トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜2009年ベスト&ワースト+新作レビュー〜

 ■□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
    『トレキャ!シネマ番付』 〜2009年ベスト&ワースト+新作レビュー〜
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□■
               http://homepage2.nifty.com/
 
╋━━━━━━━━■『トレキャ!』シリーズの無料メルマガ■━━━━━━━━╋
┃                                    ┃
┃            ★印が、今お読みの号です!           ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃☆『トレンド・キャッチ!』/トレキャ本拠誌!ほぼ月1回発行       ┃
┃☆『トレキャ!プチ』携帯版/ほぼ月1回発行               ┃
┃☆『ドラマ番付〜新ドラを斬る!〜』/1クール3回(期待度・中盤・終了後)┃
┃★『シネマ番付〜ベスト&ワースト〜』/年2回(上半期・下半期)+more  ┃
┃☆『トレキャ!・トレンド語学力』/不定期(シンドローム・キャッチ!)  ┃
┃☆『テーマ特集号外orお知らせ号外』/不定期 (各誌共通)        ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃※各誌購読登録はこちら→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html ┃
┃          ※それぞれ別に購読登録が必要です!         ┃
┃                                    ┃
┃   ●トレキャ!は、まぐまぐの『殿堂入りメールマガジン』です。    ┃
┃   ●トレキャ!は、めろんぱんの『歴代オススメ!誌』です。      ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 

               。.。o○o。.。 

 ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■■■■【楽天レンタル】 /宅配DVDレンタルが今なら無料■■■■■■
 24時間いつでもネットでDVDのレンタル予約がOK!送料無料でお届けします!
 ご希望の配送先までDVDをお届け!専用封筒でポスト投函の簡単返却!
  ■■■■■ 送料なし/返却期限なし/延滞料なし/入会金なし■■■■■
 http://click.j-a-net.jp/1328/244304/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━
 
 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□
  
  ◇ はじめに ………………『ご挨拶』
   
  ◇ クロストーク……………・『シネマ番付 2009年度』
               ├「ベスト編総括」
               └「ワースト編総括」
               ・『2010年新作レビュー』
   
  ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全50本)』
                                 
  ◇ 海外発!シネマ情報……『My Name is Khan(インド編)』
 
  ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』
                最新シネレビューはこちらをチェック!
   
  ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在2種類のサービスを提供しています!
    
  ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
  
  ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!
   
 
 ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは! 編集長のGochy!です。
  この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!

  2009年度公開作品を対象にしたトレキャ!シネマ番付のお届けです。
  
  ↓・第82回米国アカデミー賞受賞結果
  http://oscar.go.com/oscar-night/winners?cid=10_oscars_slideshow_winners
  ↓・第30回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)
  http://www.razzies.com/history/09winners.asp
  ↓・第33回日本アカデミー賞受賞結果
  http://www.japan-academy-prize.jp/
  ↓・第83回キネマ旬報映画ベスト10
  http://www.kinejun.com/tokubetsu/bestten.html
  ↓・映画館大賞2010
  http://www.eigakanshugi.com/eigakantaisho/
  ↓・「映画芸術」選出2009年日本映画ベストテン&ワーストテン
  http://eigageijutsu.com/article/138931270.html

  と、国内外の一連の受賞作も発表されました。

  (ちなみに、一番下の「映画芸術」による選出は
   特殊な採点方式がとられているせいか
   昨年度は『おくりびと』がワースト1に選ばれるなど物議を醸しましたが
   今年も他の映画賞とは一味違う選出になっているようです)
  
  また、
  英国映画誌『トータル・フィルム』の評論家らが選ぶ
  「2000年代最高の映画」には
  ダニエル・デイ=ルイス主演『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)が、
  「2000年代最高のブロックバスター・ムービー」には『ダークナイト』(2008)が、
  「2000年代最高のカルト・ムービー」には『ドニー・ダーコ』(2001)が
  選出されていました。
  
  ちなみに、トレキャ!シネマ番付「2000年代最高(得点)の映画」は
  洋画では18点満点中15点を獲得した『シカゴ』(2002)
  邦画では15点満点中14点を獲得した『おくりびと』(2008)
  という結果に。
  
  果たして2009年度はこの2作を超える高得点作品が出たかどうか?
  詳細は下記本文をお読みください!

                 ◆

  対象作品の多くがレンタルされ始めた時期でもありますので、
  春のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。
  それでは、「シネ番2009年度ベスト&ワースト」+α、
  ゆっくりとご堪能くださいませ。

   
 ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆
 
   トレキャ編集部のシネマ・マニア4人&読者ゲスト1名の計5名が、
   お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
   その年に封切られた作品シビアにランキング。
      
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ↓ちなみに2009年度までのシネマ番付の結果はこちら↓  
       http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ■『シネマ番付!』■
                (15点満点) 
 
  ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから
   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2010/03/2009-0a67.html


