トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜2010上半期総括+新作レビュー〜

 ■□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
    『トレキャ!シネマ番付』  〜2010上半期総括+新作レビュー〜
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□■
               http://homepage2.nifty.com/
 
╋━━━━━━━━■『トレキャ!』シリーズの無料メルマガ■━━━━━━━━╋
┃                                    ┃
┃            ★印が、今お読みの号です!           ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃☆『トレンド・キャッチ!』/トレキャ本拠誌!ほぼ月1回発行       ┃
┃☆『トレキャ!プチ』携帯版/ほぼ月1回発行               ┃
┃☆『ドラマ番付〜新ドラを斬る!〜』/1クール3回(期待度・中盤・終了後)┃
┃★『シネマ番付〜ベスト&ワースト〜』/年2回(上半期・下半期)+more  ┃
┃☆『トレキャ!・トレンド語学力』/不定期(シンドローム・キャッチ!)  ┃
┃☆『テーマ特集号外orお知らせ号外』/不定期 (各誌共通)        ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃※各誌購読登録はこちら→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html ┃
┃          ※それぞれ別に購読登録が必要です!         ┃
┃                                    ┃
┃   ●トレキャ!は、まぐまぐの『殿堂入りメールマガジン』です。    ┃
┃   ●トレキャ!は、めろんぱんの『歴代オススメ!誌』です。      ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 

               。.。o○o。.。 

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□
  
  ◇ はじめに ………………『ご挨拶/サムライ・シネマ/夢の印税生活』
   
  ◇ クロストーク……………『2010上半期総括/新作レビュー』
   
  ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全43本)』
                                 
  ◇ 海外発!シネマ情報……『ベスト・オブ・タイムズ(タイ編)』
 
  ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』
                最新シネレビューはこちらをチェック!
   
  ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在2種類のサービスを提供しています!
    
  ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
  
  ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!
   
 
 ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは! 編集長のGochy!です。
  この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!

  上半期(9月)と下半期(3月)、年2回お届けしているトレキャ!シネマ番付。
  上半期では、上期(1月〜6月)公開作を対象にした総括と新作レビューを、
  下半期では、年間(1月〜12月)公開作を対象にした年間ランキングを
  ベスト&ワースト別にお届けしております。
  
  本日お届けしますのは上半期編(+新作レビュー)。 

  今回のReikoの海外シネマ・コラムは
  タイ映画『ベスト・オブ・タイムズ』をPickup。
  ついつい、欧米メジャーの作品にばかり目がいきがちですが、
  こうした作品にも目を向けることで
  I love シネマの世界が、より深く、より面白くなってくるはず。

                ◇

  ところで、
  今秋から冬にかけて
  『十三人の刺客』『最後の忠臣蔵』『桜田門外ノ変』『雷桜』『武士の家計簿』と、
  続々と時代劇を配給する大手5社が
  共同で“時代劇映画”の魅力をアピールするキャンペーンを
  実施しているのをご存知ですか。
  『サムライ・シネマ』キャンペーン
  └→ http://www.samurai-cinema.com/ 

  実は、先日とあるパーティで、知人の映画プロデューサー氏に
  初対面の方を紹介され、
 
  「Gochy!さん、
   この人が、Gochy!さんがつまらないと言ってた
   映画『○○○』(上記5作のうちの一つ)
   の脚本を書いた○○さんだよ〜(笑)。」

   そして、その脚本家さんからは
  
  「あの映画、そんなにダメでしたか〜?」
   
  と言われて、非常に焦りました。
    
  実際は、試写を見た際に、
  シナリオやストーリーについてではなく
  「主演俳優のオーバーリアクション(濃すぎる演技)には引いてしまった…
   脇役にも、どうしてこの役者さんを?という配役があったが
   あれは二世俳優とか、おとなの事情的起用とかなのか?」
  と、演技やキャスティングに関する感想や疑問を友人に話したところ、
  その友人から先のプロデューサー氏に、
  「Gochy!さんがあの映画はつまらないって言ってたよ」
  とざっくりと伝えられていたたようで、
  上記のようなとんだ初対面の流れに…。
   
