トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

 連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇海外テレビ事情(20)『米国SF系番組一挙3本』<米編>
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              TEXT by Reiko

            『HEROES』『Eureka』『Kyle XY』                   ◆  30年振り(!)にSF系番組にはまっている私Reikoが、米国の人気番組(日本未放  映)3本の魅力をご紹介します。    これまでにも『Xファイル』や『Smallville/ヤングスーパーマン』など「時間があれば  観る」SF系番組はあったんです。  でも、このジャンルで、仕事を一時中断してでも「絶対観たい」番組が週に3本あ  ると、スポーツの生中継や捜査物、医療物のドラマと合わせて、実はかなりの時  間が取られていたんですね(汗...)。  ただ、マレーシアでは『HEROES』と『Kyle XY』は既に第1シーズンの放映を終了  しているので、今は、ちょっと一息といったところです。でも、ここへきて、米国では  3作とも第2シーズンがスタートというニュースを聞いて、「あ〜、早く観たい!」と  ウズウズしております。  ●『HEROES』(NBC)  今回ご紹介する3本の中で、恐らく、日本で1番話題になっているのが、この番組  だと思います。超能力を持ったヒーロー達の中に、漫画オタクの日本人サラリーマ  ン、中村ヒロがいて、親友である安藤君との会話や独り言のほとんどが日本語だ  からということもあるでしょう(この日本語の台詞の是非については後述)。  思うに、このドラマの面白さは漫画やゲームの持つ、そなんですよね。  実際、ヒロは、自分にそっくりな人物が世界を救うという筋立ての漫画(予知能力  のある画家アイザックが描いている)に影響されていますし、第1シーズンでヒロ  達の最大の敵となるサイラーは、他の特殊能力を持つ人間を殺すことで、そのパ  ワーを次々と自分のものにしていくんですが、これって何かボードゲームのルール  っぽくありません?  一方、ヒーロー達の中にも、本来自分が持っている能力の他に、他の超能力者と  知り合ったり、訓練を受けたりする中で、その能力を身に付けていく、一種の「フレ  キシブル・カード」的な男性がいるんですよ。  だから、サイラーの殺人シーンはちょっといただけないにしても、子供にもわかりや  すいと思いますね。  「他人のものを横取りする=悪人。努力したり、仲間と協力することで力を付けて  いく=善人」ということが。  ま、そんな理屈は抜きにして、次はどうなるんだろう?というハラハラ、ドキドキ度  の高さでは、3作品中、このドラマがダントツで一位だと思います。    あと、ビジュアルも重視する私としては、アイザック役のSantiago Cabreraとスレ  シュ博士役のSendhiRamamurthyのイケメン度に大満足。ウチの息子達もかなり  気に入っているクレア役のHayden Panettiereは本当に可愛いし、2重人格(とい  うか実在した姉の魂に乗り移られてしまった?)ニキ(姉のジェシカと2役)役の  Ali Larterも熱演してます。  最後に、このドラマを観た日本人のブログのほとんどで批判されているのが、日  本語の台詞の不自然さ。特に安藤役やヒロの父親役の俳優の発音がひどい!    米国のドラマや映画って、たいていそうなんですけど、日系も中国系も韓国系も  一緒くたにして、オーディションしているせいか、日本語を話さなければいけない  役なのに、まるっきり非日本人の発音でしか台詞が言えない人が配役されてい  るということがよくあって、がっかりします。    だいたい安藤君の名前の「マサハシ」にしろ、ヒロの父親の会社の「ヤマガト」に  しろ、日本人のチェッカーがいないのは明らかで、これは致命的。    しかも、この『HEROES』は日本語の台詞(当然、英語で考えたものを日本語に  訳した)自体が全く直訳調です。あれでは例え、日本人の名優に言わせたとし  ても、不自然にしか聞こえないでしょう。  視聴率もものすごく好調なんだし、第2シーズンはぜひ、世界でも1、2を争う職  人芸を持つ日本の映像翻訳家に応援を頼んだほうがいいと思います。    ●『Eureka』(ケーブルTV、SciFiチャンネル)  実は私、SF映画なら莫大な制作費と最新の特殊効果を使ったものより、『コクー  ン』とか『ニューヨーク東8番街の奇跡』みたいな、ほのぼのした作品か、荒唐無  稽でコメディに近いものの方が好きなんです。その点、この『Eureka』の持つ一種  とぼけた雰囲気がとても気に入っています。    このドラマは、米国政府が世界中から一流の科学者と、その家族を移住させた  Eurekaという町のすったもんだを、連邦保安官ジャック・カーターが悪戦苦闘の末、  どうにか解決するという1話完結型のシリーズです。  