガキ大将がいきいきとしてた時代やった。出だしの怪獣も最高のセンス! P:☆/人の温かさを前面に出したこの作品は心をほこほこにしてくれます。…と   は言いつつも、随所に笑いが散りばめられていて、かつ、泣き所もうまく置か   れていて見飽きることがない作りですよね。冒頭の鈴木オート(堤さん)がと   ある怪獣に化けるシーンでは大笑いしちゃいました。 A:☆/シリーズ第1作はワタシの2005年のベスト1シネマでしたが、その続編は   ・・・。トモエ母さん(薬師丸)の元カレ(上川隆也)とか六子(堀北)の幼   なじみ(浅利)とかキャラクターが増えた分エピソードも増えて、前作より物   語が幾分散漫になった気がしたな。けれど泣きのツボはガッツリ押さえてあり   ます。ワタシは茶川(吉岡)作の「踊り子」朗読シーンで号泣しました。  ----------------------------------------------------------------------    ●2位『めがね』……………………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7    雲:☆☆☆/ツボにはまるっちゅう言葉がありまっしゃろ?ドツボやなしに正真正   銘のツボだす。まったり、ゆったりした空気感のツボ。沖縄の某島、やる気の   ないマスターの民宿は『たそがれる』が売りもんや。数少ない客や住民も一日   中ホケーとしとる。ほれ、観光や宴会や豪華料理やお土産やと大騒ぎするだけ   のツアーがアホに思えるで。今回も「かもめ食堂」の小林聡美、もたいまさこ   が最高ですねん。ラストシーンもお見事!   A:☆/さくらさん(もたい)の氷あずき、“梅はその日の難逃れ”の朝食、伊勢   エビの丸ゆでなどなど、『かもめ食堂』同様、劇中の食べ物がとにかく美味そ   うでした!夕焼けとマンドリン、浜辺のメルシー体操、犬のコージ・・・、目   を閉じると今でもこの映画の1シーンが思い浮かんできます。ワタシも飽きる   までたそがれたいにゃ〜。     P:☆☆/心に余裕を取り戻したくなるときに観たくなる作品だなぁ、と。『かも   め』同様、この作品は手元に置いておきたい作品です。DVDを手に入れて、心   が疲れたときに観返したい。   ----------------------------------------------------------------------    ●2位『転々』………………………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7    A:☆☆☆/2007年も劇場でDVDで年間合計100本以上の映画を観たワタクシです   が、DVD絶対買うぞと思った作品はコレ1本です。オダギリジョーやら岩松了   やらふせえりといった三木聡監督お抱えの達者な役者陣に加え、三浦友和がす   げえ頑張ってたね。初っ端いきなりジョーの口につっこんだ自分の靴下をまた   履いたシーン、笑った〜。「岩松了の崖臭いツムジ」などなど全編通して小ネ   タ満載で、そこはかとなく可笑しくて、でもいつのまにかしんみりしちゃう、   本当に素晴らしい傑作でした。井の頭公園から始まってワタシの母校の前を過   ぎ、東京中をブラブラ散歩しまくって、ラスト警視庁に独り向かっていった友   和の背中に、ワタシも「なんだよお〜」と心の中で呟いてました。お祭りの後   の寂しさに似た余韻がいつまでも心に残って、またすぐ観たくなっちゃった。   2007年のワタシのベスト1シネマは迷わずコレに決定です♪ M:☆/今期一番観たかったのに観逃した映画。しかも、公開前に偶然、千駄木あ    たりをぶらついてて、オーギョーチの喫茶店にも入ったのよ。最近私も東京の   下町散歩にハマってます。   ゴ:☆☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/post.html     ----------------------------------------------------------------------    ●3位『ミス・ポター』………………………………………………☆☆☆☆☆5    雲:☆☆/ミス・ポター、「ピーターラビット」の生みの親ですねん。チビの頃か   ら絵が好きで、趣味が高じて絵本作家になりました、という右肩上がりのサク   セスストーリー。実話を元にしてるさかいに物語は淡々としたもんや。そやけ   ど、こういう起伏のない生い立ち映画は演技力しかないやろ。ポター役のレニ   ー・ゼルウィガー、さすがやねぇ。本人になりきってましたで。金金金の腐っ   た世の中やけど、気持がゆったりと浄化されるようなええ映画だすなぁ。 A:☆/実写とピーター・ラビットのカワイイ動画がマッチしたファンタジックな   映像で綴られた作者ベアトリクス・ポターの半生。我が道を力強く生きた彼女   をノーメイクでもとてもチャーミングなレニー・ゼルヴィガーが好演。編集者   ノーマンとの恋がベアトリクスを変え、彼女の描いた画がイギリスの湖水地方   の原風景を守った。その事実に感動して、彼女の絵本がムショウに読みたくな   り図書館で何冊も借りた。  ゴ:☆☆/“女性の自立”“負け犬論争”“格差社会”といった、非常に現代的な   テーマをも切り口にしている、ある意味「現代の働く女性」への賛歌ともいえ   る映画。いやみのない育ちの良さを好演したレニー・ゼルヴィガーが本作の好   印象に貢献。      ----------------------------------------------------------------------    ●3位『HERO』…………………………………………………………☆☆☆☆☆5    A:☆/この映画を観た後書いたメモに「韓国語とスペイン語、久利生と雨宮を取   り持つ通販とマスター。ちょ、待てよ!炸裂」とあるんだけどね、さっぱりわ   からんなあ(笑)。でも面白かったのは覚えてる。もう1回このシリーズは連   続ドラマで観たいっす。 よ:☆/そ、そ。韓国語とスペイン語がキモですよね。韓国料理のチョングッチャ   ン?がいまだに気になる私です・・・。ドラマでいいから続編希望!    雲:☆/キムタク主演を引き立て役に、オールスター戦やがな。イ・ビョンホンな   んか無理やり韓国ロケを仕組んだだけやんけ。検事クンは破れジーパンとダウ   ン着て、コンビニの漫画立ち読みしてるヤツかいなと思たで。シリアスっちゅ   うよりコメディやね。感動も共感も起こらんけど、新春隠し芸大会で豪華メン   バーでやる劇みたいなもんやったなぁ。    ----------------------------------------------------------------------    ●4位『レミーのおいしいレストラン』……………………………☆☆☆☆4    雲:☆☆/ねずみ君がシェフをめざしよるんや。安倍首相の辞任を受けて、猫が総   理をめざすみたいな話やがな。出てくる人間のキャラが、徹底的にイメージを   掘り下げてデフォルメしてるので、おお、こんなヤツ、フランス人に絶対おる   やんけ!ちゅうぐらいの顔つきと性格や。もうこれだけで、星5個獲得やで。   エンディングのビストロの秘密は、ええ童話やなぁ。象徴的な看板のアップが   よろし。 ゴ:☆☆/「誰にでも料理はできる」…って、ネズミでもかい!ってツッコミたく   なる内容なのに、実社会的に「ある、ある」「わかる、わかる」な、普遍的エ   ピソードの連続。一流シェフになりたいネズミと、料理の苦手な見習いシェフ   のコンビが泣き笑いさせてくれます。     ----------------------------------------------------------------------    ●4位『朧の森に棲む鬼』……………………………………………☆☆☆☆4 ゴ:☆☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/10/haaaan_f03c.html    よ:☆/編集長が絶賛していたので、お金は高かったけど見てきました。結果、確   かに染ちゃんはスゴイ役者さんだった!ラストの顔のUPの時の目には素直にす   ごーーーい!と思いましたワ。  ----------------------------------------------------------------------    ●5位『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』……………………☆☆☆3    雲:0/東京のデーカンヤマ辺りにある、テレビや雑誌で有名なこじゃれたレスト   ランに入って、ランチ食うたとしょうか。マズいことはないし、品数は多めや   けど、どれもソツのない味で、小ぎれいに盛り付けてあるだけっちゅう感じの   映画やった。キミ、大阪のソースへっちょり味の粉もんには勝てまへんで。   校長代理の嫌味なおばはん、晩年の天地真理にそっくりやないかい。    P:☆/前4作に比べてよりダークさが増した今作、楽しめました。冒頭の夜のロ   ンドンを駆け抜ける(箒で飛ぶ)シーンは圧巻でしたね。そして何より、ハリ   ーにとって大事なあの人が亡くなってしまうなんて…(涙)。英語版ではもう   すでに結末のわかってしまったハリポタシリーズだけれど、映画版は果たして   原作通りの結末になるんでしょうかね。 A:☆/ヴォルデモードの完全復活により、もうお子ちゃま向けのファンタジーじ   ゃなくなっちゃったね。劇中、終始苦悩するハリーを観ていたら、こちらまで   下げ下げになっちまいました。次回作『〜謎のプリンス』、そして今夏日本で   発売されるシリーズ最終巻『〜死の秘宝』、今からごっつぅ期待してます。ハ   リーの運命やいかに!? ゴ:☆/その最終巻『〜死の秘宝』の劇場版は、6か月間隔の2部作として2010年   11月、2011年5月の公開になるそう。監督は本作に引き続きデヴィット・イエー   ツ。あと3年ほどのうちに、主役陣の面々の変貌がストーリーに多大なる違和   感を与えないかが不安のような楽しみなような…(笑)。     ----------------------------------------------------------------------    ●5位『クローズZERO』………………………………………………☆☆☆3      P:☆/小栗旬くんの、こういう路線なかなか良いですよね。硬派なんだけど、た   まに見せるかわいい面とかにイマドキのおねーさんたちはやられてしまうんだ   と思います。映画終盤の血みどろ(雨みどろ?)乱闘シーン、すごかったです。   実際にこういう「てっぺんめざす」みたいな高校って今もあるんでしょうかね…。   よ:☆/小栗クンもよかったけど、この映画で山田孝之クンの色っぽさに胸ズッキ   ュン撃ちぬかれてしまいました・・・ポッ。  ----------------------------------------------------------------------    ●5位『オリヲン座からの招待状』…………………………………☆☆☆3    A:☆/映画館オリヲン座を守るため、40年以上もプラトニックな関係を貫いた留   吉とトヨを加瀬君とりえちゃんが好演。