1位『スラムドッグ$ミリオネア』……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
1位『グラン・トリノ』…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
2位『空気人形』…………………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
2位『ディア・ドクター』………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9
3位『南極料理人』………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7
3位『沈まぬ太陽』………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7
4位『アバター』…………………………………………☆☆☆☆☆☆6
4位『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』……………☆☆☆☆☆☆6
4位『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』…………☆☆☆☆☆☆6
4位『母なる証明』………………………………………☆☆☆☆☆☆6
4位『チェンジリング』…………………………………☆☆☆☆☆☆6
5位『私の中のあなた』…………………………………☆☆☆☆☆5
5位『ホノカアボーイ』…………………………………☆☆☆☆☆5
5位『重力ピエロ』………………………………………☆☆☆☆☆5
5位『20世紀少年 最終章/ぼくらの旗』………………☆☆☆☆☆5
5位『レスラー』…………………………………………☆☆☆☆☆5
6位『愛を読むひと』……………………………………☆☆☆☆4
6位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』………………☆☆☆☆4
7位『ヴィヨンの妻/桜桃とタンポポ』………………☆☆☆3
7位『不灯港』……………………………………………☆☆☆3
7位『マン・オン・ワイヤー』…………………………☆☆☆3
7位『007 /慰めの報酬』………………………………☆☆☆3
8位『トランスフォーマー/リベンジ』………………☆☆☆☆▼▼2
8位『カールじいさんの空飛ぶ家』……………………☆☆2
8位『誰も守ってくれない』……………………………☆☆2
8位『のだめカンタービレ/最終楽章 前編』………☆☆2
8位『妻が結婚した』……………………………………☆☆2
8位『レッドクリフ Part II/未来への最終決戦』…☆☆2
8位『スター・トレック』………………………………☆☆2
8位『7つの贈り物』……………………………………☆☆2
8位『禅/ZEN』………………………………………☆☆2
8位『チェイサー』………………………………………☆☆2
8位『感染列島』…………………………………………☆☆2
8位『20世紀少年 第2章/最後の希望』………………☆☆2
8位『鴨川ホルモー』……………………………………☆☆2
8位『サマーウォーズ』…………………………………☆☆2
9位『天使と悪魔』………………………………………☆☆☆▼▼1
9位『ROOKIES 卒業』……………………………………☆☆▼1
9位『ヤッターマン』……………………………………☆☆▼1
9位『マンマ・ミーア!』………………………………☆☆▼1
9位『劔岳 点の記』……………………………………☆☆▼1
9位『BALLAD/名もなき恋のうた』……………………☆1
9位『G.I.ジョー』………………………………………☆1
9位『フロスト×ニクソン』……………………………☆1
9位『PUSH/光と闇の能力者』…………………………☆1
9位『アンティーク/西洋骨董洋菓子店』……………☆1
9位『イメルダ』…………………………………………☆1
9位『ウェディング・ベルを鳴らせ!』………………☆1
9位『サンシャイン・クリーニング』…………………☆1
9位『よく知りもしないくせに』………………………☆1
9位『風が強く吹いている』……………………………☆1
9位『少年メリケンサック』……………………………☆1
9位『おっぱいバレー』…………………………………☆1
9位『キャピタリズム/マネーは踊る』………………☆1
9位『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』………………☆1
9位『サイドウェイズ』…………………………………☆1
9位『トワイライト』……………………………………☆1
9位『ハゲタカ』…………………………………………☆1
9位『ファッションが教えてくれること』……………☆1
9位『ホルテンさんのはじめての冒険』………………☆1
9位『ミルク』……………………………………………☆1
 
                               ↑IN!
-------------------<ボーダーライン>-----------------------
                               ↓OUT!

10位『カムイ外伝』…………………………………………………0
10位『笑う警官』……………………………………………………▼☆0
10位『フィッシュストーリー』……………………………………▼☆0
11位『ノウイング』…………………………………………………▼-1
11位『バーン・アフター・リーディング』………………………▼-1
11位『山形スクリーム』……………………………………………▼-1
11位『旭山動物園物語/ペンギンが空をとぶ』…………………▼-1
11位『ターミネーター4』…………………………………………▼-1
11位『ハリー・ポッターと謎のプリンス』………………………▼▼☆-1
12位『2012』…………………………………………………………▼▼▼☆-2
13位『曲がれ!スプーン』…………………………………………▼▼▼-3
13位『火天の城』……………………………………………………▼▼▼-3
14位『MW ムウ』……………………………………………………▼▼▼▼-4
14位『GOEMON』………………………………………………………▼▼▼▼-4
15位『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』………………………▼▼▼▼▼▼▼-7
15位『THE 4TH KIND フォース・カインド』……………………▼▼▼▼▼▼▼-7

                 ◆◇◆


 ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆

       ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー M=MARS 
           雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん
  
                  ◆◇◆

          2009年度ベスト&ワースト別総括コメント
                   と
          2010年新作レビューをお届けします。

  ─────────────────────────────────
            <2009年度ベスト編総評>
  ─────────────────────────────────