  具体的な感想でなく、“つまらない”という、
  ひとくくりにした表現で伝わると
  まるで作品全体を否定したようなってしまって、コワイですよね(汗)。

  自分も表現する際は、気をつけないといけないなと
  改めて思いました。

  それにしてもプロデューサーさん、人がお悪い〜。
  
  「いいんだよ、いいんだよ、
   所詮、映画は(良いも悪いも)監督のものなんだから」

  と、フォローしてましたが、フォローになってる?(笑)
  
  「僕だって、自分がプロデュースした『○○○』(続編も制作された
   大ヒット作)について、正直、今も満足してないんだから」

  と続けたところを見ると、かなり自虐的な意味合いもありそうですが(^_^;)
  今度、そのあたりのお話、じっくりと聞かせてもらいたいものです。

                ◇

  キャンペーンといえば、もひとつ面白いものが!
  「夢の印税生活キャンペーン」
  └→ http://10-oku.com/index.html

  テリー伊藤の初監督映画『10億円を稼ぐ』(11/20公開)の
  予告編を見てクイズに答えると、
  正解者の中から抽選で1名に、テリー伊藤が生み出したキャラクターの
  権利収入分配をプレゼントするというもの。
  応募期間は2010/9/14〜12/25まで(予定)。
  応募は上記公式サイトから!
  あなたも一獲千金狙ってみては!? 

                 ◆

  それでは、対象作品の多くがレンタルされ始めた時期でもありますので、
  秋のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。
  それでは、「シネ番上半期総括」+α、ゆっくりとご堪能くださいませ。
   
   
 ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆
 
   トレキャ編集部のシネマ・マニア4人&読者ゲスト1名の計5名が、
   お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
   その年に封切られた作品をシビアにランキング。
      
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ↓ちなみに2009年度までのシネマ番付の結果はこちら↓  
       http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   上半期配信号では、上半期の総括コメントと新作レビューをお届けします。
  
                  ◆◇◆

       ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー M=MARS 
            読者ゲスト(今回はお休みです)。


 ◆━━━━━━━━━━━━━ '10上半期総評 ━━━━━━━━━━━━━◆


A:2010年上半期、印象に残った作品と言えば昨年末の『アバター』に続き、相次
  いで日本で公開された米アカデミー賞関連作品『ハート・ロッカー』『マイレー
  ジ・マイライフ』『NINE』『プレシャス』。どれも胸にズンとくるほろ苦い味
  わいの逸品だったよね。それと年明け『50歳の恋愛白書』『新しい人生のはじ
  めかた』『恋するベーカリー』といった「Around50」女性の恋愛模様を描いた
  作品が立て続けに公開されて、ワタシよりチョイお姉さん達の元気さにものす
  ごく勇気をもらいました。もっともっと自分をアゲたくて、上半期はやたらと
  恋愛映画を見たんです、ワタシ(笑)。いい年を重ねた薬師丸ちゃんやミポリン
  に感じ入った『今度は愛妻家』『サヨナライツカ』。女の濃ゆ〜い欲望を余す
  ところなく描いたペネロペ・クルスの『抱擁のかけら』や韓国映画『渇き』、
  女性の強さや脆さを描いた菅野ちゃんの『パーマネント野ばら』あたりがヨカッ
  タなあと。ヨカッタと言えば高良健吾君。『ソラニン』『ボックス!』『ケン
  タとジュンとカヨちゃんの国』、もう彼の虜です(笑)。今年も洋画邦画問わず
  色々見てきたけど、先生(松たか子)の最後のセリフで原作以上の傑作になった
  邦画『告白』と、笑って泣けて素晴らしいクラシック体験ができた洋画『オー
  ケストラ!』の2本にワタシの’10年上半期ベスト1を捧げたいと思います。
  
