トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
  ◇『人気ブロガーにインタビュー(本編)』(著者インタビュー企画)

   ★画像付きの記事全文はこちらでお読みいただけます。    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/post_5e7e.html
                            TEXT by わっち

  ★予告編→ http://homepage2.nifty.com/kuru/2005/0721.html                       さて、前号の予告通り、人気ブロガー、さきっちょ と はあちゅうにお会いし   てきました。前回お話しました「クリスマスまでに彼氏を作る」を目標に、(当   時)女子大生のお二人が奮闘するブログ http://blog.livedoor.jp/firstlove2/   は人気を博し、書籍(アマゾン→ http://tinyurl.com/8z6dt )として、出版   もされ話題を呼びました。最後にはそのサイン本のプレゼントもありますよ。     ┌―┐  │★│本物の姉妹のような二人。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   現在社会人のさきっちょ( http://blog.livedoor.jp/sakicchu1228/ )は、取材   日の前日は旅行、当日も昼と夜に予定あり。   そして学生のはあちゅう( http://blog.livedoor.jp/springflavor122/ )は翌   日苦手な経済学のテストで夕方まで図書館で勉強。そんな超多忙のなかお二人   と某駅で待ち合わせ。   はあちゅう行きつけのカフェまでの道中も、「痩せた?」「幸せそうー」など   まるで本物の姉妹の雰囲気。ブログ終了から半年以上たったものの、お二人の   絆は強いものだと最初に実感。     ┌―┐  │★│ネタ探しと彼氏作りで駆け抜けた2004冬…そして出版化。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   もともとお二人とも人気ブログを持っていたが「そろそろブログに飽き始めて   いた(w」時に、はあちゅう→さきっちょにラブコールを送るところから二人   は知り合い、11月13日に「さきっちょ&はあちゅうの恋の悪あが記」   (http://blog.livedoor.jp/firstlove2/)を立ち上げた。   それからはネタ探し→推敲(4〜5回)を2人で繰り返し→リンクチェック→   お互いに読み直しをしてweb上にあげる作業が続いて、寝るのが深夜に及ぶこと   もあったとか。しかし読み手の期待に応えるべく楽しく更新していたそうだ。   そうこうしているうちに出版社から話が来て、あれよあれよと出版化に。   本( http://tinyurl.com/8z6dt )が店頭に並んだとき、はあちゅうは「私は伊   藤春香(はあちゅうの本名)と“はあちゅう”は別と考えているので、他人事の   ように感じていた」そう。出版された本について尋ねてみると、エントリーや   コメントがカットされた部分もあり、あのときのライブ感をもっと出してほし   かった…とちょっと不満も。(完全版の発行も近い?)      ┌―┐  │★│ブログはいろんな人とつながれる。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   「ブログをやっていてよかったこと」については、2人とも「人の出会いが広   がった」ことだという。職業、地域を超えて日常生活で知り合えなかった人と   知りあったり、それによってコミュニティ(数ヶ月に一度集まる会があり)が   生まれたり、また相談や悩みの相談を持ちかけられたり、更には「ブログの色   のつけ方」等の技術的な相談までを受けるそう。   またいろんなことを見聞きして、それをブログに書くことによってコメントを   もらい頑張る事ができたのも魅力とか。さきっちょはブログによって世界が広   がったため、もう少し広い世界を見てみようと単身東京に出てきたそうです。    ┌―┐  │★│「荒らし」にも、二人だから乗り越えられた。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   最近お二人のブログでもよく目に付く「荒らし」対策についてお聞きすると、   ずばり「気にしていない」とのこと。荒らしさん自身も「自己満足」で3日も   たつと静まると感じているようです。どんな意見でも悪く取る人はいるし、   「あらを探してやろう」という魂胆は仕方のないことで、(少なくとも自分は   荒らしの人よりも)充実した生活を送っていると感じているとのこと。   