A:2009年、記憶に残った私のオススメ映画。まずは洋画から♪
  先日の米アカデミー賞では、大方の予想に反して『ハート・ロッカー』に惨敗
  しちゃった『アバター』。CGの無限なる可能性を駆使して感情移入できるリア
  ルなキャラクターと夢のような近未来の映像世界を実現したJ・キャメロン監
  督に☆3つ!
  2009年と言えば6月急逝したM・ジャクソンの『THIS IS IT』。近年ゴシップ
  にまみれてガラス玉にしか見えなかった彼が実は今も全く変わらないダイヤモ
  ンドだったってことに、この作品を見て気づかされたヒト多かったと思う(涙)。
  10代〜ずっと側にあったマイケルの歌声、享年50才は早すぎたよね。
  あとは上半期でも上げたエッジのきいたBGMやSTORY展開で現代インドの恋愛模
  様を一気に魅せた『スラムドッグ$ミリオネア』、ナチス戦犯という暗い過去
  を引き摺る女性に恋した少年の数十年に渡る初恋の記憶と苦悩を描いた『愛を
  読むひと』、見たヒトの心に深くほろ苦い余韻を残すC・イーストウッド監督の
  『グラン・トリノ』『チェンジリング』などなど未見の方はDVDでぜひどうぞ!
  続いて邦画♪
  オススメはここに列挙できないほどたんまりあるのであえて2作品だけ。上半
  期ベストはハワイ島の北、ホノカアにやってきた日本の青年レオと風変わりな
  島の住人達との心の交流と別れを描いた『ホノカアボーイ』。下半期ベストは
  是枝裕和監督の『空気人形』。冴えない男の部屋にあった安価なダッチワイフ
  がある日突然心を持ったとしたら…、そんなファンタジーを韓国女優ぺ・ドゥ
  ナが可笑しく切なく熱演。飛び出した世間の中で、始めは生まれたての赤ちゃ
  んの様に少しずつ世界に馴染んでいって、やがてはホンモノの愛を知っていく
  空気人形。可愛くて儚くて愛しいそんな存在感をペ・ドゥナ以外に体現できた
  だろうか?ってほど彼女はヨカッタです。小品ではあるけれど私の洋邦合わせ
  た2009年ベスト1も『空気人形』でキマリ♪。

  <MYおススメ作>
  ・『アバター』 http://movies.foxjapan.com/avatar/
  ・『THIS IS IT』 http://bd-dvd.sonypictures.jp/michaeljacksonthisisit/ 
  ・『スラムドッグ$ミリオネア』 http://slumdog.gyao.jp/
  ・『愛を読むひと』 http://www.aiyomu.com/
  ・『グラン・トリノ』 http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
  ・『チェンジリング』 http://changeling.jp/
  ・『ホノカアボーイ』 http://www.honokaa-boy.jp/
  ・『空気人形』 http://www.kuuki-ningyo.com/index.html

  
M:シネ番上半期総評でも「おそらく今年の私のベスト1は、コレに決まり!だと
  思う。」と言ってたとおり、私の今年のベスト映画は日本映画『不灯港』。一
  部の地域での公開だったから、見た人は少ないと思うけど、ぜひぜひ見て!!
  下半期はABBYさんと同じく『空気人形』。主役の韓国のトップ女優、ペ・ドゥ
  ナって、韓国映画『復讐者に憐れみを』でもきれいなヌードを披露してるけれ
  ど、この映画でそのカンペキさを再確認。彼女だからこそ、男性の理想のダッ
  チワイフ役になりきれたと思ったし、切ない展開に、心がうるうるさせられま
  した。このところ、欧米映画への期待が下がってしまい、日本映画と韓国映画
  ばっかり観てる気がする。
 
  <MYおススメ作>
  ・『不灯港』 http://manzo-movie.jp/ 
  ・『空気人形』 http://www.kuuki-ningyo.com/index.html

雲:ここ数年で洋画と邦画の観客動員数がひっくり返ったちゅうけど、そらそうや
  ろう。じゃぶじゃぶカネ使うハリウッド映画は、CGオンパレの派手さばっかり
  で、ガソリン大喰らいのアメ車と一緒や。その点、ジパング映画は東大阪の
  「まいど1号」人工衛星に匹敵する職人芸が評価されてるっちゅうわけや。
  ええ意味で、ちまちまとした人間模様を描いた邦画でええのんが多かった。
  『ディア・ドクター』『ホノカアボーイ』『禅/ZEN』『重力ピエロ』てな
  映画はまさにそれで、冬の陽だまりで猫を抱いてる心持ちや。
  気迫とアイデアで唸らせてくれたんは『劔岳/点の記』『沈まぬ太陽』『20世
  紀少年』でござるなぁ。なんちゅうても役者の演技がよかったんや。
  アメリカもええ味で攻めてくる映画がいくつもあったがな。『グラン・トリノ』
  『7つの贈り物』『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』とかはわしら邪馬台
  国の民へのなかなかの貢ぎ物やったわい。
  わし思うけど、今年のベストに食い込んでくるコマネチ映画には共通するキー
  ワードがあるんとちゃうやろか。それは『心』と『涙』やねん。
  この二つは強いでぇ、無敵艦隊や。
  何十何百億の予算をつぎ込んだCG超大作をいとも簡単に逆転するヒューマン
  パワーちゅうやっちゃろ。
     
