トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

 連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇「CMスキップにどう対処するか?」(後編)
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             TEXT by Reiko
                <アジア編>

   ※前編(8.31)→ http://homepage2.nifty.com/dorama/2005/k0831.html    前回は、CMスキップへの対処法として有望視されているプロダクト・プレイスメ  ントに関し、好ましくない事例2つを紹介した。ところがマレーシアではさらに  ひどい「画面分割」という手法が行われているのだ。これは画面の縦横をそれぞ  れ4分の3ずつくらい縮小して番組を放映し、残りの画面右上あるいは左下でCM  を同時に流すもの。これはもうレッドカードものの反則ワザである。縦横4分の  3ずつと言えば、面積は16分の9、ほぼ半分。字幕付きの映画の最中にこんなCM  が入ったが最後、「このスポンサーの商品は決して買うまいぞ!」と思うし、こ  の画面分割CMを思いついた人物に対しては殺意さえ覚える。    それでは最後に、CMスキップへの対処法を私なりに考えてみました。それは「見  たくなるCMを作る」ということ。「なんだ、そんなことか?」と言われそうです  が、皆さんにもありませんか?「あのCM好きだったなァ」と思えるようなCMが。  マレーシアには、「こんなCM、企業のセンスのなさを宣伝するだけ」と思えるよ  うなひどいものもありますが、そのCMを見た後に心がほっかり温かくなり、何度  も繰り返して見たいと思えるCMもあるんです。例えば、ある鎮痛薬のCM−よちよ  ち歩きができるようになった位の子供達が、ワニなど動物の着ぐるみを(顔が見  える状態で)つけて、トコトコ歩いたり、ハイハイしたりしているもの。「赤子  と動物には勝てない」でしたっけ、ヒットCMの王道を行く、ただそれだけなんで  すが、これは確実に「また見たいCM」になっている上、この商品にもCM同様の穏  やかな癒し効果を期待できる気がするんですよね。その他、思わず振りを覚えた  くなるダンスをメインにしたCM、クイズ入り、続き物CM、ご当地方言バージョン  がいつ放映されるかわからないのでつい見てしまうCM、なんてのはいかがでしょ  うか?                    ▽     ☆当コラムについて、ライターの追記をブログにUP。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/10/cm_7a6a.html
   ●【当コーナーで掲載した最近のコラム】    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html     ・『性同一性障害のモスリム少年のドラマ「Sutun」』  <マレーシア編>   ・『Desperate Housewives』&『HiHi PUFFY AMIYUMI』     <米国編>   ・『ごめんね、愛してる』&『新・若草物語』         <韓国編>   ・『日本軍政下の新嘉坡とマラヤを描いた大河「和平的代償」』 <亜 編>   ・『ゴージャスなネイチャー系 「クロコダイル・ハンター」』 <豪州編>   ・『日曜の夜に観たいビタミンドラマ 「ギルモア・ガールズ」』<米国編>   ・『「リアリティ」&「メイクオーバー」』(05/27)      <米国編>   ・『武侠小説の古典を壮大なスケールで描いた話題作』(01/06) <中国編>   ・『韓国ドラマ「守護天使」』(10/14)            <韓国編>   ・『アフリカで3000万人が夢中のリアリティショー』(10/5) <アフリカ編>