トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > エンタテイメント > 2002
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 1)『仕事でも私生活でも!ロボットと共存時代』

 2005年には5000億円市場に育つと見込まれるロボット産業。3月にヒューマノ  イドロボット博覧会「ROBODEX2002」が開催されたが、問い合わせ殺到で立ち  見が出るほど社会の関心は高い。テムザックが三洋電機やオムロンとそれぞれ  組み、2種類の恐竜タイプの番犬型留守番ロボを開発。特徴は携帯電話を使っ  た遠隔操作やロボからの不審者通知など。総合警備保障からも火災探知兼受付  業務ロボ。松下電器産業の自律走行する掃除機ロボが話題で、2〜3年後の商  品化に期待。技術的な進化が著しいのはロボのコミュニケーション能力。バン  ダイ「BN-7」は会話、三菱重工「ロボット神ちゃん」はジャンケンや似顔絵  描きが得意。天使モチーフの「POSY」(日本SGI)は癒し系。ソニー「SDR-4X」  は歌や踊りが得意。ロボが人間のパートナーになるのも間近だろう。その象徴  として兵庫県「手塚治虫記念館」では鉄腕アトム誕生日2003年4/7にアトム人形  が目覚める、など各種イベントを計画中。今世紀はロボットの時代。ブームは  これから熱くなっていく。


 3)『モダンレトロ・ブーム』
 古き良き時代のレトロな建築物外観は残したまま、一部を改装して新たなテイ  ストを加えたエンタテイメントゾーンがこの春、続々登場。デートスポットと  しても有名な横浜の倉庫街は横浜のノスタルジックロマンなイメージを残した  まま、ファッション、雑貨、家具、ジュエリーやグルメなど30店が入った総合  ショッピングモールに変身。地元の鎌倉ハムを使ったサンドウィッチショップ  「キッチンカーチス」やご当地アイス「馬車道アイスクリーム」、シューマイ  の「崎陽軒」初のファストフードも登場し、地域の活性化にも貢献している。  白金台の「都ホテル」は外資企業と提携し、ロビーや客室を日本の伝統とモダ  ンさの共存というコンセプトを元に改装。名前も「ラディソン都ホテル」に。  そしてレトロなイメージの街・上野もモダンに変身。駅舎を大改装し駅ビル  「アトレ上野」が3月オープン。駅全体をひとつの街と見て、東側が古い駅舎  の風情を生かした「レトロ館」、西側がショッピング・飲食ゾーン。でも、ど  んなにモダンなショッピング街になったとしても、来るお客様はやはり土地柄  「レトロ」な方も多いとか。まさに、モダンレトロ!?


 4)『新顔登場で救世主なるか!食べ物ソング』
 “さかな、さかな、さかな〜っ♪”とゆかいでポップな曲調で鮮魚売場からブ  レイクした『おさかな天国』をはじめ、コロッケの唄、おでんのうたなどスー  パーでは食べ物ソングが氾濫中。食べ物ソングといえば'75年発売で約450万枚  の大ヒットとなった『およげ!たいやきくん』が、今月、27年ぶりに同じ作詞  作曲家コンビで新曲『踊れ!たいやきくん』として復活。少女5人組ユニット  「たいプリ」が歌い500万枚(ムリでしょう・笑)の再ヒットを狙う。そもそも  『おさかな…』は魚の消費激減に悩む農水省の対策で10年ほど前に誕生した曲。  ブレイクし始めたのは昨年9月頃。皮肉にも同じ農水省が抱える狂牛病の影響  で、魚が見直され曲の人気にも火が付いた。先月CDメジャーリリース後、一週  間で30万枚売り上げる大ヒットに。そこで今度は焼肉業界を盛り上げようと、  来月にはCD『GO!GO!カルビくん』が誕生予定。3/29発売した同タイトルの絵  本(英潮社刊)が元で、必殺技「カルビンタ」を武器に、悪者から地球の子供  達を守るためヒーロー“カルビくん”が颯爽と登場する。新食べ物ソングは食  肉業界の救世主となるか?
→ランキングへ戻る