  <MYおススメ作>
  ・『ディア・ドクター』 http://deardoctor.jp/
  ・『ホノカアボーイ』 http://www.honokaa-boy.jp/
  ・『禅/ZEN』 http://www.zen.sh/
  ・『重力ピエロ』 http://jyuryoku-p.com/
  ・『劔岳/点の記』http://www.tsurugidake.jp/
  ・『沈まぬ太陽』 http://shizumanu-taiyo.jp/
  ・『20世紀少年』 http://www.20thboys.com/index.html
  ・『グラン・トリノ』http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
  ・『7つの贈り物』 http://bd-dvd.sonypictures.jp/sevenpounds/
  ・『ベンジャミン・バトン』 http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/

ゴ:邦画&洋画関係では上記の皆さんのセレクトともかなりだぶるので、重複し
  ないところで韓国映画のおすすめ作を。
  『殺人の追憶』『グエムルー漢江の怪物』のポン・ジュノ監督がメガホンを
  とり、殺人事件の容疑者となった息子を救うため、真犯人を追って暴走して
  いく直情的な母親の姿を描いたヒューマン・ミステリー『母なる証明』。い
  い年になっても一つの布団で眠るほど息子を溺愛する母親の、その破壊的な
  パワーと繊細さを見事に演じたキム・ヘジャも素晴らしいが、息子役のウォ
  ンビンも、これまでのさわやか路線と違ってターニングポイントになった作
  品。サスペンスフルな謎解きミステリーとしても一級品!
 
  <MYおススメ作>
  ・『母なる証明』
   http://www.hahanaru.jp/

よ:2009年は今までと環境が変わり、映画を見る本数が激減しちゃいました(泣)
  そんな数少ない中からのお薦め作品は『グラン・トリノ』。クリント・イー
  ストウッドのしぶ〜〜い演技に感動しました。上半期一番泣いた作品です。
  イーストウッドは、俳優としても、監督としてもスゴイと改めて感じたなぁ。
  3D映画の可能性を大衆に広めた『アバター』もよかったね。あの映像美は
  ぜひ3Dで!でもメガネはもうちょっと改良して、軽くしてくれないと、耳
  と鼻の頭が痛くなっちゃうよー。特に上映時間が長いとね(笑)。あとキャメ
  ロン・ディアスの初の母親役が意外にもよかった『私の中のあなた』。母親
  の気持ちも、娘の気持ちもわかって、つらかったけど素敵な家族で、家族っ
  ていいなぁと思った作品。あと久しぶりにスクリーンに帰ってきたウォンビ
  ンの『母なる証明』もよかったね。まぁ「韓国の母」と呼ばれる、キム・ヘ
  ジャのおかげかもだけど、ウォンビンも良かったと思うよー(ファンの贔屓
  目かもだけど)。
  邦画では私が大好きな西川美和監督の『ディア・ドクター』がやっぱり良かっ
  たのと、堺雅人様の『南極料理人』がほのぼのとしてて好きだったなー。

  <MYおススメ作>
  ・『アバター』 http://movies.foxjapan.com/avatar/
  ・『グラン・トリノ』 http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
  ・『私の中のあなた』 http://watashino.gaga.ne.jp/
  ・『母なる証明』 http://www.hahanaru.jp/
  ・『ディア・ドクター』 http://deardoctor.jp/
  ・『南極料理人』 http://nankyoku-ryori.com/


  ─────────────────────────────────
            <2009年度ワースト編総評>
  ─────────────────────────────────

ゴ:2009年度MYワーストは、特報やTVスポットの出来があまりに良過ぎてアダになっ
  た『THE 4TH KIND フォース・カインド』に。スポットのちょい出し映像であれ
  だけコワいんだから本編はどんだけ〜!?と、姪にせがまれ見に行ったものの、
  これをわざわざ劇場に見に来てしまった自分に自分で失笑。自画自失笑?
  結局、全編通してTVスポット以上に見応えがあったのは、ABBYも同様のコメン
  トしているけど、ドキュメント映像内の本物のタイラー博士の狂姿だけ…。謎
  に対するオチも、近年絶不調のシャマラン監督作に通ずるモノがあり、突っ込
  みどころ満載です。
  同じく悪い意味で予想外の内容だったのが『2012』。深刻なテーマを扱いなが
  ら、シリアスさとリアルさに欠け、「インディー・ジョーンズ」的ハメはずし
  の連発は、一体どこを目指して作っている作品なのかさっぱりわからない。巨
  費を投じ最新CGテクを駆使した迫力の特殊映像は確かに見応えはあるが、ストー
  リーとしての感動は砂糖水のごとく薄味で、同テーマならば、『アルマゲドン』
  や『ディープ・インパクト』など過去の作品の方がよっぽど感動指数は高いと
  思う。

  <MYブチギレ作>
  ・『フォース・カインド』 http://wwws.warnerbros.co.jp/the4thkind/
  ・『2012』 http://www.sonypictures.jp/movies/2012/