実際IPで荒らしの人もわかっているし、あえて反論することもしないそうです。   「悪あが記」のときも多くの荒らしがあったそうですが、2人で電話やメール   などで話し合いやってこれた。一人だとそれはこらえられなかった、と。   その経験が今に活きているようです。     ┌―┐  │★│2005秋…ブログの今後とブログ外での活動。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   「悪あが記」が終わった現在もお二人ともブログを継続中ですが、さきっちょ   は本業と、後述する劇団の活動が忙しく充実しているので、ブログに割く割合   が減ってしまっているのが現状。書きたいことと時間がなくなるとフェードア   ウトするかも…とのこと。対して、はあちゅうは無理をしないで自己満足で書   いているので「学生の間は書き続ける」予定。学生のビジネスコンテストの出   場などブログを通じて新しい仕掛けも増えています。ブログ界全体に対しては   今後「書くことがある人が勝ち」と感じており、映像などをつなげた個人メディ   アのひとつになるのでは…と、おっしゃっています。      さきっちょは現在「素人だけと劇団とかやりたい」をモットーにブログやSNS   (ソーシャルネットワーキングサービス)で知り合った素人演劇集団「劇団   ブサイコロジカル。」のドキュメンタリーブログ( http://blogical.jp/ )で   11月の公演を目指す団員の奮闘などを更新、ポッドキャスティングの「ブサイ   コロジカラジオ」( http://pod.ladio.livedoor.com/mystation/?lid=blogical)   でも週一で更新中。 はあちゅうは映像ブログ「はあちゅうのテッペン!」   ( http://www.gyao.jp/videoblog/ )が始まり、ブロガーとともにいい女を   目指す「いい女 塾」( http://www.e-onnnajuku.com/ )の活動のほか、   9月に新しいことをする予定。乞うご期待です。      ┌―┐  │★│2人のマイブーム。  └―┴――――――――――――――――――――――――――――――――   話は変わって「トレキャ!」の取材ということで二人のマイブームを。   はあちゅうはジムに通うことと「ゲルマニウム温浴」にハマっているそうです。   「冷え症に効く」のが理由とか。さきっちょは「泣くこと」。いまも昔も自分   につらい経験がないのがコンプレックスという彼女は、いま本や映画を見て素   直に泣く願望が強いようです。(ちなみに昨晩は「半落ち」を見たといって若   干目を腫らしていました。)   あとは2人で通販にハマっていて月2−3万円のコスメや香水を買うようです。   値段の安さと「家に宅急便が来ること」が魅力だとか。                     ▽   最後に。   取材帰りの東横線で、さきっちょに聞いてしまいました。   「あのブログの彼とは…」   悩んだりした時期もあるものの、お互いの悩みを打ち明けたりしながら七ヶ月   たっても順調だそうです。今までお互いをハンドルネームで呼び合っていたの   が、最近たまに下の名前で呼ぶそうです。ごちそうさまです。   ブログのイメージと違って、話を聞くと本当に普通の子。しかしこちらの取材   に真剣に答えてくれ、一貫したポリシーをもち、それもブログに表現する人。   すごいパワーをもらって帰ってきました。ブログのパイオニアとして今後も頑   張ってほしいなぁと思う。最後、若い!元気ですわ。おじさん頑張る。
             <編集長からもヒトコト>      「ブログ」は電通が実施した05年上半期の話題商品ランキング調査でも    1位にランクインしたほど市場も注目しています。    トレキャ!で最近レポートした関連トピックス    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/2005_809c.html    でも詳細をチェックしてみてくださいね。    ところで今回インタビューを担当した、わっちも、当編集部の中では十分    “若手組”のはずなんですが、その彼さえも、お二人を前にしたら“おじ     さん”なんだ・・・(んじゃ、私は…?笑)。   ┏━━━━━━━━━━━【読者プレゼント!】━━━━━━━━━━━┓                〜締切9月18日〜      記事内でご紹介しているお二人のご著書を直筆サイン入りで、      読者2名様にプレゼントいたします!      下記のフォームよりふるってご応募下さい!             ○応募→ http://homepage2.nifty.com/waruaoubo.html         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