トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

  ◇『南&東南アジアのウェディング・ビジネス・トレンド』

                               TEXT by REIKO

  ■マリッジ・ツーリズムを推進−インド   今年に入り、世界的にメディアを賑わせるセレブの結婚式が続いたインドでは   外国人カップルを呼び込もうと、ヒンズー式の「エキゾチックな」結婚式を積   極的にPR中。とりわけ熱心なのが、周囲のタール砂漠とは対照的に、古代寺   院や中世の砦、美しい湖と背景にはことかかないラジャスタン州だ。中でも、   イベント開催地として名声を確立しつつあったジョドプールという中規模都市   は、英国のモデル兼女優エリザベス・ハーレイ(ヒュー・グラントの元彼女)   とインド人実業家アルン・ナヤール(日本のメディアでは英語読みで「ネイヤ   ー」と表記されている模様)が、548年の歴史を持つ宮殿で盛大な結婚式を挙げ   たことで、大きな注目を集めた。同地はまた、先頃結婚したボリウッドの超大   物カップル、アイシャワリャ・ライとアビシェク・バッチャンが映画のロケ中   に愛を育んだ場所でもある。                       ■招待客は減らし、個性的に−マレーシア   「喜びは分かち合うもの」ということで、各人種/宗教の年中行事や祝い事の   際は、「来る者拒まずのオープンハウス」(※下記過去記事を参照)が一般的な   マレーシア。マレー人の間では、婚約、結婚、子供の誕生、昇進などのお祝い   で「クンドゥリ」と呼ばれる祝宴を開き、大勢の知人をもてなす。中国系やイ   ンド系も結婚式は華やかで、都市に住む中流以上の中国系カップルなら招待客   500名の披露宴その他に8〜10万リンギ(1リンギは約35.66円)をかけるのが   慣例だった。ところが近年は、招待客は100〜150人に抑えて、画一的なウェデ   ィング・パッケージではない、よりパーソナルで個性的な結婚式を希望するカ   ップルが増加中。こうした傾向に沿って人気急上昇中なのが「デスティネーシ   ョン・ウェディング」と呼ばれる、エキゾチックな観光地で挙げる結婚式。人   気スポットは、伝説の島ランカウイ、ボルネオ島のサバ、サラワクの両州、マ   レー半島東海岸に浮かぶ島々、国外ではカンボジアとか。   ※→ http://homepage2.nifty.com/kuru/2003/1212.html(前編)      http://homepage2.nifty.com/kuru/2004/0122.html(後編)                       ■道教の伝統「冥婚−死者の結婚式」−マレーシア   本稿最後に、一風変わった死者の結婚式をご紹介しよう。これはマレーシアで   も道教を信奉する中国系住民の間に残る伝統で、独身で他界した身内のために   挙げる「冥婚(ミンフンと発音)」。通常は、死者が家族の夢枕に立ち、結婚   したい意思を伝え、相手の身元を特定するヒントを与えるが、霊媒師が仲立ち   をすることもあるという。1996年から約40件の冥婚を取り持った、ある霊媒師   によれば、冥婚は吉日に行うのはタブーで、日本のお盆に似た盂蘭節や万聖節   に挙げるのが普通。通常の結婚式同様、髪梳きの儀式や披露宴を含むが、新郎   新婦の代理を務めるのは雄鶏と雌鶏(雌鳥は処女性を象徴するため卵を産んだ   ことのないもの)。ただし特定の儀式の際には、霊媒師が「身体を貸す」こと   もある。冥土で使う家や家具(紙製)その他を揃えるため、準備には約4ヵ月   を要し、結婚証明書や婚礼衣装、披露宴など、予算はしめて8000〜1万リンギ。                    ▽     ☆当コラムについて、ライターの追記をブログにUP。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/06/post_24bc.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 <編集長からもヒトコト>         日本での挙式トレンドはといえば、「神社での神前式」ほか「能楽堂での    人前挙式」「町屋一軒貸切挙式」など、純和風でも西洋風でもない、いわ    ば洋式的日常に和的ハレ要素をプラスした演出が特徴の“新和婚”あたり    が最近のブームでしょうか。そして披露宴の演出で新たに注目されている    のが「ブライダル・ダンス」? これは披露宴で新郎新婦がダンスを披露    するというもので、ダンスの時に身に着ける衣装もお楽しみのひとつとか。    そういえば、最近見た「ブライダル・ダンス」で話題騒然だったのは、陣    内&紀香の披露宴ではじけまくった「サンバ」でしょうか?あ、あれは新    郎新婦じゃなくて、ゲストのヒロミ・ゴーの乱舞でした(笑)。おかげで    「お嫁サンバ」人気再燃のようです。♪恋する○○はキレイさ〜♪の○○    に100通りの名前を選べる着メロも大人気だそうです。でも私の名前がこの    手のサービスに入っていることはほぼありません。少数派は、こういう時    なんか損です。(ゴ)