「無法松の一生」等々、名作のモチー   フが散りばめられた逸品だったな。 ゴ:☆☆/映画が大衆の憧れだった古きよき「昭和30年代」。その後、時代は変わ   りTVの台頭で映画は斜陽化。それでも50年以上も映画をかけ続けた“善き人”   たち。主演の宮沢りえ&加瀬亮だけでなく、宇崎竜童、樋口可南子、原田芳雄   といった脇を固めるベテラン勢のいぶし銀な演技も光る。     ----------------------------------------------------------------------    ●5位『ONCE ダブリンの街角で』…………………………………☆☆☆3 ゴ:☆☆☆/メジャー作とは対極的な“手作り感”あふれる小品ながら、観てみた   ら思いもよらず逸品だったというめっけもの。センチメンタルなメロディにの   せた男女の細やかな感情表現がステキな本年度の胸キュン度ナンバー1作。米   国でたった2館から始まり、口コミで140館まで上映館が広がったというのも   納得なのでした。       ----------------------------------------------------------------------    ●5位『俺たちフィギュアスケーター』……………………………☆☆☆3    よ:☆/コレ面白かったですよー、久々に洋画で笑えましたから。男のフィギュア   がまずキモいんですけど、技とかもありえない〜〜〜て感じで。   ゴ:0/コレは2人の設定をゲイ方面にしなかったのが最大の功績でしたね(笑)。     P:0/これは未見なんですけど、タイトルが気になってました。しかも、主演し   てるのが(フィギュアをやっているのが)ウィル・フェレルなんですよ。DVD   チェックしなくちゃ。 M:☆/私も、観たくて見逃したんだけど、めっちゃおもしろそうだったので、☆   ひとつ献上。    ----------------------------------------------------------------------    ●6位『クローズド・ノート』………………………………………☆☆☆☆▼▼2    A:▼/「この映画どうだった?」と聞かれたら、迷わず「別にぃ」と答えます、   ね(笑)。映画の中味より主演女優のバカさ加減が前に立っちゃって気の毒だ   った。肝心の内容は好き嫌いが分かれると思うけど、ワタシ的にはあまりにキ   レイごと過ぎて退屈だったな。ほとんど寝る寸前・・・。でも恋愛初心者の方   にはオススメかも。“ホンモノの恋はたとえ叶わなくても純粋に相手を想うこ   と”、そんなメッセージが伝わってくる映画で〜す。 P:☆☆/映画公開時に主演の沢尻さんが問題を起こしたりもしましたが、映画と   しては作りが好きな作品でした。何より原作を大事にしている感じが良かった   です。中でも、竹内結子が演じる伊吹先生が原作そのまんまで好演してたなぁ、   と。奈良・京都あたりの景色も作品の雰囲気にぴったりでした。 M:▼/えー、そうなんやぁ。私はこの伊吹先生が気持ち悪かった。沢尻エリカは、   こんなピュアな少女の役はもうやめちゃって、とことん悪女を演じてほしい。    よ:☆☆/私も結構好きな作品かも。人を好きになった時の気持ちとか分かるなぁ   と。しかし沢尻エリカ女優だねぇ、としみじみ思いましたね。この時も舞台挨   拶があったんだけど、その時の衣装がロックなファンキー姉ちゃんで、映画の   中のちょいとイモい主人公とはぜーーーんぜん印象が違うんだもん。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『河童のクゥと夏休み』………………………………………☆☆2   ゴ:☆☆/子供向けアニメと思って侮っちゃあ、いけませんぜ。家族間でかわされ   るコミュニケーションのリアルさ、畠山鈴香事件などをも髣髴とさせるマスコ   ミのメディアスクラムの恐怖と群集の狂気。伝説の生き物カッパの切ないファ   ンタジーの形をとりながらも、扱っているテーマはめちゃくちゃ社会派。怒り、   切なさ、無力感、勇気、善意、悪意…と、いろいろな感情にもみくちゃにされ   ながら、いい大人が、泣きに泣いて観た一作でありました。         ----------------------------------------------------------------------    ●6位『ドルフィンブルー/フジ、もういちど宙へ』……………☆☆2    A:☆/浅黒く日焼けしてスッピン素顔で水族館職員になりきってたキャストの演   技に感動。でも一番の役者はフジだったよね。子育てが上手い肝っ玉母さんだ   と言われてる“彼女”に会いに、いつの日か沖縄美ら海水族館に行きたいなあ。 ゴ:☆/ほんとイルカのフジの役者っぷりはお見事だった。実話ならではのエネル   ギーを感じる一作。      ----------------------------------------------------------------------    ●6位『夕凪の街 桜の国』…………………………………………☆☆2    よ:☆☆/下半期ナンバー1を挙げろと言われたらコレか『腑抜け〜』になるのか   も。主演はどうやら田中麗奈らしいけど、やっぱり本当の主役は『時効警察』の   三日月ちゃん、こと麻生久美子。「原爆は落とされたんだ」「私が死んだら、   やったまた1人に死んだぞと喜ぶのだろうか」など、胸につきささるセリフが   多かったです。いま現在も原爆によって苦しんでいる人達がいるんだ、それを   忘れてはいけないと思う映画でした。