トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

 連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇海外TV事情(22)『米国ドラマで脚光を浴びるオタク達』
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              TEXT by Reiko


 米国の放送メディアでは今、通常は「オタク」という日本語に訳されるnerdや  geekといったキャラが脚光を浴びている。しかも彼らは、かっこいい主役を引き  立てるためだけのダサくて、不器用な脇役という従来のスタンスではなく、堂々  主役として活躍しているのだ。芸能人を中心に、その年活躍した「セクシーな男  達」を選ぶピープル誌は今年、髭の似合う野性的ないい男達を列挙する一方、  「Year of the Nerd」と題し『Heroes』※の中村ヒロことマシ・オカらオタク役  を演じた5人の俳優をピックアップ。その中で、『Chuck』で政府の機密情報を間  違って脳にダウンロードしてしまったコンピュータ・オタク兼パートタイム・ス  パイ役を演じるザカリー・レヴィと『アグリー・ベティ』に雑学オタクとして登  場するクリストファー・ゴーラムは実際には長身、イケメンで、一般的な二枚目  キャラを演じても全く不自然ではない。でも、この5人、掲載ページに「オタク」  的コメントを寄せているところなんて、nerdやgeekといった役柄を演じる下地は  十分かも...。  実は、アニメや鉄道のマニアといったイメージの日本語の「オタク」と、nerdや  geekの間、そしてnerdとgeekの間にも、意味の違いはあるのだが、共通点は  「社交性やファッションセンスに欠けること」。ただ、nerdやgeekの興味の対象  は科学やコンピュータであることが多く、オタクに比較し、総じてIQは高めで、  アカデミックな印象を与える。そういった要素を考慮して、私がnerdキャラを選  ぶなら、『ボーンズ』で法人類学者の助手を務めるザック・アディー(エリック・  ミレガン)が第1位だ。天才的な頭脳と結構かわいいルックスの持ち主なのだが、  女性経験のないのは明らかで、いい味出してるな〜と思う。  nerd系キャラは、他にも『CSI:科学捜査班』のギル・グリッソム(ウィリアム・  ピーターセン)や『天才数学者の事件ファイル』のチャーリー・エップス(デイ  ビッド・クロムホルツ)やラリー・フラインハート(ピーター・マクニコル)が  いる。    オタク系女主人公も活躍中だ。以前、このコラムで紹介した『ギルモア・ガール  ズ』※のローリー(アレクシス・ブレーデル)は、一流大学を目指す本の虫。  『ボーンズ』の主役、テンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)は、骨  の専門家で法人類学者。本人にとっては、いたって自然で論理的な言動が常人に  は理解できないことが多い。しかし、オタク系とは言え、女性になると容姿もファ  ッションセンスもレベルアップするのはなぜか?  一方、オタク・ブームは拡大中。2007年秋にスタートしたコメディ『The Big Bang  Theory』はnerdの思考/行動様式を一般人が理解するのに役立つと評判だし、そ  の名も『The Beauties and Geeks』というリアリティ番組や、こうした不釣合い  カップルをモチーフにしたCMも制作されている。また、ジャスティン・ティンバー  レイクやカニエ・ウエストは、典型的オタク系ファッションをPVにフィーチャー。  世間一般でも、オタク系男女の人気が高まっている、かどうかは定かではない(笑)。                   ◆   ※『Heroes』↓   http://homepage2.nifty.com/dorama/2007/k0709.html   ※『ギルモア・ガール』↓   前)http://homepage2.nifty.com/dorama/2004/0714.html   後)http://homepage2.nifty.com/dorama/2004/0718.html  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した最近のコラム】    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   ・『「福山雅治」編』              <イケメン図鑑(10)>   ・『「加藤和樹&渋江譲二」編』         <イケメン図鑑(9)>   ・『「松山ケンイチ」編』            <イケメン図鑑(8)>   ・『ラケット物(テニス&バドミントン)観戦記』 <海外テレビ事情(21)>   ・『「HEROES」「Eureka」「Kyle XY」』      <海外テレビ事情(20)>   ・『One Night Only」』             <海外テレビ事情(19)>     ほか、     過去の全バックナンバーも上記サイトでお読みいただけます。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━