   
A:2009年ワタシのラズベリー賞はこの2作品に(笑)。
  上半期は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』。見ててあんなに痛そうでつら
  い映画は近頃なかったって。キムタクやイ・ビョンホンにそそられ見に行った
  んだけど、あたしゃドMじゃないんで大層つらかったわい。それが監督の狙い
  だったなら大成功…。
  下半期のブチギレ作品と言えばやっぱり『THE 4TH KIND フォース・カインド』!
  米アラスカ州ノームを舞台に2000年に実際起こった事件の究明のため、心理学
  者タイラー博士が撮っていた記録映像を本編に使った実録スリラー。相当期待
  して見に行ったワタシの印象に残ったのは事件が核心に迫るとガサガサ不鮮明
  になってしまう記録映像と事件後廃人同様になってしまったタイラー博士のイ
  ンタビューシーン。何がコワイって、事件そのものよりノーメイクのタイラー
  博士のド・アップにあたしゃビビリましたから。行きは揚々帰りはトホホな気
  分でございましたぁ。トホホと言えば、年明け見た同じ擬似ドキュメンタリー
  ジャンルの大ヒット作『パラノーマル・アクティビティ』も相当なもんだった。
  3/4はバカップルの日常V。チョイくらうのはラスト15分くらいね。それもお
  化けの本場日本では失笑もんです。周囲の女子は半泣きだったけどね(笑)。
    
  <MYブチギレ作>
  ・『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』 http://icome.gaga.ne.jp/
  ・『フォース・カインド』 http://wwws.warnerbros.co.jp/the4thkind/
  ・おまけの『パラノーマル・アクティビティ』
   http://www.paranormal-activity.jp/pc/
 
 
M:ABBYさんと同じく、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』。
  日本映画では、『曲がれ!スプーン』『MW ムウ』もひどかった。『曲がれ…』
  は、長澤まさみでなく上野樹里なら、もう少しましだったか?『MW ムウ』は、
  意味もなく残酷な殺人を繰り返すシーンが、たまらなく嫌悪感を感じました。
  玉木宏もよくまあ、これを演じたなあと。山田孝之が悪役をやったほうがまだ
  よかったかなあ。CG満載の大作っぽいのだけど、心の奥の闇をもっとちゃんと
  描いてくれたらよかったのになー。

  <MYブチギレ作>
  ・『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』 http://icome.gaga.ne.jp/
  ・『曲がれ!スプーン』http://magare-spoon.com/
  ・『MW ムウ』http://mw.gaga.ne.jp/


よ:観賞本数が減ったおかげで、2009年はそこまでブチギレ作品がなかったのだけ
  ど、やっぱり皆さんと同じように「???」て思ったのは『アイ・カム・ウィ
  ズ・ザ・レイン』かなー。ていうか、この作品の意図は??ジョシュ・ハート
  ネットが何をしたかったのか、よーわからん感じでした。それより私が受け付
  けなかったのは『GOEMON』かな。あそこまでのCGオンパレードは果たして必要
  なのかどうか?と思っちゃうんだよね。あと主人公の「GOEMON」もどうしたい
  のか良くわからなくて、主人公にまったく共感できなかったからかな。
        
  <MYブチギレ作>
  ・『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』 http://icome.gaga.ne.jp/
  ・『GOEMOM』 http://wwws.warnerbros.co.jp/goemon/
 
 
雲:やめとけちゅうてるのに、凝りもせんと次から次へとドアホ映画を製造しよる
  なぁ。サカリのついた犬みたいに、アウアウ吠えながら走りまくる様はものの
  憐れすら感じてしまうわい。
  最近はゼニがもったいないさかい、出来るだけカネ返せ映画には近寄らんよう
  にしてるんやけど、それでも落とし穴にはまってしまうんやがな。そのうちの
  3つの巨大穴をバラしたろ。
  『GOEMON』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』『火天の城』や。
  ほな一つずつ血祭りにあげよか。
  『GOEMON』桃太郎侍や水戸黄門が大好きな、がちがちの時代劇ファンが見たら
  ブーイングの嵐やで。とにかく無法地帯、橋元知事も辞任に追い込まれるほど
  無茶しとりまっせぇ。石川五右衛門、お前なんでスパイダーマンみたいな超人
  やねん。百メートルぐらい飛び上がったり、今度はその屋根から飛び降りたり、
  ここは月世界とちゃうんやど。荒唐無稽の漫画を実写にしたような、まぁぁぁ
  ぁぁぁったく感情移入も、時代劇のシブさへの共感もおまへん。
  『ハリー・ポッターと謎のプリンス』どついたろかいうぐらいしょーもないの
  は、ハリーやロンやハーマらの色気づいた恋愛模様ですがな。ネタが尽きたら、
  すぐに登場人物の色恋沙汰で場を持たそうとしよる。誰がお前らの恋愛三角関
  係みたいなもんを見たいちゅうたんや。それやったら石田純一を友情出演させ
  て、ハーマとええ仲になる展開にしたれっちゅうんじゃ。
  『火天の城』題を変更したらどや。わしがつけたろか、『大工と柱』にせい。
  せいぜいその程度の出来や。安土城っちゅう化けもんみたいな城の設計のヒミ
  ツとか、プロジェクトXみたいな技術屋のひらめきみたいな目からウロコ話に
  せんかい。クライマックスでは職人らが寄ってたかって、持ち上げた柱を縄で
  引っ張って宙に浮かせてしまいよる。んなアホな。リアリティの欠片もないわ。