  ・『ハート・ロッカー』 http://hurtlocker.jp/
  ・『マイレージ・マイライフ』 http://www.mile-life.jp/
  ・『NINE』 http://nine-9.jp/
  ・『プレシャス』 http://www.precious-movie.net/
  ・『50歳の恋愛白書』 http://50love.gaga.ne.jp/ 
  ・『新しい人生のはじめかた』 http://hajimekata.jp:80/ 
  ・『恋するベーカリー』 http://www.koibake.com/ 
  ・『今度は愛妻家』 http://www.kondoha-aisaika.com/
  ・『サヨナライツカ』 http://sayo-itsu.com/
  ・『抱擁のかけら』 http://www.houyou-movie.com/
  ・『渇き』 http://kawaki-movie.com/
  ・『パーマネント野ばら』 http://www.nobara.jp/
  ・『ソラニン』 http://solanin-movie.jp/
  ・『ボックス!』 http://www.box-movie.jp/index.html
  ・『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 http://kjk-movie.jp/
  ・『告白』 http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html
  ・『オーケストラ!』 http://orchestra.gaga.ne.jp/ 
 (・『アバター』 http://movies.foxjapan.com/avatar/ 昨年公開作)


M:まず、大大大好きな鬼才監督、テリー・ギリアムの『Dr.パルナサスの鏡』は、
  公開中に見逃したために、上映している映画館を探しまくって、東京まで観に
  行きました。しかも久々にパンフレット買っちゃったよー。いや〜、破天荒な
  ストーリー展開は相変わらずで、しかも主役のヒース・レジャーが急逝して完
  成が危ぶまれた中、何とジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレ
  ルの3人が主役を引き継ぐという豪華さ。参りました。これに比べりゃ、『ア
  リス・イン・ワンダーランド』は、屁でもないざんす。『霜花店〜運命、その
  愛』は、チョ・インソンの代表作と言える色気満開の時代物。板尾初監督&主
  演作『板尾創路の脱獄王』は、鬼気迫る演技とは裏腹なバカっぽい結末が素敵。
  板尾ってすごいぞ!!最後に、釜山国際映画祭で一番よかった『亀、走る』。韓
  国映画って、主役がダサい男でも、演技がうまいんだよね〜。
 
  ・『Dr.パルナサスの鏡』 http://www.parnassus.jp/index.html
  ・『アリス・イン・ワンダーランド』
    http://www.disney.co.jp/movies/alice/index2.html
  ・『霜花店〜運命、その愛』http://frozen-f.com/
  ・『板尾創路の脱獄王』http://www.datsugoku.com/
  
 
よ:わたしが見た数少ない作品の中での上半期ベストを選ぶなら、やはり『告白』
  はハズせなない!原作も面白くて夢中で読んだけど、それをあの中島哲也監督
  がどうスクリーンに描くのが注目していたら、予想以上のできにビックリ!特
  に松たか子の演技には、娘を殺された母親の静かな狂気がよくでていたなあと。
  ほか、老夫婦のキズナを描いた『やさしい嘘と贈り物』は、妻が夫を思う気持
  ちが伝わってきて、静かな感動をもらった。あとジム・キャリーとユアン・マ
  クレガーという2大スターの恋愛ラブコメの『フィリップ、きみを愛してる』
  も面白かったな。ユアンがめちゃキュートなのにビックリしたけど、あの脱獄
  劇が現実にあったっていうのが、またビックリ!
  逆に豪華な出演陣に期待を高くしていたった『NINE』には、主役の男があまり
  にもウジウジして現実逃避しすぎてて、イライラして全然のたしめなかったわ〜。

  ・『告白』:http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html
  ・『やさしい嘘と贈り物』:http://avex-pix.co.jp/okurimono/index.html
  ・『フィリップ、きみを愛してる』:http://iloveyou.asmik-ace.co.jp/
  ・『NINE』:http://nine-9.jp/