カーターは車が故障したせいで、足止めを食い、その役を引き受ける羽目になる  んですが、彼の正義感も勇気も人一倍ありながら、どこか飄々とした感じは、以前  ご紹介した『Keen Eddie』のエディに通じるものがあります。そう言えば、この町の  住人も変わり者が多いし、作品自体のテイストも似ているかもしれません。    カーターは、反抗期の娘を持つバツ1で、この娘や、女性の保安官補、自宅の全  てを制御しているコンピュータ「サラ」との丁々発止の会話も笑えます。  我が家では2時間枠だった第1回のエピソードを見逃してしまったんですが、米国  ではSciFiチャンネルの14年の歴史の中で、初回エピソードに対する評価で最高を  記録したドラマだそうです。    今回、この記事を書く際に参考にしたTV.comというテレビ番組の総合サイトでは、  各ドラマの制作者やキャストに関する情報のほか、エピソードごとに投稿者による  評価(10点満点)も掲載されています。そこで評価が確定している12話の中では  8.75と比較的低い数字だった「忘れないうちに」というエピソード、私はこの回の  ストーリーが非常に気に入っております。    ちょっとご紹介すると、いつも汚い作業服を着ていて、どう見ても修理工のおじさ  んという風貌ながら、実はスペースシャトルの元技師、非常に優秀で頼りになる  科学者のヘンリーと、これまた極めて優秀なアジア系女性科学者の失われた恋  と時間のお話です。    これはSF物ですから、そこには当然、ストーリーの鍵となるSF的な要素があるん  ですけど、ごく平凡な人生の中にも「あれ、どうして私はこの人と結婚したのかな  ?」と思う一瞬がある、または、あったという人も少なくないと思うんです。そういう  人達がこのエピソードを観たら、きっとものすごく深い余韻が残ると思いますよ。    この回だけではく、『Eureka』は大人向けSF作品と言えるかもしれません。  ●『Kyle XY』(ABC)  『Eureka』が大人向けなら、この『Kyle XY』は間違いなくティーン向けです。    シアトルはずれの森の中で一糸まとわぬ姿で目を覚ます少年...というセンセー  ショナルな第1話以降数回を、実は我が家では観ていません。衛星放送を入れ  てから、ローカル局の番組にとんとご無沙汰してしまったため、マレーシアの民放  が放映権を獲得した、この米国ABCの人気番組のことは次男が「友達の間で話  題になっているから観てみたい」と言い出すまで、全く知らなかったのです。    次男は、「カイルって幼稚園児でも知ってるような簡単なことも知らないくせに、す  げー頭がよくて、へそが無いんだよ!」と、友達から聞いた話をそう要約しました。    カイルが何者か?というところはSFミステリーなんですが、精神科医(Wikipediaで  はソーシャルワーカー)ニコルが、カイルを夫、中高生の娘と息子のいる自宅に引  き取ってからは、カイルの社会化や思春期に遭遇する問題が描かれ、ホームドラ  マや青春ドラマの様相を帯びてきます。    そのミステリーとティーン・ドラマの中間という絶妙のバランスが、中高生である息  子達世代の間で人気を博した最大の理由かもしれません。    そうそう、SF系青春物と言えば、『Smallville/ヤングスーパーマン』があり、その主  役(クラークとラナ)を務める2人は、米国ドラマの歴史の中でも、眼福感にかけては  1、2を争う美男美女ですが、この『Kyle XY』のカイルと彼が好きになるアマンダの  2人もピュアなイメージがあって、好感度大です。アマンダ役の子は、レニー・ゼル  ウィガーを若く、かわいく、清楚にした感じかな。  XYと言えば、染色体ですが、第1シーズンの最終話では、XXの登場が示唆され  ていました。あ〜、これから、どんな展開になるんだろう?マレーシアでの放送開  始が待ちきれません。  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した最近のコラム】    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   ・『「本郷奏多」編』              <イケメン図鑑(7)>   ・『「田中聖」編』               <イケメン図鑑(6)>   ・『「篠山輝信」編』              <イケメン図鑑(5)>   ・『「One Night Only」(英)』          <海外テレビ事情(19)>   ・『ドーハ・アジア大会』            <海外テレビ事情(18)>   ・『Cell Dogs』                <海外テレビ事情(17)>     ほか、     過去の全バックナンバーも上記サイトでお読みいただけます。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━