  <MYブチギレ作>
  ・『GOEMON』 http://wwws.warnerbros.co.jp/goemon/
  ・『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
   http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/mainsite/index.html
  ・『火天の城』 http://katen.jp/

  ─────────────────────────────────
    <今回の読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ読者へメッセージ>

    トレキャ!シネ番さんとは兄弟仁義のメルマガ出してます。
    スベらないお笑い映画評、読んでみません?
    雲谷斎が本音で、話題の映画をずばずばホメたり、けなしたり!
    毎回、2500人以上の読者が手を叩いて笑い転げてはりますよ。
    ★こてこて大阪弁のお笑い映画評メルマガ『ゴクラク映画感』
     http://www.mag2.com/m/0000004656.html
  ─────────────────────────────────
   

 ◆━━━━━━━━━━━━ オススメ新作レビュー ━━━━━━━━━━◆

  ─────────────────────────────────
         <現在公開中orこれから公開のオススメ作品>
  ─────────────────────────────────
          
ゴ:「F3層」や「Around50」、つまり50歳前後の女性の恋愛を描いた映画が、今、
  とっても元気! 現在公開中でも珠玉の作品が3作も。
  50歳の主婦(ロビンライト・ペン)が年下の男性(キタヌー・リーブス)と出会い
  新たな人生を見つける『50歳の恋愛白書』、人生の折り返し地点を過ぎた男女
  (ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン)が偶然ロンドンで出会い新たな未
  来へ一歩を踏み出す『新しい人生のはじめかた』、ビジネスに成功し子供達も
  独立したけどアッチの方がすっかりご無沙汰なヒロイン(メリル・ストリープ)
  が、元夫(アレック・ボールドウィン)と、もう一人の男(スティーブ・マーテ
  ィン)から同時に求愛され女性ホルモン急上昇!(笑)にわかに輝きだす『恋す
  るベーカリー』。
  どの作品も、人生を重ねそれなりに成熟した男女ならではの深みと、おちゃめ
  さ(笑)、そして老いに対する戸惑いなどが繊細に描かれていて◎。20代、30代
  のお話は、もはや自分にとっては取り戻せない過ぎ去った日々(苦笑)なのに対
  し、Around50主演映画は、まだこれからの自分に訪れる未来像なので、諸先輩
  方が繰り広げるドラマの数々に、とってもワクワクさせられるのであります。
     
  ・『50歳の恋愛白書』 http://50love.gaga.ne.jp/ 
  ・『新しい人生のはじめかた』 http://hajimekata.jp:80/ 
  ・『恋するベーカリー』 http://www.koibake.com/ 


A:新作オススメ作品は、洋画『ハート・ロッカー』
  先日発表された今年度米アカデミー賞で監督賞、作品賞など6部門を受賞した
  『ハート・ロッカー』。2004年夏のイラン・バクダッドで爆弾処理にあたる兵
  士達の姿を追った低予算インディーズ作品である本作は、監督のキャスリン・
  ビグローが『アバター』のJ・キャメロン監督の元妻だったことでも話題に。
  常に死の恐怖と緊張に晒されつづけた兵士は戦場の戦慄に馴れて、平凡な家庭
  生活にはもはや幸せを見出せなくなっていく・・・。『ハート・ロッカー』と
  は兵士用語でいう棺桶だそう。戦争に魅入られた兵士達が安らげるのは家族の
  待つ暖かい家庭ではなく死でしかないのか?本編冒頭に出てくる“戦争は麻薬”
  って言葉が見た後深く重く心に残る作品。これぞエンタテインメント!そんな
  『アバター』とは対極にある映画だけれど未見の方は劇場に急いで!
    
  ・『ハート・ロッカー』 http://hurtlocker.jp/

 
M:新作オススメ作品は、洋画『NINE』。
  こんなに豪華なキャスト、『シカゴ』を彷彿とさせるじゃあーりませんか。ペ
  ネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、マリオン・コティ
  ヤール…と、個人的に好きな女優がこんだけ勢ぞろいして、同じ料金で見れる
  なんて、すごいお得。ロブ・マーシャル監督にかかったら、ゴージャスを見事
  に形にできるのね。とくに、マリオン・コティヤール。『エディット・ピアフ
  〜愛の讃歌〜』でエディット・ピアフになりきってたので、すごい女優さんだ
  なと思ってたから、期待して観た。この映画では、正統派美人で出してただけ
  でなく、ラストで見せるダンスのうまさに圧倒された。うーん、これからがもっ
  と楽しみ!難を言うなら、ニコール・キッドマンをもっとうまく生かしてほし
  かったなー。