ゴ:2010年上半期、私にとって最もギフトだったのは、「このミステリーは素晴ら
  しいから!」とずっと周囲にもすすめまくっていた国内外の小説が、ともに映
  画化され、そのどちらもが見事な出来栄えだったこと。 まず国内では、湊か
  なえの同名小説を中島哲也監督が映像化した『告白』。原作を読んでいてもな
  お息を呑むほどの緊迫感と、子供相手にしてありがちな“ひとすじの希望”も
  容赦のかけらもないバッドエンディング。「な〜んてね」と茶化したセリフが、
  世の偽善や性善をひにくるように響いた、ホラーを超えた衝撃作だった。
  そして海外では『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』。北欧を舞台にした世
  界的な大ベストセラー『ミレニアム』3部作の第一部。ヒロインは身長150cm、
  体重40kgそこそこという華奢な体をパンクファッションに包み、社会的不適合
  者の烙印を押されながら、天才的ハッキングと身体能力で問題を解決していく
  史上最強(最狂?)の女調査員。孤島ミステリー仕立ての第一部に続き、現在、
  第2部&3部が公開中!ということで下の新作レビューコメントへと続く…。

  ・『告白』:http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html
  ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
    http://millennium.gaga.ne.jp/about/



 ◆━━━━━━━━━━━━ オススメ新作レビュー ━━━━━━━━━━◆

         現在公開中orこれから公開のオススメ作品

  
ゴ:ということで、『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂
  卓の騎士』は社会派サスペンスとして現在連続公開中!上下巻×三部・全6巻
  (第四部の完成前に作者死亡…無念!)という長編シリーズを、見事な構成力
  で映像化。キャスト陣も無名(お国では有名なんだろが)なのが、かえって原
  作ファンとして受け入れやすかった。ちなみに『セブン』のデヴィッド・フィ
  ンチャー監督でハリウッドリメイクが決まっており、ヒロインは多数有名女優
  が名乗りを上げる中、無名に近い新人女優が抜擢、相手役のジャーナリスト・
  ミカエル役には、ジェームズ・ボンドでお馴染みダニエル・クレイグ(個人的
  にイメージ◎)とのこと、こちらも今から楽しみだ。AXNミステリーチャンネル
  も要チェック!→ http://mystery.co.jp/program/millennium/index.html
  もうひとつおすすめは、『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作
  『ミックマック』。非エリート集団版『オーシャンズ11』(7人だけど…笑)み
  たいな愉快なコメディで、頭に銃弾を受けた主人公が、自分と家族の人生をめ
  ちゃくちゃにした企業に対し、仲間と共にそれぞれの“得意技”を駆使して復
  讐するお話。とにかくその戦略が、めっちゃ“おちゃめ”なんです!(笑)
  ちなみにJALパックでは、この映画のロケ地を巡るパリツアーを11月〜実施とか。
 
  ・『ミレニアム2&3』 http://millennium.gaga.ne.jp/
  ・『ミックマック』 http://micmacs.jp/
 
M:今公開中で一番観たい映画は『悪人』。深津絵里がモントリオール世界映画祭
  で最優秀女優賞を取ったというのもあるけど、人の心にある悪を李相日監督が
  どんなふうに深くえぐり、描いたのかに興味津々。それと、先日観て来た『バ
  イオハザード IV アフターライフ』は、全編3Dで、私にとっては今まで避け
  てきた劇場での初3D体験(絶対酔いそうで…)。で、思ったほど酔わないん
  だけど、逆に全編3Dである必要があるのかなあと思ったりして。ミラ・ジョ
  ヴォヴィッチのキレのいいアクションは見ごたえありました。
 
  ・『悪人』 http://www.akunin.jp/index.html
  ・『バイオハザード IV アフターライフ』 http://biohazard4.jp/


A:見ました!『悪人』。映画のキャッチコピー「なぜ殺したのか。なぜ愛したの
  か。」わかった気がしたな。原作者である吉田修一氏が監督・李相日氏と共に
  脚本に参加した本作、原作以上に主人公・祐一と光代の孤独感が体中に憑依し
  て、見た後数日やりきれなさが抜けずに大いに弱りました。独りのヒトも家族
  がいるヒトもみんななんらかの寂しさを抱えて生きている現代、この登場人物
  に起こったことは強ち他人事ではないのかもしれない、そうこの映画を見て感
  じました。スクリーンの中で祐一にしか見えなかった妻夫木君も素晴らしかっ
  たけれど、モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した深津さんは、
  犯罪者である男を愛さずにはいられない哀しい女・光代を見事に体現していて
  本当に秀逸でしたね。原作本も合わせて芸術の秋にオススメの一本です♪