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『ショートバス』………………………………………………☆☆2 ゴ:☆☆/監督は『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロ   ン・ミッチェル。いかにも監督らしい“性”の問題を直視した作品。無名の役   者の起用が、いろんな意味でリアルさを高めているのでした。      ----------------------------------------------------------------------    ●6位『バイオハザードIII』 ………………………………………☆☆2    P:☆/シリーズ第3段ではカラスまでもがウィルスに侵されて、人間を襲うよう   になってます。しかも大群で襲ってくるから怖さ倍増。あと、アリスのクロー   ンが量産され、捨てられているシーンはすごいです。今回もまた、ラストは次   作に続く作り方だったけど、第4作はアリス軍団VS.アンブレラ社!?    雲:☆/バイオハザードもゲームから脱皮してからに、わしがわしがの道を走っと   るやないかい。地球が滅びてもアンブレラ社だけが営業してるけど、お前らの   収益源は何やねん。地球、砂漠の星になってしもて鳥取砂丘の逆襲や。ここに   生き残りが軍団組んで走りまくりやけど、マッドマックスのパクリちゃうんか。   最後は博士がワクチン打ちまくってアホ妖怪になったり、アリスのクローンが   鬼みたいに出てきて、この映画どこまで風呂敷広げるつもりや。     ----------------------------------------------------------------------    ●6位『鳳凰/わが愛』………………………………………………☆☆2    M:☆☆/東京国際映画祭のオープニングで観たんですが、意外にもよかった。中   井貴一、製作にまでかかわってて、主演もしてて、「俺が俺が」って感じなん   じゃないの?と思ってたら、かなり渋い演技してました。     ----------------------------------------------------------------------    ●6位『ローグ アサシン』…………………………………………☆☆2    雲:☆☆/これ、昔の健さんの唐獅子牡丹なぐり込みもんと親戚やがな。ジェット   ・リーも寡黙で非情な殺し屋がめちゅ似合うキャラやけど、フケはりました。   まぁ久々に血がドバッ、腕がモゲッっちゅうスプラッタ映画やったなぁ。FBI   と中国マフィアとやくざがモメたら、斬る撃つ爆発するのオンパレになるやろ。   ジェット兄さん、われ血ぃ見っどー!と相手かまわずいてまいよるけど、それ   には最後のドンデン返しで、中国ギョーザの謎が明かされるんや。 よ:0/お願いだから無理やり日本語を使わないでほしい。急にヘタな日本語使わ   れて、字幕もなしだと、何言ってるか全然わかんないですからー。デヴォン青   木みたくスパッと吹替えにしてほしかったです。ちなみにストーリーはという   と、ローグの正体がラスト分かっていたものの、更にもう1回ひねりが効いて   て、なかなかでした。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『ワルボロ』……………………………………………………☆☆2 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/post_14ea.html     ----------------------------------------------------------------------    ●6位『カンナさん大成功です!』…………………………………☆☆2    よ:☆/上半期の『絶対の愛』も整形を扱った映画でしたがこっちはもっとライト   なコメディ。主役の女優さんは太った時と整形した時とがぜーんぜん違ってて   むっちゃ綺麗なの。ほんとにナチュラルビューティ。整形して、自分に自信が   もてたらそれでいいじゃない!でも捻くれてる私は「男ってやっぱり見た目な   んかいな」とも思った。    M:☆/これまた未見ですが、整形手術の多い韓国ならではのコメディかなと。期   待値高く、☆ひとつ。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『4分間のピアニスト』………………………………………☆☆2    ゴ:☆☆/刑務所で囚人にピアノを教えている老女が、とある女囚人にピアノの才   能を見い出し、コンクールを目指してレッスンをつけていくストーリーなのだ   が、どっちも一筋縄ではない人生を送ってきたワケあり女につけ、ぶつかり合   いもハンパじゃない。激情を鍵盤にぶつけるように破壊的演奏をするヒロイン   と、それを芸術にまで昇華させた老女。どちらの女もキモが座ってます。     よ:0/最後の演奏シーンはビックリの必見です。ピアノってあんな弾き方もでき   るのね〜。     ----------------------------------------------------------------------   尚、  残りの7位『傷だらけの男たち』〜『ミッドナイトイーグル』までの8作品も  本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上、  近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。  