  ・『NINE』 http://nine-9.jp/


よ:新作おすすめは、公開中の『しあわせの隠れ場所』。サンドラ・ブロックがアカ
  デミー賞の主演女優賞をとった作品。その割に名古屋では上映館が少ないのだけ
  ど(泣)。見てビックリの実話を元にしたお話なんだけど、まさにアメリカン・
  ドリーム!少々出来すぎな気もしないでもないけど、心あたたまる良い作品だと
  思いまする。これから期待の公開作品は、原作を読んだ時、徹夜で夢中で読んだ
  『告白』が映画化されるので、あの作品がどう映像化されるのか、ものすごく興
  味があります。しかも監督があの『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』の中島哲
  也監督だから、期待せずにはいられない!!
    
  ・『しあわせの隠れ場所』 http://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside/
  ・『告白』 http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html(6/5公開)
 
 
雲:今さらやけど、恥ずかしながら『アバター』をまだ見てない人にアドバイスを。
  3Dちゅうて立体映画なんやけど、よぶんに300円払ぉてメガネ借りて見んで
  もよろしいで。2D、つまり普通通りの画面の方がずっとええんや。
  なんでやちゅうと、まず目がめっちゃ疲れて頭の芯がボーッとしよるんや。
  つぎにメガネが重いさかいにだんだん掛けてるのがしんどなってきよる。
  極めつきは、このメガネかけることで、めっちゃ色使いがキレイなCGをわざ
  わざくすんだ色にしてるこっちゃ。
  ウソや思たら画面のキレイそうなとこでメガネ外して見てみなはれ。めっちゃ
  色がキレイで、メガネ踏みつぶしたろかと思うわ。まぁ、わしがこんだけ言う
  ても、あんたは絶対メガネかけて見るんやろなぁ。きっと後悔するやろけど。
  立体、立体と世間は騒いでるけど、そんなに効果的とは思わんのや。見てる者
  がオワーッとのけぞるぐらいの飛び出し具合やったらオモロイけど、この程度
  やったらたいしたことないわい。
  内容はアカデミー賞の結果のとおりでござりまする。

  ・『アバター』 http://movies.foxjapan.com/avatar/


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!
            ↓メール投稿はこちらまで↓
            < gotown@a2.mbn.or.jp >
  ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので
   匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編
   集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  
 ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆
 
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃
 ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃
 ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!

 ◆………………………………………………………………………………【全52本】
          〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>


             「○」印→作品・商品関連
             「◎」印→サービス関連
             「△」印→人物ネタ
             「●」印→海外流行ネタ
      

○『“映画×コンビニ”コラボフーズ』→メジャー作品と大手コンビニのコラボ急増
○『ワンピースコラボ商品』→人気アニメとコンビニがコラボ
○『サヨナライツカ・ロール』→映画「サヨナライツカ」×モンシュシュのコラボ
○『チョコレートフォーユー』→映画「バレンタインデー」×ハーゲンダッツ
○『「宇宙戦艦ヤマト」タイアップ』→宇宙戦艦ヤマトのオリジナル商品販売
○『カマロ「トランスフォーマー」仕様車』→主人公の愛車と同じデザインの限定車
○『アリスがいるブッフェ』→「不思議の国のアリス」風ブッフェ
○『シネマカクテル』→淀川長治生誕100年記念、映画をイメージしたカクテル
○『マクロスコラボフード』→映画オリジナルのメニューが登場
○『2010年シネキーワード』→「まげメン」「OG向け恋愛映画(40〜50代向け)」etc.
○『2010年公開注目作品』→秋「ノルウェイの森」、冬「ハリ・ポタ」、年内「踊る〜」
○『邦画ブーム』→話題作が続々登場
○『ONE PIECE』→映画も下半期NO.1、本もTOP200に全56巻がランクイン
○『SPACE BATTLESHIP ヤマト』→宇宙戦艦ヤマトが初の実写映画化決定
○『ロマンポルノRETURNS』→日活ロマンポルノが「ドラマ性が新鮮」と復活
○『“バンド”映画』→「バンデイジ」「ソラニン」「BECK」バンド映画花盛り
○『借りぐらしのアリエッティ』→宮崎駿率いるスタジオジブリの最新作
○『THIS IS IT』→マイケル・ジャクソンの記録映画にファン殺到
○『アバター』→タイタニックを抜き、興行収入世界1位に
○『The Hurt Locker』→LA映画批評家協会&米アカデミー最優秀作品賞受賞
○『2009年キネマ旬報』→日本映画1位は「ディア・ドクター」に
○『刹那(せつな)』→酒井法子の覚せい剤取締法違反事件が映画に
◎『太秦事件帖 七人の悪』→太秦映画村でニンテンドーDSの時代劇ゲーム
◎『名探偵コナン 広島・宮島ミステリーツアー』→謎解きを楽しむツアー
◎『米DVD業界の映画ネット配信』→米DVDレンタル大手、ネット配信重視戦略
◎『ウォーキング・ウィズ・ダイナソー』→“実物大”恐竜が動き回るショー
◎『アイクラフト』→会話と食事が楽しめる映画館をめざしたダイニングバー
◎『シネコン活況の要因』→3D普及を追い風に
◎『3D映画館』→1年で4倍以上に。値下げや眼鏡を工夫し集客力アップへ
◎『3D映画予告配信』→3D映画の予告編を自宅PCで視聴
◎『3D映像製作機』→3Dコンテンツ拡充の救世主
◎『3D画像作成技術』→3Dを作る技術としての「拡張現実」
◎『3D生中継ライブ』→国内初の3Dライブ中継開始
◎『D-BOX』→映画のシーンで動く座席設置
◎『New Director/New Cinema 2010 by シネマ・シンジケート』
◎『DPF movies』→デジタルフォトフレームを利用した動画ソフト
◎『1 Week DVD』→視聴期限付きDVD販売
◎『映画料金期間限定一律1000円』→ワーナー、限定2館で一律1000円料金で提供
◎『ファンミーティング』→今だけ&ここだけの特別サービスに魅力
◎『映画業界がシニア層に注目』→「F3」と呼ばれる50歳以上の女性を対象にPR
◎『フィルム・コミッション連絡協議会』→山梨県が映画ロケ誘致を促進
◎『“ちょい古”映画上映』→封切り後1年前後の映画上映が人気
◎『最新・映画盗撮防止技術』→ビデオカメラに映るノイズ技術開発
△『2010年注目アニバーサリー』→黒澤生誕100年、三船生誕90年、「ハリポタ」10年
△『“山崎豊子”人気』→映画化、ドラマ化で原作小説の売れ行きが再燃
△『本木雅弘』→APSA最優秀主演男優賞受賞
△『大雷蔵祭』→市川雷蔵の没後40年を記念し、過去の作品を連続上映
●『まゆ毛の移植手術』→キーラ・ナイトレイなど太めのまゆ毛の人気復活で
●『セレブ所有ホテル』→セレブ所有のホテルで1位はサンダンスリゾート
●『白系メイク』→人気バンパイア映画のヒットで白系メイクが流行
●『2000年代最高の映画』→「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)に
●『ニュームーン/トワイライト・サーガ』→北米深夜上映史上最高興収