  ・『悪人』 http://www.akunin.jp/index.html


よ:下半期の邦画はやたら時代劇が多いけど、その中でも大好きな堺雅人が主演の
  『武士の家計簿』が気になるな。あとはドラマで人気だった『SP』もね。ドラ
  マからしばらく間があいてしまったので、もう一度ドラマおさらいしておかな
  きゃだわ。洋画ではトム・クルーズとキャメロン・ディアスの2大スターが共
  演の『ナイト&デイ』。豪華スターでド派手なアクションという、ハリウッド
  映画らしいハリウッド映画を見れるかもと楽しみ。みなさんが楽しみな『悪人』
  は近いうちに見に行く予定にしてます。

 ・『武士の家計簿:』http://www.bushikake.jp/
 ・『ナイト&デイ』:http://movies.foxjapan.com/knightandday/
 ・『SP 野望編』:http://sp-movie.com/index.html


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!
            ↓メール投稿はこちらまで↓
            < gotown@a2.mbn.or.jp >
  ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので
   匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編
   集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  
 ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆
 
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃
 ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃
 ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!

 ◆………………………………………………………………………………【全43本】
          〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>


             「◎」印→サービス関連
             「○」印→作品・商品関連
             「△」印→人物ネタ
             「●」印→海外流行ネタ
      

◎『サムライ・シネマ』→大手配給5社が実施する共同キャンペーン
◎『スクリーンツーリズム促進プロジェクト』→海外の映画・ドラマ撮影を誘致
◎『映画ロケ地見学ツアー』→ジャン=ピエール・ジュネ監督の作品ロケ地を巡る
◎『映画関連グッズ展示宿泊プラン』→映画とコラボした宿泊プラン
◎『公開前映画配信』→業界初!劇場公開前にビデオ・オン・デマンで先行配信
◎『e-pod(イーポッド)』→返却不要のUSB式映画レンタルサービス
◎『i3Space(アイ・キューブ・スペース)』→3Dテレビで立体映像に感触錯覚
◎『ロッポンギ・アニメ・ナイト』→金曜夜のTOHOシネマズ六本木にアニメファン集結
◎『バリアフリー映画』→目や耳が不自由な方にも楽しんでもらえる工夫
◎『ヤマトギャラリー零(ゼロ)』→松本零士の作品や模型の展示ギャラリーが呉に
◎『EVANGELION:WORLD−実物大初号機建造計画ー』→富士急ハイランドにエヴァワールド
◎『庄内映画村オープンセット』→時代劇の世界へいざなう映画テーマパーク
◎『月に囚われた男 on Twitter』→ツイートしながら映画鑑賞
○『3D版「ゴジラ」』→2012年公開!あのゴジラが3D映画で再びスクリーンに!
○『「バッドエンド」共感』→暗い結末(バッドエンド)が共感を呼んでヒット
○『ホラー映画ブーム』→ゾンビブーム再燃、吸血鬼、3D、双方向
○『「ゾンビ」ブーム』→映画に加工ソフト…関連商品続々
○『ゾンビ肉』→見た目はグロいが味は美味!?
○『ファンタジー映画』→今年は大人向けファンタジー映画に注目
○『ViVA!Kappe(ビバ!カッペ)』→農業ラブストーリー
○『浅草堂酔夢譚』→世界最長のワンカット撮影でギネス申請予定の映画
○『サマー・ウォーズ』→あの「エヴァ」を抜いたアニメ映画
○『“シャッター アイランド”超日本語訳』→吹き替えを忘れてしまう程のクオリティ!
○『アリエッティ・コラボバッグ』→ジブリと組んだエーグルバッグ
○『みつばちハッチキャンペーン』→映画とコラボで美味しいはちみつが味わえる
○『踊る大捜査線 ザ・湾岸ラーメン』→「踊る」とコラボのキムチラーメン
○『踊る大捜査線 THE GAME 潜水艦に潜入せよ!!』→事件はゲームの中で!DS用ソフト
○『「SATC」コラボ酒』→お酒を飲むシーンが多いことから続々!即完売
○『モロッコファッション』→映画「SATC2」でも注目のファッション
○『島根牛弁当』→映画「RAILWAYS」のコラボ弁当激売れ!
○『映画コラボパンケーキ』→「矢島美容室」に登場するパンケーキ
○『東京カンパネラ詰合せ』→「のだめ」とコラボで生まれた空スイーツ
○『エヴァンゲリオン』→エヴァンゲリオンがアニメファン以外にも人気拡大
○『アメコミ人気』→映画化でアメリカのヒーローコミック新しい読者層増加中
○『ブリジット・バルドー』→仏女優ブリジット・バルドーをイメージしたバッグ
○『カレ』→エルメスのシルクスカーフが注目度急上昇中
○『オカビー』→ハリウッドスターが愛用するセレブ系サンダル
○『「嵐が丘」の売り上げ急増』→「トワイライト」シリーズの影響で若者に人気
●『英国で3D映画ブーム』→3D映画の鑑賞人口が記録的な数に
●『ハリーポッターテーマパーク』→目玉は1時間もの長編アトラクション
●『ホグワーツ魔法魔術学校』→フロリダのオーランドにテーマパーク
●『4Dムービーバス』→3D映像に加え、振動も感じるバス
●『野外映画』→夏の夜に涼みながら楽しむ映画が豪国で人気