何卒、ご了承くださいませ。  ----------------------------------------------------------------------              そ・ん・な・わ・け・で      ┌───────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で☆をたくさん獲得した  |   |トレキャ的2007年度ザ・ベストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ!|   |                               |   |       ●『ドリームガールズ』             |   |        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12          |   |http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/2007_2520.html|   |                               |   |(ちなみに2006年のベストは『嫌われ松子の一生』(☆14)でした!)|   |                               |   |       ↓2007上半期番付以前の結果はこちら↓      |   |   http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |   └───────────────────────────────┘    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)     ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全65本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「○」印→ソフト系ネタ           「◎」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計65本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/from2007_0085.html     ○『ゆうばり国際映画祭』○『脊髄小脳編性症』○『映画×異業種コラボ』   ○『2007年の映画の興行収入』△『実写版ドラゴンボール』○『アメコミ映   画化ブーム』○『ポケットフィルム・フェスティバル』○『黒沢映画リメー   クラッシュ』○『「太王四神記」スクリーン上映会』△『容疑者Xの献身』   ○『シアターダンス』○『リビング・デッド映画』○『バラエティー』○   『チャップリン』○『ジョン・レノン』○『しまだ映画祭』○『いわきフラ   オンパク(温泉泊覧会)』○『フラガール周遊号』○『スパリゾートハワイ   アンズ』○『インターネット試写会』○『第81回キネマ旬報ベスト・テン』   ○『デトロイト・メタル・シティ(DMC)』○『ガラスペン』○『建物コレクシ   ョン80 母べえ』○『ヒーローボール』○『映画タイアップ・エコキャンペ   ーン』○『映画割引サービス』○『上映前PRサービス』○『昭和スターのブ   ロマイド』◎『昭和カフェ』◎『映画タイアップアトラクション』◎『2454   スクリーン』◎『映画芸術科学協会もエコ・フレンドリーに』◎『ボイス&   スクリプト・シンクロナイザー』◎『スクリーンメッセージサービス』○   『チョコビ いちご味』△『ザ・マジックアワー』○『不動産会社のロケ地提   供事業』○『韓国アートフィルム・ショーケース』○『熟年アクター大逆襲』   ○『カンフー映画』●『セレブワイン』●『男性カーディガン』●『バーバ   ンク・シニア・アーティスツ・コロニー』●『Tatler誌が選んだベスト・ド   レッサー』●『スター・ウォーズ ザ・クローン・ウォーズ』→●『映画「   ハリー・ポッターと死の秘宝」』●『「007」切手』●『美容鍼』●『豪州版   オスカー』●『Make It Right プロジェクト』●『ジョニー・デップ』●『   ハリウッド女優のギャラ番付』●『完璧な女性の美は?』●『キャサリン・   ヘイグル』●『エレン・デジェネレス』●『40代富裕層をターゲットにした   映画館』●『ザ・テイルズ・オブ・ビードル・ザ・バード』●『イラン映画   人気再来』   などなど。    ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆…………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai   └→『カラダトレーナー』『リムジンパーティ』『墓場鬼太郎』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→『ケーキーズ』『パッツン前髪/おかっぱフォルム』『鬼ごっこ』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『ギャル(略)語』特集等  └───────────────────────────────────┘     ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート(前編)』   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                  <米国編>             「アウトサイダー達が輝いた年」                  ◆◇◆◇◆   「80」というキリのよい開催回数の割りに華やかさに欠けた今年のアカデミー   賞授賞式。