 などなど。 

 ※各トピックの詳細はWeeklyリサーチ版(有料サービス)でご紹介済みデス。

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
 └───────────────────────────────────┘

★ドラマ関連トレンド☆フラッシュはこちらでチェック!
└→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2010/03/from2010--6d9d.html
     http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
          

 ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌───────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
  └→『朝のお茶漬け』『寿司モーニング』『フィゾット』等
  ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
  └→『1分DE映画』『銀座めざマルシェ』『昭和歌謡』等51本!
  ○【トレンド語学力】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html
  └→『2009年下半期トレンド用語おさらい号』配信!
 └───────────────────────────────────┘

 ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃  ◇『My Name is Khan』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『ヤスミン・アーマド監督の描いた世界』<マレーシア編>
  ・『スラムドッグ$ミリオネア』<英国編>
  ・『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート』
  ・『SUMO-lah』<マレーシア編>
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★BN閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html#kaigai
 └───────────────────────────────────┘
 

 ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆
 
     ┌──────────────────────────┐
     │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │ 
     |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |
     |         ほぼ毎日更新中!         |
     └──────────────────────────┘ 
  ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html
  ・最新シネレビューはこちらをチェック!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/09/or-971f.html
  ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html
  ◆最新更新情報はこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/

   ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。
    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。
  

 
 ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆
         
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃■□INandOUT!では下記の2つの有料サービスをご提供しております!□■┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html
       

 ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆
 
          こちらは無料!よろしかったらぜひ!!     
         http://homepage2.nifty.com/oubo.html
 
   ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!
   └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
   ◆『ドラマ番付』冬ドラ総括+春ドラ期待度待機!
   └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
   ◆『トレキャ☆マーケ』「2009年下半期トレンド語学力」配信済!
   └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html  


 ◆◆◆◆◆◆…………トレキャ!がコラボする外部サイト…………◆◆◆◆◆◆
           
                  ◇ 

  ◇ソニーTV番組総合情報サイト『テレビ王国』http://tv.so-net.ne.jp/
   ・『新ドラを斬る!』 http://www.so-net.ne.jp/tv/drama/banzuke/
  ◇ライブドアニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__4/category
  ◇恋愛ポータル『恋タメ!』 http://www.rentame.jp/
   ・『恋愛トレンド通信』 http://www.rentame.jp/ent/trend/
   ・『リアル恋愛レポート』  http://www.rentame.jp/adv/report/
   ・『恋愛結婚トレンド・キャッチ』http://www.motehimote.com/trend
  ◇就職ポータル『COBS』 http://cobs.jp/ 
   ・『目指せ!愛されMAN』 http://biz.mycom.co.jp/life/ideal/01.html
   ・『提案営業に学ぶ 恋愛〜』http://cobs.jp/skillup/rt/01.html


  ○─────────────────────────────────○