トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
 ◇『東京インターナショナル・ギフト・ショー2004秋(後編)』


                            TEXT by あまり
  ◆前編→ http://homepage2.nifty.com/kuru/2004/0923.html          (パステル・オータム&クリスタル・クリスマス)                     ▽   そして、会場全体で、気付いたことと言えば、キャラクターが大集結!という   ことだろうか。「みなしごハッチ」や「ガッチャマン」(知ってる?)、はた   また一世を風靡した「なめネコ」(なんめんなよ!とチョーランや特攻服です   ごむ?子猫達のキャラ)などの“なつかしキャラ”から、私もお気に入りの   「リラックマ」など新しめキャラ、そしてディズニーやセサミストリートなど   の定番キャラまで、一大キャラクター大会なんであった。前回、出展の記憶が   ない“手塚治虫プロ”などもブース出展し、アトムに加え、大々的に「ブラッ   ク・ジャック」商品を展開していた。ただなぁ、あのマンガは好きだけど“ブ   ラック・ジャックの顔だけクッション”ってどうなんですか?>手塚プロ(苦笑)   様々に商品展開されているキャラクターには「スパイダーマン」などの“輸入   モノ”も、もちろんたくさんあるが、想像以上に日本製キャラはパワフルだ。   とうとう「NOVAうさぎ」も、一般に商品卸を始めたしね。                     ▽   そして、リバイバルのキャラも加えて、次の“売れるキャラ”を求め、各メー   カーが凌ぎを削っている光景が見えてくる。前述した『サマンサ・タバサ』の   この秋最大のヒット・バッグはなんと“キティちゃんのアップリケ・バッグ”   なんである。ン万〜十ン万するキティちゃんバッグが、発売日には長蛇の列で   飛ぶように売れたとのこと。コラボという名の下に、通常の機能に加えてキャ   ラクター付けをしてしまおうという商品と、そこになんとか乗ろうとするライ   センシーの涙ぐましい努力もたくさん見られた。   驚いたのが「レアルマドリード」と「avex」のブース。確かに欧州サッカーは   大人気だし、中でもレアルはスター軍団だが、スポーツ・グッズの見本市だけ   ではなく、雑貨の見本市に登場かよ〜と、選手も(使い捨ての?)キャラのひ   とつにされているようでフクザツな気持ち。比べてavexはもともと“スター”   という名のキャラ軍団なのだから、さもありなん、と納得。笑えたのが、avex   の商品「假屋崎省吾のフラワーアレンジ・フィギュア」(笑)“假屋崎センセ   本人”ではなく、彼の“アレンジメント”のフィギュアってとこがビミョー。   これも、誰が買うんでしょね?お家騒動もあったし、avexも色々模索中なのか   も知れないが、この2社に限らず、どこも“自社のキャラ付け”“人気キャラ   ゲット”に必死なんである。                     ▽   そういや今年のギフト・ショーのテーマは『いやし、くつろぎ、スローライフ   の再考』であった。確かに木や石などの自然素材モノが多く見られたり、アロ   マ関連グッズがさらに増えていたりと、思いつきやすい“癒しグッズ”もたく   さん現れていたが、ほんとは、大人もみんなコドモにかえった気分になるのが   一番の癒しだったりするのかなぁ。なんて、まるで『キャラクター合戦』とで   も言えそうな今回のギフト・ショーを見て思った。   そうそう、私同様「キャラは好きだけど、年齢的にそうキャラモノばっかりで   も困るのよね(汗)」という方には、日本初上陸「バス・シュガー」がオススメ。   バス・ソルトならぬ、とてもリアルな蜂蜜やバニラ、フルーツなどの甘〜い香   りと、まるで本物にしか見えない、かき氷やスウィーツの見かけを持つ透明感   溢れる入浴剤だ。これこそ、今年のキーワード『クリスタル・クリスマス』、   『パステル・オータム』『キャラクター』(スウィーツの絵面って、普遍的   キャラクターでしょ?)と、テーマだった『いやし、くつろぎ、スローライフ』   を全てクリアした優れものじゃないかと思う。
              <編集長からヒトコト>     「バス・ソルト」ならぬ「バス・シュガー」、惹かれますね〜!     皆さんも甘い香りとキレイ色に染まった湯煙で癒されてみては?     ところで、食べ物にも意外なキレイ色フードが登場しているんです。     本日の「トレ卵ひとレポ」(下記コーナー)ではそんな食品を     PICK UPしてみました。「へえ〜」ちょっと驚きでしょう?(ゴ)