その第一の理由は、昨年11月5日に始まった脚本家組合のストライ   キだろう。インターネット配信の2次使用料を最大の焦点とする組合と映画会   社/テレビ局側の交渉が決裂し、ストが決行されたことで、ゴールデングロー   ブ賞授賞式は中止に追い込まれ、オスカー(アカデミー賞の愛称)の授賞式開   催も危ぶまれていたのだ。そんな「ハリウッドの危機」に輝いたのが、主演、   助演の各男優/女優賞を獲得した4人の外国人俳優ら「アウトサイダー達」で   ある。また、作曲賞(『つぐない』のダリオ・マリアネッリ)と美術賞(『ス   ウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』のダンテ・フェレッティ)   を手にしたのはイタリア人だったし、本命視されていたディズニーの『魔法に   かけられて』を退けて歌曲賞を獲得したのはアイルランド映画『ONCE ダブリン   の街角で』の「Falling Slowly」だった(個人的には、末恐ろしいような11歳   の少女をフィーチャーしたゴスペル「Raise It Up」(『August Rush』)が良   かったが...)。   だが、何も外国人ばかりがアウトサイダーとは限らない…(↓全文を読む)   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/80_6a17.html   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】   ・『SUMO-lah』<マレーシア編>   ・『Dhoom2』<インド編>   ・『風の前奏曲』<タイ編>     ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ・最新シネレビューはこちらをチェック!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。     アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。    ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html                       ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!          http://homepage2.nifty.com/oubo.html          ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』終了後番付配信待機!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』』「ギャル(略)語特集号」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html     ◆◆◆◆◆◆…………トレキャ!がコラボする外部サイト…………◆◆◆◆◆◆               ◇ソニーTV番組総合情報サイト『テレビ王国』www.so-net.ne.jp/tv/    ・『新ドラを斬る!』 http://www.so-net.ne.jp/tv/banduke/bn_index.html    ・『トレンドスコープ』 http://www.so-net.ne.jp/tv/research/     ・『業界オフレコトーク』(終了)   ◇ライブドアニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__4/category    ・モテ非モテ  http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__87/vender     http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2681205/detail     http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2732807/detail?rd   ◇就職ポータル『COBS』 http://cobs.jp/     ・『目指せ!愛されMAN』 http://biz.mycom.co.jp/life/ideal/01.html    ・『提案営業に学ぶ 恋愛〜』http://cobs.jp/skillup/rt/01.html   ◇恋愛ポータル『モテ非モテドットコム』 http://www.motehimote.com/    ・『社会トレンドと女ゴコロ』http://www.motehimote.com/section4/index.html    ・『映画に学ぶモテの法則!』 http://www.motehimote.com/movie/m_01.html   ◇恋愛ポータル『恋タメ!』 http://www.rentame.jp/    ・『リアル恋愛レポート』  http://www.rentame.jp/r_mote34.php   ◇『味千マガジン』 http://www.aji1000.co.jp/   ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○