 などなど。 

 ※各トピックの詳細はWeeklyリサーチ版(有料サービス)でご紹介済みデス。

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
 └───────────────────────────────────┘

★ドラマ関連トレンド☆フラッシュはこちらでチェック!
└→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2010/09/from2010--c203.html
     http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
          

 ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌───────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
  └→『プラネタリウム』『ホームスター アクア』『虹の鳥』等
  ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
  └→『“ゲゲゲ”ブーム』『映像コンテンツ権利処理機構』『帽子型テレビ』等
  ○【トレンド語学力】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html
  └→『Pキャンパー』『たべカワ』『炊飯男子』『さとり世代』『離婚式』等
 └───────────────────────────────────┘

 ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃  ◇『ベスト・オブ・タイムズ』(タイ編)
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『My Name is Khan』<インド編>
  ・『スラムドッグ$ミリオネア』<英国編>
  ・『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート』
  ・『SUMO-lah』<マレーシア編>
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★BN閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html#kaigai
 └───────────────────────────────────┘
 

 ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆
 
     ┌──────────────────────────┐
     │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │ 
     |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |
     |         ほぼ毎日更新中!         |
     └──────────────────────────┘ 
  ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html
  ・最新シネレビューはこちらをチェック!
  └→ http://
  ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html
  ◆最新更新情報はこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/

   ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。
    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。
  

 ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆
         
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃■□INandOUT!では下記の2つの有料サービスをご提供しております!□■┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html
       

 ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆
 
          こちらは無料!よろしかったらぜひ!!     
         http://homepage2.nifty.com/01.html
 
   ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!
   └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
   ◆『ドラマ番付』夏ドラ総括+秋ドラ期待度待機!
   └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
   ◆『トレンド語学力』「2010年上半期トレンド語学力テスト」配信!
   └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html


 ◆◆◆◆◆◆…………トレキャ!がコラボする外部サイト…………◆◆◆◆◆◆
           
                  ◇ 

  ○─────────────────────────────────○
  ◇ソニーTV番組総合情報サイト『テレビ王国』http://tv.so-net.ne.jp/
  ◇ライブドアニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__4/category
  ◇恋愛ポータル『恋タメ!』 http://www.rentame.jp/
  ◇就職ポータル『COBS』 http://cobs.jp/ 
  ○─────────────────────────────────○